ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

私の仕事(1)

スピリチュアルなお話を四回に分けてお送りします。

レッスンをしていて、よく皆さんから質問されるのは
「サイキックな能力を伸ばすにはどうしたらいいのですか?」
というものです。
その度にきちんとお答していますが、ここでもう一度
私が普段していることをお伝えすることによって
何かの助けになればと思い記事を書くことにいたしました。

直接的なことは敢えてあまり書きませんが、全体の
流れから読み取って頂ければと願っています。

私には昨年末から始めた”ある仕事”があります。
仕事と言っても、誰かから代金をもらえるわけでもありませんし、
私以外の人が私のその仕事に気がつくことは、
あまりないかもしれません。

でも、その一見関係がなさそうな、この、私が始めた
”ある仕事”というものを通して、話を進めていきたいと思います。

世の中には、実にさまざまなエネルギーが渦巻いています。
私たち生きている人間の気持ち、そして光の存在たち、
自然の発するもの、そして亡くなった人たちの存在もそうです。

私が始めた仕事というのは、普段の生活の中で出会った
亡くなった方たちの話を聞き、リクエストがあった場合、
できる限りその意向に沿って何かを手伝うというものです。

人間には亡くなっても魂があるので、生きていた頃と同じように
笑ったり泣いたり怒ったりしている場合があるのです。
まして、この世に何らかの気持ち
(それがポジティブであれ、ネガティブであれ、とりわけ後者)を
残している場合はなおさらです。

もちろんいわゆる霊障のようなかたちで、それが生きている人間を
通して表現される場合も多くあり、それが病気やけが、
あるいは物事がうまくいかない、などの面で問題を引き起こしてしまう
ことがよくあります。

ただ、そういったいわゆる恐ろしいことを引き起こす霊体ばかりが
いるわけではなく、私達のご先祖や、ゆかりのある存在などは
基本的には私たちを守り、導いてくれようとして
近くにいてくれています。

基本的に、と書いたのには理由があります。
これはレッスンでもよくお話していることなのですが、
天使などの純粋な光の存在と若干違って、生きていた人間が
霊体となって現れる場合、ともするとその霊体自身の「意向」
というものが強く主張される場合があります。

つまり、受け取る私たちの「意向、意志」よりも、その霊体自身の
「意向、意志」を強く伝えてくる場合がままある、ということなのです。
これは天使、そしてその他の光の存在にはあまりありません。
(ここで、あまり、と書いたのにも理由がありますが、それは次回に
書くことにしますね。)

で、話は戻りまして、私の最近始めた仕事のことです。

私がプライベートで、近所や、あるいは旅行先をうろうろとしていると
何体かの霊体が話しかけてくる時があります。
最初はかなり乱暴なやり方(私の体調が悪くなったり、めまいがしたり)
でアプローチしてきていたのですが、ここのところは
あちらも私をある程度は認めてきてくれているようで(笑)
あまり手荒な真似はしてこなくなりました。

何をしてくるかと言うと、非常にこまごまとしたリクエストをしてくるのです。
例えば「〇〇と言ってほしい、〇〇を供えてほしい、話を聞いてほしい。」
などです。ちょっとここには書けないような、かなり込み入った願いを
言われる場合もありますし、すぐにその場で対応できないような場合もあります。

もちろん私はできる限りのことをして応えるようにしていますが
「それはちょっとできません。」とか「それはやりたくありません。」
と内容次第では丁重にお断りすることもあります。
そして再度相談して、リクエストをし直してもらっています。
つまり私は自分のできることを、できる範囲で誠意を持って対処して
いるだけなのです。

これを読んでくださっている方の中にも、こういった”リクエスト”を
いろいろな形で受け取ってしまい、体の調子を悪くしたり、
気分がふさいだり、外に出るのが嫌になってしまった方もいらっしゃる
かと思います。

あるいはリクエストが来ていること自体に気がつかずに、体が重くなったりして
ただ具合が悪くなってしまっているのかもしれませんね。
それはひとえに、このリクエストを聞くことと、それから聞き分けることが
非常に難しいからなのです。

自分に負担にならずに、リクエストを聞き(あるいは「聞かない」というのも
選択肢の一つです)、応えていくか、応えていかないかを決めていくことは
とても大切なことです。

また、(自分にとって)聞くべきリクエストなのかを見極めることも、
非常に重要です。
先ほど書きましたように、中には危険な存在がいることも
残念ですが、また事実だからです。
私たちは今の自分自身の人生を一番大切にしなければならないのですから
その見極めはとても大事です。

それでは、危険なく、スムーズに、リクエストを聞き分けて、悩める霊体達が
少しでも癒されるお手伝いをするにはどうしたら良いのでしょうか。

これを説明するのはとても難しいのですが、次回は光の存在達との
連携プレーによって、それが可能になるということをお伝えしたいと思います。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2009-01-05 14:55 | エンジェルセラピー