ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「花びらは散る、花は散らない」

以前の記事で懐かしい母校へ行ったことを書きましたが
実はそこは第一志望ではなく、別の大学への進学を希望していました。

その憧れの希望校へ、用事があり20数年ぶりに行くことになりました。
高校の時に音楽の先生から「高い声がとてもきれいに出ているから
音大の声楽科へ進んだらどうか。」と進められ、
非常に心惹かれたのですが
「私はどうしてもw大へ行きたいので、他は考えられません!」
ときっぱり断ったほど、どうしても行きたい大学でした。

どうして、そんなにその学校に行きたかったかと言うと
当時の私は今よりももっと暗い性格で、とてもアンダーグラウンドな
生活に憧れていたからでした。(笑)
そこへ入学すれば、授業に出ないでバイトに明け暮れ、下手をすれば
留年か中退。就職もしないで、好きなことをやって暮らす・・・
今思うと、どうしてそんな想像をしていたのか、
なぜそんな生活に憧れていたのかわかりませんが
勝手にそんなふうにイメージをふくらませていました。

身を削って受験勉強をしたのですが、結局1つの学部しか受からず
その学部では入学させられないとの親の意向で
私は一応合格したのにも関わらず、入学を断念しました。
「ああ~私の憧れのアンダーグラウンドな生活が!!!」
と当然私は失意にくれました。

でも、結局は親の進める学校へと進学し、卒業後は
銀行へ就職し、結婚であっさり寿退社してしまいました。
憧れのアンダーグラウンドな生活は泡と消えたのです。

結婚と出産を経て、また働き出し、それなりに出世もしましたが
結局は当時の配偶者の転勤などでキャリアを断念したことも
ありましたし、育児と両立できずに諦めたことも少なくはありません。

「花びらは散る、花は散らない」
この言葉は30年ほど前に亡くなった浄土真宗の僧侶、金子大栄が
「色即是空、空即是色」を彼なりに訳したものです。

希望校へ入学できなかったことや、
キャリアを断念しなければならなかったことなど、どんな方でもひとつやふたつは
必ずあると思います。

私にしても、18歳の時に誉められたようなソプラノは
年齢とともに声が低くなってきたので、もう出せませんし
あそこでああしていたら離婚はしなかったかな、と思うことも
ないわけではありません。

もう今となっては、変わってしまって元に戻らないもの、こと
がたくさんありますが、不思議と後悔はしていません。
今の私は歌が歌えなくても、ワークショップでたくさんの方の前で
話をさせていただくことはこの上なく楽しいですし、
個人セッションで一人ひとりにお会いすることも然りです。

離婚自体はしないほうがいいことなのかもしれませんが、お互いに
ふさわしい生活をするため、本当に幸せになるためには
必要なことだったと、今になれば思えます。

そして、「花びらは散る、花は散らない」を私なりに解釈すると
きっとそういうことなんだろうな、と思うのです。

年齢や、いろいろな事情で諦めたり途中でやめなくては
いけないことがたくさんあるかもしれませんが、
きっとそれは、ただ単に花びらが散っているだけで
私達一人ひとりの人間という、たったひとつの素晴らしい花は
決して散ることはないということなのです。

生きてれば、きっといいことあるよ、なんとかなるよ、
今の悩みが全てじゃないよ、って言い換えることもできるかもしれませんね。

そんなふうに思っていれば、いろいろなことが起きても
決して私達の神聖な部分や本質は損なわれることはないということを
信じられます。

時が流れるのを止められないように、花びらも散っていくけれど
決して花自体は散ることはないのです。
変わっていくもの、変わらないもの・・・
「花びらは散る、花は散らない」

ぶつぶつとつぶやきながら(笑)、懐かしい場所へ戻ってみようと思います。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2007-08-03 07:40 | 天使のメッセージ