ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー

<   2006年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

*****わたしはだぁれ???*****

今回のコースでは
まさに「魂が喜んでいる」状態で、毎日日ごとに
私のサイキックアビリティーがどんどん上がっていくのが
自分でも手に取るようにわかりました。

そして一番の収穫はすてきな仲間に出会えたことです。
きっとだからこそ、安心し、喜び、自分自身を受け入れることが
でき、能力を伸ばすことができたのだと思います。

今まで隠していた自分のギフトを、
初めてギフトとして受け入れることができたのだと思います。

そんな私を変えるきっかけをくれたこのコースの中でも
一番印象に残っているのが
「自分自身を知る」というプログラムでした。

「わたしはだぁれ?」
自分が何の生まれ変わりか、そしてどこから来たのかを知るのです。

みなさんも、きっと何かの生まれ変わりなのです。
私達は、今忘れていますが、過去でいろいろな人生を送っていたのです。
それを思い出したら楽しいと思いませんか?

与えることが得意な天使、
自然が大好き妖精、
両方の要素を持つ妖精と天使のハーフ
何でも知っている賢者、
いたずらっぽい小人、
海から上がってきた人
宇宙から来た人もいます。
そして、それらすべてを経験した人、
まだまだ解明されていない人たちもいます。

それぞれのプラカードを持って
ATPのスタッフが立っています。
そして、特徴を話してくれました。
プラカードをもっている人は
例えば「angel」ならば、エンジェル出身の人です。
容姿もしぐさも納得できる人ばかりなので
非常に見た目からもわかりやすく理解を助けてくれています。

ドリーンが「いろいろなところに行ってみて。
自分の直感で行動して。
そして自分が誰なのかを思い出して。」
と言いました。
「でも、どうしてもわからなかったら私達に聞いてね。」

全員が自分の思うところへと動き出しました。
直行する人、迷って周りの人に聞きながら動く人、など
様々でした。

私は自分を以前は宇宙から来た「スターピープル」だと
思っていました。
子供の頃に、自分だけこの星に置いていかれたと思って
仲間を探していたことがあるからです。
夜な夜な、仲間が迎えに来るのを待っていたこともありました。

でも、ドリーンの話を聞いていて、
「私はマーピープル(海から上がってきた人たち)かもしれない。」
とピンと来ました。
そして、さらに今がドリーンと直接言葉をかわすチャンスだと直感して
彼女に意見を聞く列にまずは加わることにしました。

ドリーンと数人のスタッフがどんどん意見を言って
人の列をさばいています。
「あなたはエンジェル、あなたは賢者、はい、あなたはレプリコーン(小人)ね。」
一言でぱっぱと決められて行きます。

私の番になりました。
ドリーンが私を見ました。
目の奥をじっと、まるで過去生まで見透かすように見つめています。
「あなたはマーエンジェルよ。マーピープルのところに行ってみた?」
「いいえ、まだです。」
「じゃあ試してみて。」

やっぱりそうでした!
ドリーンと意見が一緒です。嬉しくてニコニコしながら
仲間の待つ「マーピープル」の集まりに移動しました。

「マーピープル」の仲間のところへ行くと
思わず笑ってしまいました。
ドリーンの言っていた、私達マーピープルの特徴は
「水辺が好き(過去生の記憶から逆に大の苦手の場合もある)、
水分を多量に取る、お酒が好き、女性の場合は長めの髪をカールさせている・・・」
などなど、当てはまりそうなひとばかりです。

さらにマーの特徴としては「イルカ、鯨などの生物の生まれ変わりもいる」
というものです。
見回してみると・・・いました、いました!
ATPのある女性スタッフは、イルカとコンタクトを取ることで有名なのですが
彼女はまさにイルカの生まれ変わりとも言える、かわいらしい容姿です。
私がずっと気になっていた体の大きい男性も、やっぱりいました。

彼のことは初日から、気になっていました。
非常に背が高く、でもやさしそうで、なんとも言えない大きなオーラを
持つ人です。
変わったオーラなので、気になっていましたし、どこかで会っていたような
気もしていたからなのです。

彼はまさに「鯨」そのものです。そのときに気がつきました。
体は大きいのですが、なんともやさしい存在感なのです。
昔は私と一緒に海の中で泳いでいたのかもしれません。

