ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Change the world!

ひとつひとつの点が結びついて、あるとき
何かの結果にたどり着くことってありますね。

先日、都内の某所で、ある科学者と芸術家の方と
それぞれ話をさせていただく機会に恵まれました。

まず、科学者の方とこんな話をしました。
その方は、車に関する研究をされていて、その商品化に携わって
いらっしゃるベテランの研究者です。
私は最近とても気になっている”人間の思考の力”
というものについての、科学者としてのお考えを伺ってみました。

私「何か科学の分野で
”新しいものができるとき”というのは
”こんなものがあったらいいな~”
などの思考が、先にあるのですか?
それとも先に”これならできる!”
などの技術があるのですか?」

先生「科学と言うものは、すべて経験の中から種を探していくもの。
だから思考というよりも、今ある存在しているものを
いろいろと組み合わせてできている。
だから全く何もないところからは発生しない。
それを”科学的”というのだよ。」

さらに先生は、スピリチュアルなことを科学的に証明しようと
する最近の風潮は大変愚かしいことだ、ともおっしゃっていました。
先生いわく「スピリチュアルと科学はまったく別の異質の世界。
お化けがいたっていい、天使がいたっていい。
どうしてそれを科学で証明しようとするのか。
それは科学一辺倒の、非常に偏った考え方だ。
何を信じようと信じまいとパーソナルな問題だ。」

ふむふむ。
非常にユニークな、そして
柔軟なお考えの持ち主のようで、とても興味深いお話でした。

そして、次に画家の方とお話いたしました。

私はその方の作品(抽象画)を眺めながら
どういったときに、創作のインスピレーションを得ているのか
とても気になったので伺ってみました。

その画家の方のお話ですと
「眠っているのか眠っていないのか、いわゆる”夢か現”の状態の
時に、たくさんのインスピレーションがわいてくる。
その状態を意識的に作り出して、そのときに来たものを描いている」

これには正直、私は驚愕いたしました。
まさに私が長年夢見ていたことを、この方はすでに行って
いらっしゃったのです!
ああ、なんてうらやましい!
私は、そのいわゆる”半覚醒”の状態にいるときに
いろいろなことを感じ、そして見るのですが、なかなかそれを
覚醒したときに持ち込むことができずに、それ自体を
「仕方ないかな」と諦めていたのです!

なのにこの方は、常にというわけではないそうですが
それを実行して、なおかつ作品にしていらっしゃるのです。
私が今まで、どうしてもできずに諦めていたことを・・・

そこで私は、自分がその”半覚醒”状態で体験していて
とても印象深いある出来事を思い切って話してみました。

実は、私はもう随分長いこと、”半覚醒”の状態の時に
同じ事を繰り返し体験していました。
それは”音楽”です。

今まで耳にしたこともない、とても美しくて、まるで
天国にいるような心地よさ、そして親しみやすく、
気分が高揚するような、とてつもなく素晴らしく
形容しがたい音楽が聴こえて来るのです。

その瞬間私は思います。
「ああ!なんて素晴らしい!この曲は絶対に売れる!!!」(笑)

「売れる!」というと、なんだか実利ばかりを追っているようですが
つまりそれは「多くの人が気に入って好きになるだろう」
という意味なのです。

以前、私の息子に同じ話をしたところ、息子は
「実は僕もその状態の時に音楽が聴こえることがある。
そしてそのとき”この曲を皆が聴けば世界が変わる!”
って思うんだ。」
と話してくれたことがあり、びっくりしたこともありました。

そしてなんと、この画家の方も私の話と同じ事を
体験していらっしゃって
だから「音楽家の人ってうらやましいと思う。」
と話してくださいました。

私は同じ体験をした方がいたことがとても嬉しくて
「でも、私達はそれを覚えていられないし、まして譜面に起こすことも
できないから、どうにかしてそれができたらいいですよね。」
と言いました。
すると、その画家の方は
「そうですね。科学の発明か何かで、それが可能になれば
いいですよね~。」

私はその言葉を聞いて、実はちょっと残念に思ってしまいました。
いわゆる芸術的なことを、最後には科学で解決するなんて。
なんかもったいない、というか、味気ないというか・・・

