ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

"汝の敵を愛せよ”

「許す」「受け入れる」と言うことを、
もうちょっと考えてみたいと思います。
なぜなら・・・。
これらのことは口で言うのは簡単ですが、一番難しいこと
だと思うからなのです。

私たちは、常に「自分らしくありたい」と願っています。
そして「幸せになりたい」と。

さらにどこか「行くべき場所がある」とも思っています。

でも、とても大切なのに忘れられていることがあります。
それは、前回書いたように、ひとが本当の幸せと心の平安を得るのは
「どこかに行く」ことからではなく、
「ありのまま」でいること、つまり「今ここ」に気がつくことなのです。

「幸せになる」のではなく、「幸せである」ということ。
それに気がつく、思い出すということなのです。

天国はここにあります。
私達の「今」が天国なのです。

でも、なぜ多くの人がそれに気がつかずに苦しい毎日を送っていたり
「いつか幸せになりたい」と願っているのでしょうか。

それは「知らない」から、です。
「天国はここにある」つまり「もうすでにある」「そうなっている」
ということを「知らない」からなのです。

なぜ「知らない」のでしょう。
なぜ「気がつかない」のでしょう。

それは単に「知らない」から、です。
あらあら!
なんだか禅問答のようになってきてしまいましたね(笑)

では「知らない」ことは、良くないことなのでしょうか。
それはそうかもしれません。
だって「知らない」から「幸せじゃない」のですから。

でも、ここで登場するのが今回のタイトルの
「汝の敵を愛せよ」という聖書の中の有名な言葉です。

「知らない」状態が「幸せじゃない」状態ならば、
「知る」ことがいいことなわけです。
でも、そもそも「知る」ということは、「知らない」という状態があるから
成り立つことなわけです。

だから「知らない」状態は「知る」ために必要な状態なのです。

例えば、やりたくないことをずっと続けていたとします。
仕事でもスポーツでも、日常のちょっとしたことでも。
でも、そのことがあるからこそ「私がやりたいのはこれじゃない」
と気がつくことができます。

つまり「私がやりたいのはこれじゃない」ということを「知る」
ことができるわけなんです。
「知る」ことが大切です。

ふさわしくないことを続けているのは、それを「知らない」から。

もしも、誰かをとても憎んでしまったことがあったとしても
それは、誰かを深く愛するために必要な経験だったのかもしれません。

大病を得た人が、健康のありがたさに気がつくように、
一文無しになった人が、大金持ちになるように、
最悪(だと思われている)経験から、最高(だと思われている)経験を
望むことができるわけなんです。

だから落ち込んでいたり、焦っていたり、何かが上手くいかなかったり
人を嫌ってしまっていたりしても、そんな自分を責めたり、
ダメだと思う必要は全くないのです。
そういう自分を拒否しないであげてください。

「汝の敵を愛せよ」とは、つまりそういうことだと思うのです。

一番望んでいない状況の中にこそ、一番望んでいる状況を
選び取るヒントが隠されているのですから。
もっと一般的な言い方をすれば「ピンチはチャンス」ということです。

一番ダメな状態の自分には、一番美しくて素晴らしい自分に
気がつくための大きなチャンスが隠されているのです。

すごく嫌な気分、悲しい気分の中にもそれは隠されています。
だから、そこから目をそむけないで、そっと抱きしめてあげればいい。
そんな自分から逃げようとしなくてもいいのです。

そして、まるで「敵」のような、ネガティブな気分や状況を
「愛すること」ができたなら・・・。

「愛する」とは、受け入れること、許すこと、です。
でも、好きになろうとしなくてもいいのです。
そんなふうに頑張らなくてもいいのです。
ただ、見つめて、受け入れてあげることができれば
それは「愛する」ということなのですから。

例え「好きになれない」つまり「好ましくない」ことだって
受け入れてしまうことで「愛することができる」のです。

あらあら・・・。
またまた禅問答のようになってしまいました?(笑)
でも!
愛だけがすべてを可能にするのです!

だからすべての人が今いる場所、すべての事柄、状況は
神聖であり、祝福されているのです。
そのことに気がつくこと。

それが前回私が書いた「思い出す」ということでもあります。

そんなに頑張らなくてもいい、ただそっとそっと抱きしめてあげて
「本当のこと」「知りたいこと」を思い出してあげてください。
自分のために、世界のために。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2009-05-24 22:49 | エンジェルセラピー