私のセッションの中でも、クライアントさんが何の生まれ変わりかを
お話しすることが多いのですが、みなさん
「やっぱり!」とおっしゃいます。

私と同じマーの方は
「よくイルカと泳ぐ夢をみて、それがとっても気持ちよかったのです。」
と嬉しそうに話してくださいました。
自分が昔昔、何をしていたかを想像するのは
とても楽しいことですよね。


「わたしはだれなのか」を思い出し
現在の私の新しい出会いと
過去の友人たちとの再会を楽しんだ瞬間でした。
d0073968_1723183.jpg

ホテル近くのビーチ
[PR]
by lovingangelsnadia | 2006-08-30 17:30 | エンジェルセラピー
*****リリースメントセレモニーと真夜中の出来事*****

ドリーンのパートナー、スティーブンは声の素敵なやさしそうな人です。
彼は様々な儀式を研究したり、動物のパワーにも詳しい博士です。

彼がビーチ近くでリリースメントセレモニーをする夜がありました。
セレモニーには、それぞれが作った簡単な楽器を持参するように
言われていました。

それはペットボトルに石を入れた簡単なものです。
私はホテルの部屋に戻り、飲み終えたカラのペットボトルに
ビーチから拾ってきた石を入れていました。
自分の分だけならば一本で十分です。
でも、なんとなく2本作ったほうがいいような気がして仕方なく、
もう一本小石を入れて作って行きました。

セレモニーの場所に行くと、同じく日本人の前出のMちゃんとは
違うMちゃんがいました。そのMちゃんと私は同じグループでした。
彼女は何故か、何も楽器を持ってはきてはいませんでした。
もちろん私は、私の持ってきていたもう一本のペットボトルを
喜んで彼女に差し出しました。
このために、私は2本、持ってくることになったのですね。
ちょっとだけMちゃんの役に立つことができました。
こんなちいさなミラクルでも、とてもすてきな気分になれます。
「天使ありがとう。」

セレモニーの時間になりました。
大勢の人が集まっているのに、静寂に包まれています。
荘厳で神聖な雰囲気が漂っています。
波の音と風の音だけです。
精霊たちも集まって来ているようです。

残念ながら内容はお伝えすることはできませんが、
夕焼け、そして次第に夜の闇と月の光・・・
素足になると、夜露に濡れた草が心地よく、音楽に導かれて
夢中で踊り、自分がどんどん開放されていきます。

そして、その場に居合わせた私達、ドリーンのコースを受けた生徒達は、
スティーブンの先導で、それぞれが抱えていた何かをリリースすることができたのです。

リリースを終えると、ATPのスタッフ達が大勢で、私達一人ひとりを
待ち構えてハグしてくれました。
「Congratulations! I love you!」
口々にそう言って祝福してくれます。

なんて暖かく、美しい言葉と、そして思いやりなのでしょう。
私はすっかり感動で泣きそうになりました。
それは本当に静かで、力強く、清清しい、神聖なセレモニーでした。

しかし、私はその夜、何故か興奮して全く眠れませんでした。
抱えていたものをリリースできたはずなのに・・・
それともリリースできなかったのでしょうか?

考えていると、さっきまでの幸せで満ち足りた気持ちが
どんどん飛んで行ってしまい、落ち込んでいくのがわかりました。
私の悪いクセが、ここに来て出てきてしまったようです。

悶々と時間が過ぎていきます。
これでは眠れない、明日もハードで楽しいワークが待っているのに、
どうしよう・・・
益々焦ります。
でも、何回かウトウトしました。
それでも、どうしても目が覚めてしまいます。

いっそのこと起きていようか、でも、睡眠をとらないと駄目な体だということは
自分が一番わかっています。

もしかして、リリースなんて、うそだった?
私何をやっているんだろう?
どうして天使は助けてくれないの?
なんで、せっかくの夜にこんな気分でいなくてはならないの?

