ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

大天使達を呼びましょう

21日ワークショップの感想のメールをたくさん頂き
本当にありがとうございます!
全て目を通させていただいてます。
その他のお問い合わせも順次返信させて頂きますので
あと少しだけお待ちくださいね!

今回は大天使を呼ぶことについて、最近体験したことをお伝えします。
ワークショップの次の日に、実はとある地方へ
仕事ででかけておりました。
セッションルームは宿泊先のホテルの一室だったの
ですが、クライアントのご都合などで
部屋のエネルギーを調整する十分な時間がありませんでした。
しかし、そんな時でも大天使マイケルを呼び
部屋の四隅に立って守ってもらうことによって
完全に安全な状態でセッションすることができました。

セッション終了後に、夜部屋で休んでいますと
隅の方でちらちらと何やら怪しい影が動いています。
何かが入り込んでしまったか、この部屋に
前からいたもののようです。
このままではゆっくり睡眠を取って、疲れた体を
休めることができないかもしれません。
大天使マイケルを再び呼び、低いエネルギーを
取り去って、守ってもらうようにお願いしました。
またホテル全体を白い光で包んでみました。

そして、お風呂に入れようと思っていた
大量の死海の塩を少しだけ、何者かが動いていた場所に
置いてみました。
旅先でもあるので応急処置でしたが、おかげさまで
その夜はぐっすり休むことができました。

帰りの飛行機は前線の影響らしく
乱気流の中を飛ぶことになり飲み物のサービスも
ままならないくらいの揺れが続いていました。
大人はなんとか我慢ができるのですが
お年寄りと赤ちゃんには過酷な時間です。

私の斜め後ろの席にも、若いご夫婦と赤ちゃんが
座っていて、時々激しく泣き出していました。
赤ちゃんが泣くと、パパとママの方が焦ってしまい
本当にお気の毒でした。

このご夫婦と赤ちゃんのところへ大天使ラファエルに
行ってもらうことにしました。
そうすると、まずママの方の焦りが強いということが
伝わってきて、それが赤ちゃんをより一層不快な
状態にしてしまっているようでした。

美しいエメラルドグリーンの光が、3人を照らして
ラファエルの羽と両手が優しく包んでいました。
程なくして、揺れる機内で赤ちゃんは眠りについた
ようでした。パパもママも安心したように目を閉じていました。

もちろん、揺れる機体全体を白い光で包んで
大天使マイケルに抱いていてもらったのは
言うまでもありません。
だからどんなに揺れても、安全であることは
確信することができます。

自分のために大天使を呼ぶことはよくしますが、
時にはこうして他の人のために来てもらうことも
すばらしい小さな奇跡を呼ぶことができます。
呼べば必ず来てくれるのが大天使です。
それぞれの大天使の役割に応じて
あらゆる場面で助けをお願いしてみてくださいね。
日常のさまざまな場面が、それによって
すばらしい変化を見せるようになるでしょう。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2007-04-24 13:48 | エンジェルセラピー