ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

本当の強さ

厳しい暑さが続いていますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。
この夏は皆様にとってどんな夏でしたか?

私にとってのこの夏は、とても素晴らしい出会いや出来事が
たくさんありました。
まさにミラクル連続の、忘れられない夏になりました。

中でも印象的だったのが、子供の頃からずっと憧れていた
尊敬する大好きな人に、旅先で偶然会えたことです。

ご存知の方も多いと思いますが、その人の名前は
鑑真和上です。
唐から日本に来るために、12年の間何度もチャレンジしては
難破を繰り返し、とうとう最後に失明してしまったことは
よく知られていますし、教科書にも載っています。

もちろん鑑真和上本人は亡くなっていますが、
弟子が製作したと言われている鑑真和上像は
姿形が似ているというだけでなく、その精神までも
表している傑作と言われています。
そういった意味では、鑑真和上像は鑑真そのもの
と言ってもいいでしょう。

私はこの鑑真和上のことが、子供のときから大好きで
就職や入学試験の面接では、必ず尊敬する人物として
名前を挙げてきました。

何回も何回も命を危険にさらし、最後は視力さえも失いながらも
布教のために、とうとう日本へやってきた、その信念の強さ、
志の高さに、心から敬服していました。
いつか鑑真和上像をこの目で見たいと思いながらも
何故か今まで機会がなく、でもいつかきっと、と思っていました。

旅先でなんとなくテレビを見ていると、その土地の博物館に
ちょうど来ていることを知り、急いでかけつけました。

たくさんの展示品や仏像がありましたが、私はまるで
恋人に会うかのように、ただただまっすぐに鑑真、その人の元へと
急いで歩いていきました。

最低限の明かりで照らされるなか、ケースの中に入って
その人は座っていました。
静かなたたずまいですが、大きな何かが伝わってきます。
正面には人がたくさんいたので、私は彼の背中の方から
回って見ることにしました。

とてつもなく大きな存在感に、私は体が動かなくなってしまいました。
なんて大きな人なんだろう!
像自体はとても小さいのですが、持っているエネルギーが
信じられないくらいに大きいのです。

私は彼をあらゆる角度から見てみました。
私の想像していた、体から一杯に出される強さ、そして見ている人に
威圧感を与えるような迫力はかけらもありません。
存在感は大きいのですが、まったく押し付けがましいものは
感じることがありません。

あれほどまでに信念を貫いた人なのに、そこにあるのは
大きな癒しと、包み込むような強さです。
やわらかい、安心感を与えるような強さです。
本当の優しさがある、と思いました。
他を寄せ付けないような激しさはなく
角度によっては少し間が抜けてさえ見える顔でした。

私はその優しさと強さに感動してしまい、
涙を止めることができなくなってしまいました。
もっともっと厳しい、怖い人だと思っていたのです。
しかしそこにいる鑑真和上は、優しさそのものだったのです。

私はその優しさに、本当に自分の全てが癒される心地がして
その場から離れられなくなりました。
非常に恥ずかしいのですが、涙が止まらなく
近くのベンチに座って泣き続けました。

鑑真和上に会えると言う事は、励ましてもらえるか
ちょっと叱られるか、くらいに思っていたのですが
そこにあったのは限りない優しさでした。
これが本当の強さなんだ、と思いました。

本当の強さ、信念とは、その人の中心に
しっかりと根付いていて、決してぶれることがなく
何かに犯されることもなく、ただただ静かにそこにあるものなのです。
それはその情熱ゆえにとても美しく、そして他のものを包みこむことさえできる
やさしさをも持っているのです。
本当の強さとはやわらかく、暖かいものなのだと
そう感じました。

自分の中にある、本物の感情は、他の人の意見や存在を
決して必要とするものではなく、ましてそれに左右される
ものでもありません。
だから、自分以外の何かに影響を受けることもないのです。
そして、自分以外の何かを威圧したりすることも必要ないのです。

それはきっと、自分の中に、ずっとずっとある
本物の感情、そして本物の情熱だからこそ
強くて、そして美しいのでしょう。

そんなことを教えてくれた鑑真和上像のそばを私は
離れたくなくて、ずっとそこにいたいとさえ思いました。
しかし、鑑真和上からのメッセージは
「行きなさい。」でした。

離れたくない気持ちで一杯でしたが、尊敬する人のメッセージに
従って、私は博物館を後にしました。
メッセージ通りに、その時間に博物館を出たことが
その後のわたしのスケジュールにとてもいい影響を
与えてくれました。

もしかして、もう2度とあの像には会うことがないかもしれません。
でも、私は限りない優しさと強さに触れて、大きな癒しをもらいました。
そして益々、鑑真その人を尊敬する気持ちになりました。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2007-08-28 20:54 | 天使のメッセージ

季節柄・・・

毎日本当に暑い日が続きますね!
皆様お元気でしょうか?
こんなに暑いと「暑いですね」しか挨拶の言葉がないですね、本当に。
どうぞお体ご自愛くださいね。

で、夏と言えば、いわゆる「怖い話」がメディアなどで
とりあげられることが多くなりますね。
先日も、プライベートでそんな話を深夜にしていて
非常に怖がって(びびって?)いた方がいたので
怖がらなくてもいいのだということをお話したりもしていました。
(怖がっているのを見ているのはおもしろかったのですが(笑))