散々な気分で、時間を見ようとベッドサイドのデジタル時計に目をやりました。
するとそこには「4:44」の文字があるではありませんか!!!
天使が大好きなみなさんなら、きっとお分かりですよね。
そうなんです、444は天使がたくさんいるときに送られてくる数字のサインなのです。

ドリーンとリネットの共著「Angel numbers」には、444の記述はこうなっています。


「Thousands of angels surround you at this moment,
loving and supporting you.
You have a very strong and clear connection
with the angelic realm, and are an Earth angel yourself.
You have nothing to fear - all is well.」



疲れてしまって、悶々とネガティブな思考のパターンにはまってしまっていた
私をデジタル時計の数字のメッセージが救ってくれました。

「今、たくさんの天使があなたの周りにいます。あなたを愛しサポートしてくれています。
天使達と強くてはっきりとしたつながりがあります。そして、あなた自身がアースエンジェル
なのです。何も恐れることはありません。すべてがうまくいっています。」

私は心からほっとしました。
そして、体のあちこちに知らないうちに力が入っていたことに気がつきました。
「考えすぎていたな・・・体が冷えていたからかもしれないな・・・」
と、実は簡単な理由で眠れなかったことに気がつきました。

それからは、わずかな時間ですが、安心してぐっすり眠ることができました。
自分のネガティブな思考の沼から、抜けることができたのです。
もしもあのまま、デジタルの数字を見ることがなかったら・・・
おそらくはほとんど睡眠を取る事ができずに、最悪の朝を迎えていたでしょう。

きっと体が辛いばかりか、天使を信じる気持ちまでも疲弊していたかもしれません。
でも、私にはメッセージがちゃんと伝えられたのです。
本当に天使たちは、いつでもなんとかして私達に、その愛とサポートを
知らせてくれようと、様々な努力とアクションをしてくれます。
「天使、本当にありがとう。」
(ちなみに次の日は泥のように寝てました・・・)

d0073968_14413196.jpg





















ステージ上の祭壇
[PR]
by lovingangelsnadia | 2006-08-28 14:47 | エンジェルセラピー
*****マイケル、マイケル、マイケル*****

コースを受講中、大天使マイケルとの不思議なシンクロが
たくさんありました。
その中から三つほど、ご紹介します。


私達生徒はそれぞれ、5~8人くらいの小さなグループに振り分けられて
その日のメニューが終わると、一日を振り返り、疑問点や喜びを
仲間とシェアする時間を持ちます。

私のグループにはマイケルという男性がいました。
初めての集まりの時に、全員で手をつなぎました。
そのときに隣にいたのが彼でした。
彼と手をつないだ瞬間、すごく暖かいものが流れてきて、
しかもびりびりするような感覚もありました。

「ただものじゃないな・・・」と思い、それから彼のことがとても
気になりました。
彼は穏やかで優しい顔をした紳士で、とてもまじめそうなひとです。
職業は医者ということでした。

全部のコースを感動のうちに終えたとき、私は彼に話しかけてみました。
「マイケル、あなたと初めて手を繋いだときに、すごくエネルギーを
感じました。それはどうして?」
彼はにこっと笑って手を私の手のひらに向けてきました。
「ほら、何か見えるだろう。手と手の間に。何が見える?」
私は答えました。
「白い光が見える。わあ、すごい!」
「そう、白い光。僕はこれをいつも患者さんのところに当ててあげているんだ。」

彼は医者という仕事柄、患者さんに対して、もっと薬だけじゃない、何かを
与えたいと思ったようです。
そして、こっそりパワーを送っていたのでした。
それは彼の人柄、信念、思いを表すような、力強くて、しかもやさしい
すてきなエネルギーでした。
本当にすばらしいお医者さまです。
彼に診てもらう患者さんはラッキーだと思いました。
その後に出会った彼の奥様も、いろいろな辛い経験を乗り越えた
やさしく、穏やかな雰囲気を持つ美しい女性でした。
マイケルとその奥様はアメリカでであった素敵なカップルでした。




私達日本人の仲間同士、ホテルのハウスカーで、クリスタルなどを買いに
ラグーナビーチのダウンタウンに出かけたときのことです。
そのホテルを利用していない仲間のMちゃんが、遅くなってしまったので
できたらこのまま自分の宿泊先のモーテルに行ってもらえたらな・・・と
思っていました。で、思い切ってドライバーに頼んでみたのですが、
答えはNOでした。
でも、買い物や食事で忙しく、すっかり遅くなってしまっていて、
これからハウスカーがホテルに戻って、そこからタクシーでは
本当に大変です。夜も更けてきて、女性一人では危険でもあります。
するとドライバーが「ボスに聞いてみる」と言ってくれ、携帯をかけてくれました。
なんとボスからの返事はOK!
ドライバーいわく、「ボスのマイケルがいいって・・・」
私はびっくり!
というのも、その日、私がそのMちゃんのリーディングをしていたら
大天使マイケルが出てきて「もっと私に話しかけて欲しい、もっと私を頼って。」
とMちゃんにメッセージをしきりに送ってきていたからなのです。
でもそのときはあまりピンと来ていない様子で「でもこれからはマイケルを
なるべく頼ってみるね。」と言っていました。