しばらく一人で、その場所で演奏されていた生の音楽を
聴きながらぼんやりしていました。
そして、演奏を心地よく感じていると、ある考えが浮かびました。

「もしかして、私達が半覚醒状態で聴いている音楽は
まったく同じものなのではないかしら?
そして、ひょっとすると他にもたくさんの人が、
同じ音楽を聴いているのかもしれない!」

そしてまた別の考えが浮かびました。

「科学者の方は”スピリチュアルと科学は全く別の世界”だと
言っていた。そして単純にこの世界をそのふたつに分けると
考えるのなら、逆にどこかでそれを結びつけることも可能なはず。
つまりそれが”世界がひとつになる”、ということなのでは?」

そして、それはもしかすると
画家の方の話の”科学の力でなんとかする”ということに
ヒントがあるのではないか。
私はその考えを聞いたときに、ちょっと残念、味気ないと思ったし
つまらないとも思ったのですが、
もしかして、そこにこそ答えがあるのではないか、と。

つまり、世界が二つに分かれてしまっているのなら
どこかで接点が必要。
もしかしてたくさんある、その接点を結ぶもののうち
私達に聴こえていた音楽が、そのひとつであるならば、
その音楽を、全ての人に伝える作業を
科学が担ってくれるということでひとつになれるのでは
ないのだろか。

例えば、音楽をスピリチュアル、そしてそれを譜面に起こして
全ての人に伝える作業を科学だとすると、科学が作業を担うことによって
ふたつの考えが繋がり、ようやくそれは、バラバラのものから
大きなひとつの輪になるのです!

そして、そのときまたふと思い出しました。
以前から大好きだった、あの曲。
エリック・クラプトンの歌う(作ったのはベビーフェイス)
「Change the world」
最近、あるところで耳にして、やっぱりいい曲だなと
再認識しました。
そして、何故かその題名
「Change the world」が何度も何度も頭の中で
繰り返して思い出されるのでした。

そう、二つの異質の世界が、それぞれの力を分担することに
よって、”世界が変わる”のかもしれないのです。
目に見えるものと、目に見えないものの融合は可能なのです。
それぞれが今は相反して存在し、ひょっとすると互いの立場に
いる人同士が、批判しあって、否定しあっている世の中に
なってしまっているのかもしれません。

でも、こうして、それぞれの存在を受け入れること、それぞれの
特質を活かして関わり合うことによって、別れていたものが
ひとつになることができるかもしれない。

もしかすると、元々はひとつのものだったのかもしれない。
だから、こうして元に戻り、世界はまたひとつになれるかもしれない。

”世界を変える”ことができるのかもしれない。

そのことを忘れないようにしよう。
二つのものを結びつけることを、諦めないでいたい。
完全な調和を目指すことを、自分の立場で願っていたい。

そう思うと、本当にワクワクしてしまって、なんだか
遠足の前の子供のような気分になりました。

さあ、明日から、もしかすると今日から
何をしていきましょうか。
誰にでもできることがたくさんあるはずだと、私には思えてなりません。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2008-03-28 19:54 | 天使のメッセージ

輝く笑顔

セッションでたくさんの方にお会いするチャンスを
頂いていて、いつも感じることがあります。

悩んだり、苦しんだり、道に迷ったりしていて
とても辛い毎日や、漠然と不安な毎日を過ごされていて
そして何かを求めて天使のメッセージを
聞きたいと私のもとへといらしていただいています。

そんな皆さまが、肩の力が抜けて
本当に穏やかに、そして軽やかな笑顔を浮かべる瞬間。

私はいつも「カメラで撮って見せてあげたい!」
皆さまの笑顔を見ていて、本当にそう思うのです。

なんて美しくて、軽やかで、喜びに溢れているんだろう!!!

そして、そんなときの皆さまは、本当に全身から
輝きを発しています。
キラキラと輝いているのです。

それを近くで拝見できる私も、なんて幸せなんだろうって
本当に感謝の気持ちと喜びで一杯になります。

皆さまが素敵な笑顔を見せてくださるのは
今まで持ち続けていたご自分にとって不要な思いを
手放すことができたり、あるいは、今のままの自分でいいのだ
と思えたり、ご自分が無数の光の存在から守られ愛されて
いるということがわかったから、です。

私は私のままでいい!

