ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

12月の思い出

こんにちは!千鶴です♪

なんと前回の記事より1カ月も経過してしまいました…。
なかなかアップできないでいるのにも関わらず
ちょくちょく訪問してくださる皆さま、本当にありがとうございます。

ちょこっと慌ただしく過ごしておりましたが
ようやく落ち着いてきました。
また楽しんで綴っていきたいと思いますので
ぜひ遊びにいらしてくださいね!

さてさて、12月に入って数日経ちました。

私の12月の思い出と言えば…。
三人いる子供のうち、長男と長女が共に12月生まれですので
子供たちの誕生にまつわる思い出がたくさんあります。

先日もふと、長男を出産した時のことを思い出しておりました。
その時に浮かんできたのは、ある「匂い」でした。
それは出産した病院で、授乳の仕方を教えてもらうために
赤ちゃんと対面する前、手を洗うために用意されていた
石鹸の匂いでした。

まるで今、そこにあるかのように
はっきりとその匂いが私の中に蘇って来ました。
清潔で、どことなくかわいらしい感じのほっとする匂いです。

人の記憶が何かの知覚と結びついていることで
それが快であれ、不快であれ
何かその知覚をきっかけにして、あっという間に
その時間に戻ることができるのは
とても興味深いことです。

やはり時間は直線的ではなく
点になっているんだろうなと感じます。
肉体を持っている私達が知覚を変化させることは
とても重要で、さらにそれは何か大きな測りのような
ものになります。

当時まだ20代の前半だった私は
自分の産んだ赤ちゃんなのに実感が乏しく
どう接して良いか戸惑いながら
ただ看護師さんや助産婦さん達の教えてくれた通りに
抱っこしたり、おっぱいをあげたりしていて
なんだか自分は「お客様」のような気分でした。

その石鹸の匂いと同時に
「お客様気分」までまざまざと蘇り(笑)
気がつくと授乳する前、看護師さんが新生児室から子供を
連れて来てくれるのを待っていて
手持無沙汰している当時の私に戻っていました。

そんな私でもなんとか子育てをして来て
そして、その長男は今年で
私が彼を産んだ年齢になりました。

早いなあ~なんて一言で言ってしまうことはできないのですが
やっぱり「早いなあ」と感じます。

何も知らない私が、三人もの子供を育てて来られたのも
母や周りのいろいろな方たちのお陰ですし
私の知らないところで、子供たちもいろいろな方の
お世話になっているはずです。

今は大きくなった子供たちに私の方が
いろいろな事を相談したり、協力してもらったりもできますし
それぞれの世界があり
ちょっと離れたところで垣間見ることはしますが
手出し口出しせずに見守っていることが多くなりました。

そんな風に、関わり自体も変化してきていますが
一番大切な事は、やはりお互いに「存在してくれていること」に
感謝することなのだろうなと思っています。

私が両親を親として選んで生まれてきたように
子供たちが私を母親として選んでくれたのは、
どういう理由があるのか、全てを知ることはできませんが
長い年月を親子として過ごすことによって
その目的が一つでも果たせればいいなと思います。

家族の関わりは年月とともに変化して行きます。
子供たちもいつかそれぞれの家族を持つでしょうし
私もまたできたら家族が欲しいなあと思っています。

赤ちゃんを授かることは難しいかもしれませんが
まだあきらめていませんよ!(笑)

またその時々で、大切な人とは
お互いの存在自体に感謝して、より深く愛せるよう
受け入れることができるようでいたいなと思います。

家族や大切な人が集まることの多い年末年始ですね。
皆さまお一人お一人が素晴らしい愛に溢れた時間を
お過ごしになりますようお祈りしております。

心からの愛と感謝をこめて
千鶴
[PR]
by lovingangelsnadia | 2011-12-05 14:24 | 天使のメッセージ