私はMちゃんに「やっぱ、マイケルだったね~~~~よかったね!」
と興奮して言いました。
Mちゃんは何故か今までは、「マイケルって言えなくて・・・なんか遠慮しちゃって。」
と言っていたのです。
「これからはどんどんマイケル呼べるね、Mちゃん!」
Mちゃんも納得してくれていました。
「やっぱりマイケルだね。」




コースの間、わずかな時間ですが、瞑想することがあります。
私は自分の感覚が研ぎ澄まされてきていたのを感じていたので
気持ちよく、感じるままにしていました。
すると、あるとき、とてつもなく大きな大天使マイケルの存在を感じました。
「絶対いる!しかもすごいパワーだ!」
どこにマイケルがいるのかわかりません。目を閉じたまま感じることに
集中してみました。
「ここだ!」と思って目を開けると、ステージでメモを確認している
椅子に座ったドリーンがいました。
そして、その後ろにマイケルがいました。

マイケルはボールルームの天井につくくらいの背の高さで
翼も大きく、まるで一件の家か、あるいは小さなビルくらいあります。
「なんて大きいマイケルなんだろう!すごい!」
私は本当にびっくりしました。
ドリーンの後ろに立ち、私達すべてを守ってくれているのです。
大きくて強くてたくましくて、そしてやさしい力。

私は一瞬あっけにとられていたのですが、すぐに確信しました。
「きっとこのコースは成功する。すべての人がいいものを持って帰ることができる。」と。
今まで見た中で一番大きくてパワフルなマイケルでした。

d0073968_1611065.jpg


ステージ前に置かれていた大きなクリスタル
[PR]
by lovingangelsnadia | 2006-08-27 15:56 | エンジェルセラピー
*****リーディングでのミラクル*****

私が今年の春に、アメリカ、ロサンジェルスで行われた
ドリーンのエンジェル・セラピー・プラクテショナー(R)のコースを
受けたとき、毎日がミラクルの連続でした。
それは今までに体験したことのないような毎日だったのです。

これから、そのときのエピソードをいくつかお話していきたいと思います。

コースの中では毎日、たくさんのリーディングをするのですが、
そのときはカナダ人の20代の女性がパートナーでした。
とてもチャーミングな方です。
まず、私からリーディングをしました。
深呼吸をして彼女と手をつなぎ、意識を集中しました。
彼女の手からは波動がびんびん伝わってきました。

ステージの上からはドリーンがやさしく暖かく見守ってくれています。
その隣ではエンジェルアースのすてきな音楽が演奏されています。
そして・・・大きくてパワフルな大天使マイケルの守護も!
こんなにすばらしい状態の中で、私はリラックスし、
自分の能力を信じることができました。リーディングの準備は完了です。

目を開けて彼女と向き合うと、質問されました。
「私は結婚できるかしら?今の彼と・・・」
私にははっきりとしたビジョンがすぐ見えてきました。
あまりにも明確なのでびっくりするくらいです。
でも、コースに参加してから、私のサイキックアビリティーは
どんどん上がっていたのがわかっていたので
落ち着いて話すことができました。

「うん大丈夫。しかもあなたが3人の子供を世話していて
朝仕事にでかける彼を見送っているのが見えるわ。
とってもかわいい子供たち。
それとジョギングしているのが見えるけど?」
チャーミングな彼女の顔が、より一層輝きました。
「ベビーは大好きなの!たくさん欲しいの。
なんてすてきなの!本当にうれしい!
今は休んでいるけれど、ジョギングもよくしていたの。
これからもまた始めるといいかしら?」
「そうね、子育ては体力が必要だから。」

「それとおばあちゃんが隣に見えるけど・・・
亡くなったおばあちゃんね。
あなたのお母さんの方のおばあちゃんね。
あなたのこと、本当にかわいがっていてくれたのね。
今もそばにいてくれている。
愛してるって言ってるわよ。」
「ああ、うれしい・・・私も愛してるわ。
本当にすてきな大好きなおばあちゃんだったの・・・
いつもそばにいるのはわかっていたの。
あなたにも見えるのね。」

