ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

傷ついた心を癒す

先月は、私にとってミディアム(霊媒)としてのお仕事が
重なった月でした。

これは仕事ではないのですが、私が三歳の時に亡くなった
非常に可愛がってくれた祖母(血の繋がりはありません)
が、頻繁に私のところに訪ねてくるようになりました。
(この祖母の記事は以前ブログにアップしてあります。)

主に夜間なのですが、非常に頻繁にやってくるように
なっていました。
最初は何か言いたげにうつろな感じで、そのうちに
私の方から話しかけると、ぽつりぽつりと心情を打ち明けて
くれるようになってきました。

それは私も家族も知らないような、祖母の若い頃の話でした。
主に、傷ついたこと、不本意だったこと、残念だったこと・・・
などの心残りがある部分についての話でした。

そして幾日か経ったある晩に、祖母は私に向かって
「千鶴、身体を貸してくれないか。」
と聞いてきました。
私は即座に
「絶対にダメ。それに嫌です。それだけは聞けない。」
そう答えました。
祖母は甘えるように何度か頼んで来ましたが
それでも、そのたび私は丁寧に、しかしきっぱりと断り続けました。

祖母の話を聞いていると、どうやら若かった頃に自分では
成し遂げられなかったことを、今私の身体をかりることによって、
もう一度体験したい、やり直したいと思っているようでした。

祖母は明らかに自分の人生を悔やんでおり、そのために
傷ついていて、だから天国へと行かれないのです。
自らの執着で、この世とあの世の間のような場所に
とどまることを選択してしまっているのでした。

あまり私の記憶には残ってはいない祖母ですが、家族から
私は溺愛されていたと聞かされて育ちましたし、
こうして大人になって、とても普通とは言えないかたちなの
でしょうが、毎晩のように祖母と対話するようになって
私の中には祖母に対する深い愛情と同情と共感の思いが
育まれていました。

そして一人の女性として、祖母の後悔、無念さは
本当によくわかります。
私の身体を(例え誰であろうとも)貸すことなどはできませんが
要求してきた彼女の気持ちも痛いほど伝わってきます。

私にできることは、自分の仕事で行っていることを
祖母に対しても、愛情と忍耐を持ってやっていくことでは
ないのかと考えました。

普段、稀に除霊のようなことをするときもそうなのですが
私は大天使と協力して、辛抱強く、その霊魂と対話します。
つまりネゴシエーション(交渉)をするのです。

それには強い信念と、深い愛情と、忍耐が必要です。
すぐに結果が出るとは限らないからです。
傷ついた心を癒すということは、そういうことだからです。

肉体を持っているか否かということは、ほんの現象に
過ぎず、人間の魂、精神、心というものは不滅で不変で
あると考えています。
ですから、私が仕事で行っているヒーリングというものを
亡くなった人に対しても同じようにできるのでは
そう考えました。

祖母とは何度も何度も対話しました。
根気強く、丁寧に、愛情を持って、何度も何度も。

祖母は祖母なりに頑張って生きてきたこと、何も間違っては
いないこと、もう休んでいいのだということ、
たくさんの人に愛されていること、
自分で自分を癒せるのだということ。

最初は聞く耳を持たない感じのときもありましたが
続けるうちに、本当に穏やかな顔になりました。
途中からは、まるで子供のように素直でした。

そして最後の晩のこと。
祖母はとても若々しい姿で、非常に穏やかな顔で
いつものように着物を着て、私の実家のいつもの場所に
座っていました。
何も言いませんでしたが、私には祖母が完全に癒されて
納得して旅立つ準備ができたことがわかりました。

そして最後に私の2匹の猫達に、愛おしそうに頬ずりして
満足げに消えていきました。
私の猫達も全く怖がる様子もなく、むしろ喜んでいました。

これからはいつも座っていた実家のある場所に
彼女が悲しげに座ることもないでしょう。
祖母は亡くなってから約40年かかって、天国へと
安らぎの場所へと旅立ちました。

そしてこのことは、私の家族の気持ちも癒してくれました。
実の息子のように可愛がられていた私の父は
祖母がようやく天国に行ったことで安心しました。
私自身も、忙しい両親に代り、我が孫のように育ててくれた
祖母に対して少しは恩返しができたようで、本当に嬉しかったです。

傷ついた心を癒すということに、あの世とかこの世とか
そういうことは全く関係ないのだと知りました。
そして、どちらかを癒せば、片方も癒されるのです。
つまり、亡くなった祖母が癒されることによって
こちら側にいる私たち家族も癒されました。
関わった全てが、瞬間にして癒されるのです。

それが癒しの持つ力であり、愛の本当の姿なのでしょう。

祖母の癒しは、祖母が自分自身を受け入れる、そして
過去の全てと自分自身を許すことで起こりました。
祖母は不器用で、でもとても愛を求めている普通の
かわいい女性でした。
それはもしかすると私だけが知っていることなのかもしれません。
私はこの祖母が本当に大好きです。

そして天国へと旅立った今も、いつも私の心の中にいて
暖かい思いを注いでくれています。
私も祖母にたくさんの愛を教えてもらいました。
祖母は、癒しの力、愛の本当の姿というものを
私たちに示してくれたのです。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2008-07-22 11:53 | エンジェルセラピー