ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

”瞑想”という旅

静かな時間、場所を選び、一人座ります。
座り方は、あぐらなら背筋を伸ばして両手を上に広げて
親指と人差し指を丸くして繋げます。
椅子ならば、背もたれにしっかり背中を付けて
足の裏も床にきちんとつけます。
掌はやはり上にむけておきます。

まず、目を閉じて白い小さな光の玉が、尾てい骨のところから
背骨の内側を通って、サードアイのところまで、吸う息と一緒に
上ってくるイメージをします。
そして息を吐くときは、今度はその白い光の玉が背骨の外側を通って
尾てい骨のところまで下りていくイメージをします。

ゆっくりと呼吸を続け、それに合わせてこのイメージを繰り返します。

頭の中にいろいろな考えが浮かんできても、無理にそれを
追いやるようなことはしません。
ただ、ぼんやりと眺めるように、その考えを浮かぶままにします。
そして、常に意識を、呼吸とこの光の玉を移動させる
イメージに戻すようにします。

これを約10分間行います。

最初は、さまざまな考えが浮かんでは消え、なかなか呼吸のみに
集中することが難しいかもしれませんが、
あまり気にしないで、とにかく少しでも長い時間を
呼吸を意識することに戻して過ごすようにしてみてください。
それだけで十分効果はあります。

そして次の10分間は、また違うイメージをしてみます。

まず、最初に息を吸う時に、この地球とつながっていることを
意識してみます。
あなたの好きな風景を思い描いてください。

私は森も、そして海も好きです。

だから、息を吸うときは、イメージだったり、あるいは以前に実際
訪れて気に入った場所や、テレビや映画で見た場所を思い出します。

息を吸う度、私はモンゴルの草原の息吹を体に取り入れます。
雄大な大地を渡る、草の匂いのする空気を思いっきり吸います。
あるいは、屋久島の深い森を思い出します。
その雨の匂い、そしてみずみずしい苔の感触を肌に感じます。
あるいは、天草の海の香りを思い出します。
ダナ・ポイントのビーチを素足で歩いた感触を思い出します。
そして、行ってみたい素敵な場所にも行ってみます。
そこはどこであれ、私の故郷です。
もしかして、これから行くことになるかもしれません。
または、今の人生ではない別の人生で訪れたことがある
場所を思い出すかもしれません。

この美しい、そして雄大な地球と、私は呼吸を通じてつながります。
そして私は、この地上のすべてのものとのつながりを確認するのです。
私は地球のすべてとつながっているのです。

次にまた息を吸うときには、宇宙とつながります。

空にまたたく無数の星。
目で見ることはできないくらいの遠いところまで行ってみます。
美しく響く低い低い音が束ねている宇宙。
たくさんの惑星。
あるいは、光り輝く神聖な存在たち。
天使だったり、ガイドだったり、精霊だったり・・・。
彼らは自由に、この空間を飛び回っています。
高く飛ぶ鳥のように、私も彼らと一緒に踊ります。
彼らとともに神聖な力を感じます。
彼らは私の一部なのです。

天と地が、私を中心にしてつながるように
息を吸うたびに、交互にイメージします。

これによって、私はバランスを取り戻します。

このイメージをしながらの呼吸を10分程度してみます。
最後はゆっくりと目を開けて一点を見て、意識を現在に戻します。
これで合計約20分間の瞑想です。

最初は長い時間は難しいかもしれませんが、ぜひ焦らず
少しずつ続けてみてください。

瞑想は、心と体にエネルギーを与えてくれて、
天と地、それぞれとのつながりを取り戻してくれます。

私は瞑想をする度に、素晴らしい旅をしている気持ちになります。
瞑想とは、私たちを好きな場所、元気になれる場所へと
連れて行ってくれるのです。

こうやってどんな時でも、私たち本来のバランスを取り戻して
人生の目的の場所へと行ければいいですね。
そして、その旅そのものを楽しむのは、
実はこのようにとってもシンプルにできることなのです。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2009-10-15 23:46 | 天使のメッセージ