今度は私がリーディングをしてもらう番です。
私は彼女と波長を合わせて心を開きリラックスして待ちました。
私からは特に質問はしないで
「何が見える?何かメッセージがありますか?」
とだけ聞きました。
彼女は私の後ろに大きな鳥が見えると言いました。
そしてそれはとても日本的な鳥だといいました。
私は「私の名前は千鶴っていって、とても日本的な鳥の名前が入って
いるのよ。すごい!」

私と彼女はかなり波長が合ったようで、そのあともいくつか
秘密(ごめんなさい!)の会話が続きました。

彼女からは最後に「あなたは今、神聖な存在とつながっているわ。
一番上のクラウンチャクラが、まるでロータスのようにきれいに広がって
まわっている。とってもパワフルできれい!」
と言われました。
そこでドリーンから「さあ、リーディングは終わりよ」と声がかかりました。
私たちは本当にハッピーで、すてきなリーディングを終えて
お互い満足しながらハグをして別れました。

仲間のところに戻った彼女が友人たちに
興奮しながら話しているのが見えました。
「私彼と結婚して子供が3人できるのよ!
なんてエキサイティングなの!思ったとおりだったわ!
そう彼女が言ったもの!」

私まで嬉しくなって、自分の席に戻っても
しばらくは余韻を楽しんでいました。



d0073968_09759.jpg


コースが行われたホテルのビーチから
見えるすてきなサンセット

[PR]
by lovingangelsnadia | 2006-08-26 23:30 | エンジェルセラピー

チャクラのお掃除!

チャクラは毎日の生活の中で
知らないうちに汚れたり、元気がなくなったり
大きくなりすぎたり、小さくなりすぎたりしてしまいます。

私たちの健全な生活、思考を大切にするためにも
エネルギーセンターであるチャクラのお掃除は日課にしたいものです。

ドリーンのチャクラクリアリングCDは
そのためにはお勧めの強力アイテムです。

私のクライアントさんも大勢の方が持っていてくださいますが、
「とても気持ちが良くて眠ってしまう。」
「寝つきがよくなり、朝の目覚めもよい。」
との感想をいただいてます。

夜、眠る前にはCDでもよいのですが、
朝、チャクラを活性化させるには時間のない方が
ほとんどだと思います。

そんな時にお勧めなのが
簡単にできる色を使ったチャクラのお掃除&活性化方法です♪

これは私も毎朝やっていますが
5分もあればできるようになります。

まず、チャクラは下のほうから見ていきます。
それぞれのチャクラをスキャンして
汚れていたり、黒ずんでいたりしたら
まばゆい白い光できれいにします。
これはどこも同じ手順で進めます。

ルートチャクラは赤いルビーのような色です。
自分の一番いい大きさと色をイメージします。
私はりんごの色をチャクラに乗せてあげるイメージをします。
真っ赤に熟したおいしそうなりんごです。

サクラルチャクラはおいしそうなオレンジをイメージします。

ソーラープレクサスチャクラはレモンです。

ハートチャクラはエメラルド。

スロートチャクラは良く晴れた空の色。

イヤーチャクラはぶどうの色。

サードアイチャクラは深海の色。

クラウンチャクラは聖職者の着ている服の色。(神父さま、僧侶など)

それぞれ、ご自分のイメージしやすいものをつかってみてください。
私とおなじでなくてもいいと思います。

チャクラの大きさをそろえて、
それぞれのチャクラに光をあてたあと、色をイメージして
それをのせていくのです。
とても楽しくて、すっきりして、気分よく起き上がることができます。

毎日続けることによって、一日を元気に
安定した気持ちで、あなたらしく生活できるようになります。
ぜひ、お試しください!
[PR]
by lovingangelsnadia | 2006-08-23 11:15 | エンジェルセラピー

最近読んだ本から・・・

私は無類の本好きです。
時間があれば本ばかり読んでいます。
いつもだいたい4冊ほどを、同時進行で読みます。
小説、実務書、料理本、伝記・・・
そのなかから、最近とてもいいなと思った本の
一節をいくつかご紹介したいと思います。

(何分、長い長い本の、たった一行なので、前後の脈略など
暴力的にぬかして、ただそこだけを載せています。
これは著者の意図していないことですので、ご了承ください。
あくまでも、そこだけをとって、”素敵な言葉”だな
と私個人が勝手に感じたものです。)




