ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

どっちにします???

体を動かすのが大好きな人は
じっと座って考えたり、読書するのが苦手な方が
多いかもしれません。

それと同じように(私はこのタイプです)
じっとしているのが好きな人は、激しく動き回るのが
苦手だと思います。

私は普段、かなり偏った(?)と思われる生活を
していますが、(引きこもり気味ですし、
最長一週間人と会わなかった記録保持しています(笑))

また様々な知識を取り入れるために、年中
なんらかの本を読んでいたり、思考しています。
そうなると家事や仕事以外では
体をほとんど動かさない時間が多くなります。

だけど、どうしてもそれだけでは詰まってくるのです。
好きなことをやっているとはいえ、さすがに
なんというか、壁に当たるというか、酸素が不足するような…。
体内のエネルギーが滞っているのがわかるのです。

体もなまってきますし、そうすると心もちょっとお疲れ気味
な感じになってきて、停滞ムードが漂います。
頭も働きません。

そうなると、運動の出番です。
そんな時はもう掃除を一生懸命やる、とか、ひたすら歩く、とか
そのくらいでは足りません。
もっと強く体自体を動かすことが必要になります。
毎日はやらないような、ちょっと自分らしくないような
きつめの運動を選ぶのです。

その時、私は泳ぐことにしています。
走るのはすごく苦手ですし、汗がたくさん出るのがダメなんです。
それに水につかっているだけでもとても気持ちが良いので
モチベーションは十分です。

プールまで約30分の距離ですが、そこをひたすら歩きます。
もうこの時から運動は始まっています。
何も考えないで、ひたすら前だけ見て歩きます。
ずんずんずんずん。

集中すると、狸が出てきても驚かない自分に驚きます(笑)
(↑つい最近あった実話です)
「おう、狸か。丸いな」
みたいに、かなり男前にクールに反応して前に進みます。

そしてプールについても、男前です(笑)
ストレッチも淡々とこなし、ガンガン泳ぎます。
頭の中に泳ぐために手足を動かしたり、呼吸を整えたりすること
以外のことが浮かんでくるようではいけません。
私はもはや泳ぐマシーンです!

しかしさすがに元水泳部でもありませんし
体力があるとは言え、しょせん素人ですから
頑張っても私の場合1.5kmくらいが限界です。
でも全然OKなんです。

時間もたいしてかかっていませんが、
それも全然OKです。
とにかく何も考えずに、体を動かしたことが重要なんです。

そしてまたまた男前にスっピンで家に歩いて帰ります。
なるべく知り合いに会わないようにしながら…(笑)
(↑男前じゃないじゃん(苦笑))

それで終了です。
それを多い時でも週に一度くらいやるようにしていますが
忙しかったりしてなかなかできない時は
前もって、いつもの生活の中によりたくさん運動的な要素を
取り入れるように心がけています。

人間は思考がもっとも大切なものであるという認識は
変わっていないのですが、肉体を持っているということは
またそれとは別のアプローチも私たち自身が常に必要としている
ということだと思います。

普段それとは全く違うことをしていることが多いので
何も考えず、体を機械のように動かすのがなんと楽しいことか!
ということに最近改めて気がつきました。
普段の自分と違うことをするからこそ、意味があるのです。

ですから、普段常に動いている方は
何か強制的に体の動きを止めてみてはいかがでしょうか?
それも短時間でOKだと思います。

今までと違ったことをするということは、体の中の
エネルギーの動きを変えることになります。
ちょっとした体内の「大掃除」をしていると考えてもいいかもしれません。
いつもは掃除機をかけるだけで終わっているけれど
時々丁寧に隅までぞうきんがけする、みたいな感じです。

そうすると部屋の空気の流れが変わるみたいに
すっと体も心も楽になったりするものです。
意外にシンプルな方法が役に立つんですね、
それも普段やらないことをする、というだけで。
同じ掃除の仕方をしていたら、同じところしかきれいに
ならないですものね!

頭がモヤモヤしたら、思い切って体を動かしてみる。
もしくは、体の調子が悪かったら、動きを止めて
思考を整えるような読書や瞑想をしてみる。

肉体と精神は両輪ですから、どちらか一方でも
健やかに機能し始めるなら、もう一方もなにか良いきっかけを
見つけて共にスムーズに動き始めるはずです。

ですから、どちらからのアプローチでもいいので
自分に尋ねてやってみれば、その時々で一番自分が
必要としていることがわかると思います。

愛しいダーリンが帰宅した時
「あなたどっちになさいます?
お食事ですか?お風呂ですか?」
と聞くみたいに、優しくしてくださいね(笑)

「体から?」
「思考から?」

さて、どっちにしますか?
[PR]
by lovingangelsnadia | 2009-12-06 21:15 | エンジェルセラピー