端的に言ってしまいますと、もしも怖くなったらとりあえずは
意識を変えてください。
繋がる先を選択するということです。

天使やアセンデットマスターズなどと繋がるときも同じですが
自分の中の愛を中心にして、自分にとって愛を感じる存在以外とは
繋がらないと気持ちの中できっぱりと宣言してください。
そして大きな強くて光り輝く存在を思い出して守ってもらう
ことと、具体的には紫の美しいベールで全身をすっぽり覆う
イメージをしてください。

お盆の風習を見ていてもわかるように、日本人は
昔から亡くなった方との交流を不気味なおどろおどろしいものとしては
考えていませんでした。
「繋がる先を選択する」
これはとても重要です。

今回はほんのさわりですが、今すぐに使えるやり方をお知らせしました。
皆様どうぞ、ご自分が大勢の天使や、ガイドスピリットに守られた
大切な存在だと言うことを常に思い出してくださいね!

私からたくさんの愛と天使をお送りします。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2007-08-18 01:27 | エンジェルセラピー
以前の記事で懐かしい母校へ行ったことを書きましたが
実はそこは第一志望ではなく、別の大学への進学を希望していました。

その憧れの希望校へ、用事があり20数年ぶりに行くことになりました。
高校の時に音楽の先生から「高い声がとてもきれいに出ているから
音大の声楽科へ進んだらどうか。」と進められ、
非常に心惹かれたのですが
「私はどうしてもw大へ行きたいので、他は考えられません!」
ときっぱり断ったほど、どうしても行きたい大学でした。

どうして、そんなにその学校に行きたかったかと言うと
当時の私は今よりももっと暗い性格で、とてもアンダーグラウンドな
生活に憧れていたからでした。(笑)
そこへ入学すれば、授業に出ないでバイトに明け暮れ、下手をすれば
留年か中退。就職もしないで、好きなことをやって暮らす・・・
今思うと、どうしてそんな想像をしていたのか、
なぜそんな生活に憧れていたのかわかりませんが
勝手にそんなふうにイメージをふくらませていました。

身を削って受験勉強をしたのですが、結局1つの学部しか受からず
その学部では入学させられないとの親の意向で
私は一応合格したのにも関わらず、入学を断念しました。
「ああ~私の憧れのアンダーグラウンドな生活が!!!」
と当然私は失意にくれました。

でも、結局は親の進める学校へと進学し、卒業後は
銀行へ就職し、結婚であっさり寿退社してしまいました。
憧れのアンダーグラウンドな生活は泡と消えたのです。

結婚と出産を経て、また働き出し、それなりに出世もしましたが
結局は当時の配偶者の転勤などでキャリアを断念したことも
ありましたし、育児と両立できずに諦めたことも少なくはありません。

「花びらは散る、花は散らない」
この言葉は30年ほど前に亡くなった浄土真宗の僧侶、金子大栄が
「色即是空、空即是色」を彼なりに訳したものです。

希望校へ入学できなかったことや、
キャリアを断念しなければならなかったことなど、どんな方でもひとつやふたつは
必ずあると思います。

私にしても、18歳の時に誉められたようなソプラノは
年齢とともに声が低くなってきたので、もう出せませんし
あそこでああしていたら離婚はしなかったかな、と思うことも
ないわけではありません。

もう今となっては、変わってしまって元に戻らないもの、こと
がたくさんありますが、不思議と後悔はしていません。
今の私は歌が歌えなくても、ワークショップでたくさんの方の前で
話をさせていただくことはこの上なく楽しいですし、
個人セッションで一人ひとりにお会いすることも然りです。

離婚自体はしないほうがいいことなのかもしれませんが、お互いに
ふさわしい生活をするため、本当に幸せになるためには
必要なことだったと、今になれば思えます。

そして、「花びらは散る、花は散らない」を私なりに解釈すると
きっとそういうことなんだろうな、と思うのです。

年齢や、いろいろな事情で諦めたり途中でやめなくては
いけないことがたくさんあるかもしれませんが、
きっとそれは、ただ単に花びらが散っているだけで
私達一人ひとりの人間という、たったひとつの素晴らしい花は
決して散ることはないということなのです。

生きてれば、きっといいことあるよ、なんとかなるよ、
今の悩みが全てじゃないよ、って言い換えることもできるかもしれませんね。

そんなふうに思っていれば、いろいろなことが起きても
決して私達の神聖な部分や本質は損なわれることはないということを
信じられます。

時が流れるのを止められないように、花びらも散っていくけれど
決して花自体は散ることはないのです。
変わっていくもの、変わらないもの・・・
「花びらは散る、花は散らない」

ぶつぶつとつぶやきながら(笑)、懐かしい場所へ戻ってみようと思います。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2007-08-03 07:40 | 天使のメッセージ
7月28、29日の二日間に渡って行われました
ミディアムシップワークショップが、おかげさまで無事終了いたしました。

ご参加頂いた皆様、お疲れ様でした。
2日間のワークで身につけられたことを、ぜひ今後に活かして
素晴らしいご活躍をされますことを心からお祈りしております。

自信を持って進んでいかれてくださいね!

亡くなった方とのコンタクトを取ることが、オカルト的なことでなく
とても素晴らしく、愛を伝えることであるということがわかっていただけたと思います。
私自身も素晴らしい機会を与えていただき感謝しております。
ありがとうございました!

感謝をこめて。
千鶴
[PR]
by lovingangelsnadia | 2007-08-01 00:19 | イベント