「・・・真実は人気のないものなのです。幸福は内から来るものであって、
外からや、人があなたをどう思うか、ということから来るものではありません。
嫉妬は魂にとっては毒薬です。」
ブライアン・ワイス(「前世」からのメッセージ)

「すべての宗教はみな同じ目標、善なるものを培い、すべての人間に幸せを
もたらす、という共通の目標を追求していると信じている。
方法こそ違っているように見えても、目標は同じなのだ。」
ダライ・ラマ(ダライ・ラマ自伝)

「人間心であせってごり押しするのではなく、神の計画にまかせきって
ゆったり構えている方がうまくいく、ということを学んでいるのです。
もっともだからといって、何もせずに怠けてよい、ということにはなりません。
棚からボタ餅が落ちてくるのを待つのではなく、なすべきことはきちんと
なさねばならないのです。」
リズ・ブルボー(私は神!)

「自分の敵を真に愛せるようになるまで自分自身を浄化しえたときに、
美しいことが起こる。これはあたかも、魂の境界が透明なまでに清らかなものとなり、
一人の人間からその人間特有の光が輝きだすようなものである。」
M・スコット・ペック(平気でうそをつく人たち)

「私たちが外に発したエネルギーは、結局いつかはブーメランのように戻ってくる。
すべての時、すべてのエネルギーは同時に存在するのだから、私たちはその中から
自分が体験したいことを選び、それに焦点をあてるのである。
つまり、これが自由意志なのだ。」
シャーリー・マクレーン(ゴーイング・ウィズィン)




あなたにも、何かのきっかけとなる一節になれば・・・
天使の愛と光とともに。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2006-08-21 15:43 | 日常のひとこま

信じる

信じましょう
あなた自身を

信じましょう
あなたの望みを

信じましょう
あなたの近くにある
音楽

空気


それぞれの持つ力を

それらは永久に継続的に
あなたの味方です
そして力をくれます

あなたは決してこの世に一人では
ありません

周りを見回してみましょう

あなたに手を差し伸べて
たくさんの愛をくれる存在が
そこここにあることが
きっとわかるはずです

そして、ほら
私たち天使は
いつでもあなたのそばに・・・

私たちの存在に気がついてください

こうして
あなたを支えていることを

あなたの心のすぐそばに
いつもいつも
いることを

愛されているのです
あなたは
愛なのです

そして
すべてのものは
愛なのです

すべてに愛が
宿っているのです

あなたは光り輝く
たったひとつの魂

あなたの放つ光は
暗闇を照らし
永遠に光り続けます

あなたは愛
[PR]
by lovingangelsnadia | 2006-08-20 21:04 | 天使のメッセージ
あなたの中に不思議なチカラが宿っているのを
ご存知ですか?

ヒーリングはヒーラーから受けるものばかりでは
ありません。

自分で簡単にそして、今すぐできます。

例えば、
自分のちょっと調子の悪い部分に手を当てて、
その場所に聞いてみるのです。

「あなたはなぜ、痛むの?
なにか理由があるの?どうして?
私にどうしてほしいの?」

そして静かに瞑想するように手を当て続けてください。
ゆっくりゆっくりと、対話をしてください。
そうすると、患部が語りかけてきます。
「ちょっと疲れているのでやすみたい・・・」
「もっとやさしくして。」
「暖めてください。」などなど。

実は私も自分のちょっとした調子の悪い部分は
これでなんとか治しています。
先日も足をくじいてしまい、
シップも手元になくて、うまく歩けずに非常に
困りました。

実は「行かないほうがいい、行く必要がない。」
とガイダンスが来ていたのに、なんとなく予定を変えるのが嫌で、
無視をしてでかけてしまったら、案の定、足はくじくし、
出かけた目的も達成できなかったことがあったのです。

帰ってきて反省しつつ、痛んで歩けなくなった足首に手を当てて
対話してみました。
手を当てていると次第に患部が暖かくなり、内側から
何かが湧き上がってくるようです。
私は聞いてみました。
「ごめんなさい、私のどこがいけなかったの?
どうすればいい?」
すると手を通して声が聞こえてきました。
「あなたは急ぎすぎている。
それと自分の予定を変えないとか、
今日のあなたは自分の決めたことに固執しています。
もっとゆっくりして、そして休んで。」

