ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

クリスマスの奇跡3

その夜私はこんな夢を見ました。


私は何か本を読んでいます。

それはとても大きく、全てのページが透明な紙で出来ていて

何度ページをめくっても、ある同じ一文が書いてあるところに

自然に戻ってしまいます。


風でページが自然にめくれていくように

ふわっと戻っていくのです。


その一文は

おそらく外国語で描かれているのですが

私には全く読むことができません。


ただ文字の色が緑だということはわかります。


でも、読むことができなくても

夢の中の私には、その一文の意味はわかっていました。


そのページは歴史について書かれているもので、

戦争を指揮したあるとても立派に指導者について

記述してある部分なのでした。


戦局は変わり続け混迷を極めたのですが

彼は常に勝利を収めていました。


常に勝利したその理由は

彼自身が愛そのものだったから、

何よりも愛を優先させたから、

愛を大切に、愛から行動した人だったから…。


私はその内容(意味するところ)に深く納得しました。


こんな象徴的な夢を見た私でしたが

明け方、漠然とした不安を頂きつつ

目が覚めてしまいました。


「愛は必ず勝利する」

愛が全ての恐れを駆逐するー


そう認識したのに、なぜまた私は恐れを抱くのでしょう。


それは、愛の素晴らしさを受け入れ

愛に目覚めつつある今の私を

エゴがまた元の恐れへと引き戻そうとするからです。


そのことを、ぼんやりとした意識の中でも

もう一度丁寧に確認すると

冬の明け方の暗闇の中でも

私はまた平安を取り戻すことができました。

そして再び、静かな眠りへと落ちてゆきました。


平和な眠りを終えて朝、目覚めると

内なる声が

「『天国から離れて』の

52ページの上の方を読みなさい」

と言うのがわかりました。


私は昨夜の自分の体験と

ヘレンさんの地下鉄での出来事の関連が

知りたいと思っていました。


でも実は本音では

「あれは私にとってヘレンさんの体験したことと

同じ種類のものなのか、

本当は何を意味しているのか知りたい」

という思いの方が強かったのです。


早速『天国から離れて』の52ページの上段を読むと

そこにはあの地下鉄の出来事とは直接は

全く関係ないと思われる、ヘレンさんの昔の友人からの

言葉が載っていました。


しかもそのページで、その章は終わってしまいました。


私はちょっと落胆したのですが

なんとなくそのまま読み進めた方が良い気がして

次の章へとページを繰りました。


すると6ページほど後に

あの地下鉄の出来事のエピソードが載っていました。

そして、内なる声に指定された52ページから読み進めないと

今の私には意味が繋がらないようになっていました。


私は心から内なる声に感謝しました。

そしてその声は、私を正しく導いてくれているのだと

認めざるを得ませんでした。


その後私は

自分自身の人生で、他の人と関わる上での

やるべきこと、役割のようなものを

ビジョンとして見せてもらうことができました。


慌ててノートをしたのですが

内なる声は

「必要であれば何度でも見せよう」と

約束してくれたので、気を取り直して

それからは落ち着いて記録を取りました。


ビジョンを見終えた私には

たくさんの課題が見えて来ました。

そこでとても素直に

再度内なる声に尋ねてみました。


「私は一体どうすればよいのでしょう」


すると声はしっかりと

こう答えてくれました。





ただ赦しなさい。

何も考えず、何の条件ももたせず、

ただそのまま、まるごと赦してしまえばよい。




何も考えず、

何の条件も与えることなく

ただ、ただ、赦しなさい。




それだけで良いのだ。




それを救済と呼び、

あなたたちはこれで暗闇から抜け出すことができ、

自らの役割に着手することが可能になるのだ。




それをあなた方は”愛”と呼び

それによって喜びを知るだろう。



つづく
[PR]
by lovingangelsnadia | 2011-12-27 14:38 | 天使のメッセージ