ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

”神様マター”

「引き寄せの法則」を集合意識エイブラハムとともに
世に送り出したヒックス夫妻が、それより以前に出版していた
「運命が好転する 実践スピリチュアルトレーニング」
という本があります。

これは題名の通りに、実践的に普段から何をどうすれば
自分にとってふさわしいものを引き寄せられ、願望を実現できるか、
ということがステップ毎に書いてあるものです。

この本の中に
「宇宙に任せること」それから「今日中にやること」
の二つのリストを作るといいと書いてあります。

多くの人が「今日はこれとこれをやろう」ということで
頭の中やメモなどにちょっとしたリストを作っていると思います。
ですが(私もそうだったのですが)、中身が増え続けるだけで
それが逆にストレスになったりすることがあります。

やりたいこと、やることが増えること自体はそう悪いことではないのですが、
ガンバリ屋さんほど、このリストに悩まされる結果になりやすいのです。

そこで、ヒックス夫妻の奥様であるエスターが困っていると
集合意識エイブラハムがこうアドバイスしてくれます。
「宇宙にまかせること」と「今日やること」
というふうに、ただ「今日やること」ではなくて、この二つの項目に分けて
リストにするようにしたらどうか、と。
そのことによって、やりたいことが増えるたび、望みが増える度に
自分で自分を追い込んでしまい、結果として望みから遠くなってしまうことを
防げるよ、という助言だったのです。

そこでエスターは、毎日作っている「今日やること」リストの真ん中に
線を引いて、右側を「宇宙に任せること」リストにしてみたのです。

本当に今日やるべきことだけを厳選して「今日やること」リストにして
一年先にやろうと思っていたことや、自分だけの力では今現在動かせないものなどは
思い切って「宇宙に任せること」リストに入れて行きました。

そうするとどんどん気持ちが楽になり、今日やるべきことがそれほどたくさん
あるわけではなかったことに気が付きます。
そしてゆったりとした気持ちで一日を過ごすことができるようになり
実はそうすることでいろいろな物事が好転してきたという話です。

これを読んだ私は
「これはいい!!!」と素直に感心して、早速実行するようにしました。
ただ私の場合は、紙には書かずに、一日のあちこちの場面で
頭の中で判断するようにしました。

その時になぜか「宇宙に任せること」という言葉の代わりに
「神様マター」という言葉が浮かんできました。

私が以前、〇〇証券の営業員として働いていた時のことです。
ちょっとした巡り合わせで、私だけPCがないデスクを使うことになりました。
それ自体最初は問題なかったのですが、いよいよPCなくては仕事ができない!
という時期に差し掛かっても、全く私のデスクにPCが設置される気配がありません。

そこで私は痺れを切らして、直属の上司にそのことを話しました。
すると直属の上司である△△次長は、私にこう言いました。
「あ、そう。でもPCとかは総務なんだよね~。
だからこれは総務の××次長マターだと思うんだけど~」
と今まで何もせずに放置していたことをこのように言い逃れ
(あ、すみません。以降不適切な表現には一応横線を引いておきます)
説明しました。

「マター」とは、英語でmatter と表記され「問題、事」などの意味で
次長は「それは総務の××次長の問題」と言いたかったわけなんです。

その対応にむかついたモチベーションが上がった私は
そのまますぐに総務の次長のところに直談判しに行き
その後はスムーズに事が運びました。

つまり、しかるべきところにちゃんとお願いするということが大切だな~
ということなのです。
「宇宙に任せること」のリストを作ることは、そういうことだと思うのです。

そうでないと、望みが増えれば増えるほど、やることが増えれば増えるほど
私たちは自分でそれをすべて抱え込んで、そのせいで
どんどんストレスが大きくなってしまうのです。

自分でするべきこと以上のものを抱え込むと、その結果を引き出そうとして
躍起になって他人や状況そのものをコントロールしようと焦ります。
本当に自分でやることをやるだけにしたら、あとは任せること。
これが流れを良くすることにつながります。
手放す、という言い方もできますね。

私はこの本を読んですぐに、このリストを作ることを始めたわけですが、
その時に、例の△△次長のこの言葉を思い出し、
何かをすべて自分でやろうとしてしまいそうになると
「あ、これは”神様マター”だ。宇宙に任せよう!」
と気持ちを切り替えるようにしています。

このまま訳すと「神様の問題」みたいで、なんか責任逃れっぽいですが(笑)
私としては、ふさわしいところにお願いして手渡す、という意味なのです。
そして私にはこの「神様マター」という言葉がしっくりきます。
(まあ、正直複雑な気持ちもあるんですけど(笑))
皆さんそれぞれに、しっくりとくる言葉を探してもいいですよね。

そして私はよく頭の中で
「これは今日ちゃんとやって・・・、あ、これも今日やろう。
それから、そのあとは・・・。ああ、これか・・・。
ちょっと心配だけど、うん、ちゃんと自分でやれることはやったし、
このことはもう”神様マター”だ!神様よろしくお願いします!」
とこんな感じでやっています。
宇宙はどんな有能な上司にも負けないほどの
きちんとした仕事をしてくれる存在なのですから!!!

そうすると、とても気持ちが楽になって、
実は取り越し苦労をしていたり、自分で多くを抱え込んでいたりして
何もかもを自分でやろうとしていることに気が付きます。

でも「神様マター」をきちんと選り分けられると、本当に自分がいま
やることに集中できて、その方がいろいろとうまくことが運ぶのに
気がついたのです。

なんでも自分で抱え込まずに、いい流れを信じて身を任せることは
とても大切です。

ちなみに、この△△次長は、度々明らかに自分の担当の仕事を
私におしつけて振り分けてきたことがあり
その時私は
「あ、その件は△△次長マターだと思います」と
冷酷に毅然として返答をいたしました。
次長は「あ、そうだよね~」と、すぐに納得してました(笑)。

このリストはやること自体が、とても楽しい作業です。
リストを作る作業そのものが、私達に良い流れを運んでくれます。
楽しんでやってみましょう♪
[PR]
by lovingangelsnadia | 2009-08-06 00:59 | エンジェルセラピー