私は「そうします。ありがとう。」
と言い、たくさんの感謝と愛のエネルギーを送り続けました。
そして、体が教えてくれたことを考えて、アドバイスに
従うことを約束しました。
すると、本当に足が軽くなり、最悪の状態からは
抜け出すことができたのです。
そして、薬しらずで、ほとんど治ってしまいました。

どこか、体の調子が悪くなるのには必ず理由があります。
体からサインを出してくれているのです。
私の場合は「急ぎすぎ、決めたことに固執しすぎ」でした。
足首をくじくことによって、スピード調整をさせてくれたのです。

私たちは皆、聖なる存在のパワーとつながっている
神聖な存在です。
その私たちに、自らの体を癒すちからが備わっていると考えるのは
自然なことです。

こんど、どこか少しだけ調子が悪くなったところがあったら
体と対話してみませんか?
体のよくない部分だけでない、なにか
あなた自身の抱えているものを教えてくれることでしょう。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2006-08-19 21:27 | エンジェルセラピー

エネルギーの使い方

自分が持っているエネルギーを
どんなふうに使っているかを意識したことはありますか?

例えば、何か心配している事があるとき、
あるいはとても嫌な事があるとき、
いろいろな理由で、私たちの頭の中や心が
ひとつのことで一杯になってしまうことがあります。

恋をしているときもそうですね。
でも、逆に誰かを恨んだりしているときも同じです。

渦中にいるとわからなくなってしまうのは
仕方のないことです。
でも、その状態のときは、よくも悪くも
自分の持っているエネルギーをそのことに
集中して注いでしまっています。

それが恋のような、「いいこと」なら素敵な時間かも
しれません。
でも「恨み、心配、恐怖」などのネガティブな事だったら
どうでしょうか?

あなたの尊い、貴重なエネルギーを否定的なことに
使ってしまっているのです。
これはとてももったいない、と思いませんか?

お金も愛情も気持ちもエネルギーの仲間です。
あなたが流してるエネルギーは
あなたが流したように戻ってきます。

「人生はブーメラン。投げたものが帰ってくる。」
(シャーリー・マクレーン)

すこしだけ自分を内観して、心に平安を取り戻し、
そして自分のエネルギーの使い方がこのままでよいかを
確認する時間を持ちましょう。

心の平安が何よりも重要です。
すべてはそこから始まります。

忙しい日常の中でも、すこしだけ時間を見つけて
エネルギーの使い方チェック!のくせをつけましょう。

それが今日から始める
本当の自分の望みを実現させるための第一歩に
なるはずです。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2006-08-18 20:26 | エンジェルセラピー

お花のちから

今日は初めてのお花のお稽古体験でした!!!

最初はまごつきながら、どうしていいからわからないような
不安なまま、ただただ花をむやみに剣山に刺していきました。

でも先生の指導を頂きながら、少しずつ改良していきました。

だんだん夢中になってきて、あとは黙々と自分の世界へと
入っていきました。

そのときにイメージしていたのは、大好きな公園の
草花の様子です。
いつも私を癒してくれて、パワーを授けてくれる
木々や、素朴な草花の清清しい姿です。
それはまるで、神の祝福と愛を体現しているようです。

初体験の恥ずかしさと、要領を得ないじれったさを抱えながらも
妖精たちに「私にちょっとだけ力を貸して!
お花たちと仲良くさせて!私の花に対する愛情が
少しでも表現できるように・・・」とお願いしました。

d0073968_057079.jpg
















妖精のサポートをもらって、私はほぼ一言もしゃべらずに
初めての作品(ってほぼ先生の作品ですが・・・)を仕上げました。(汗)

結果は大成功!(と、初心者の私は思っています・・・(笑)
すてきなお花の先生の、抜群!のテクニックで仕上げていただき
初めての体験は満足したかたちで終了しました。

たくさんのお花を生けながら、指の先からエネルギーと
なんともいえないやさしさが伝わってきました。
そして、どんなふうに扱ってほしいのかを
花々が訴えてくるのを感じました。

たくさんの癒しと、それからエネルギーをもらった
すてきなすてきな時間でした。
生け花が私のライフワークになりそうな予感です・・・
[PR]
by lovingangelsnadia | 2006-08-15 01:06 | 日常のひとこま