そう思えることってなんて素晴らしいのでしょう!
それは自分自身に対しての一番の愛情表現ですよね。

だからこそ、その瞬間の皆さまの笑顔は
どんな宝石よりも、強く美しく、でも軽やかに輝いているのです。

日常のどんな瞬間でも、そのことを思い出していただければ
きっと、もう一度、あの素敵な笑顔を浮かべることができます。

「私は私のままでいい!」

なんだか、その言葉を発しただけで、こころに思い描くだけで
たくさんの天使が周りに集まってきて、一緒に喜んでいて
くれるような気がしませんか?

そして自分を思い切り抱きしめているような気がしませんか?
大切な愛おしい自分を!
[PR]
by lovingangelsnadia | 2008-03-20 20:16 | エンジェルセラピー
人は恋に落ちる。
ある日突然。

街角で、見慣れた場所で、旅先で・・・
それは本当に突然、ある意味暴力的な位に唐突に
いきなり、何の前触れも無く訪れるのです。

その人の姿や、横顔を遠くから見ていたり
あるいは近くで話しているときに気づくのです。

「あ、私この人が好き。」

本当に、恋は落ちるものなのです。
簡単に落ちてしまうのです。

そして、愛することは難しい?
だって ”人を愛する”ってことがよくわかりません。

こんなに心を開いているのに、どうして心を開いてくれないの?
こんなに世話をしているのに、どうして結婚してくれないの?
こんなに側にいるのに、どうして”愛してる”って言ってくれないの?
etc・・・

なぜ、人は人に多くを求めてしまうのでしょう。
求めれば求めるほど苦しいとわかっているのに・・・
それなのに、どうして求めてしまうの?

もしかして、愛には限りがあるって思っているから?
限りがあるものだから、与えた分はきちんと返してもらわないと!
そう思っているのかしら?

でも、愛ってそんな程度のものなのかしら?
神様は私達が”愛”そのものだって言ってた。
もちろん天使も。
そして愛は無限だって・・・

だとすると、もしかして、私が与えていたと思っていたものは
”愛”ではなかったのかな?

私たちは、自分が持っていないものを人に与えることはできない。
だから、私が与えたものが”愛”ではないとしたら、
それは一体なんだったんだろう。

そして私がもし”愛”を持っていないから、与えることが
できていないとしたら?
愛をもっていないってどういうことだろう。
私が私の世界の中心であるならば、その私が
愛を持っていないということは、
それはつまり、私が私自身を愛していないってこと?
このままのありのままの私を私が愛していないってこと?

だって、小さな頃から頑張らなくてはいけない、いい子でなければ
愛されないって思ってきた。
大きくなっても、素敵なひと、完璧な人でなければ
愛される価値がないって思ってきた。

今の私には無いもの、足りないものばかり。
ちょっとは自分のことを気に入っているけれど、やっぱりまだまだ。
落ち込んで眠れない夜だってある。

・・・ってことは、私は私をちゃんと愛していないんだ。
私は私を認めていないんだ、受け入れていないんだ。
それは愛しているとは言えないから。
だから、ちゃんと愛を人に与えることができないんだ。

だから「足りなくなる!」って思ってしまって、それが怖くて
「返してもらう」ことを考えてしまっていたんだ・・・
送ったのだから返してもらわないと、なくなってしまうって
そう思っていたんだ。

本当に愛することは難しい?

自分が持っていないものを人に与えることはできない。
だから、愛することも、逆に愛さないということも選択できなかったんだ。

本当に愛することは難しい?
愛することって認めること、受け入れること?

「私は愛したい!!!!
自分のことも、大好きな人のことも!!!全てのことを、全てのひとを!!!」

だったら、本当に愛することは難しい?

難しい、のかもしれない、でもやりたい。
そして本当は難しくないのかもしれない。
順番が違っていただけなのかもしれない。

自分を愛する前に、人を愛そうとしていたんだ。
私は私を好きになりたい、愛したい。
そして思う存分、大好きな人も愛したい。

だったら、このままの自分を受け入れてみよう。
良い子じゃないかもしれない、もっとやせなきゃいけないのかもしれない
もっと勉強しなきゃいけないのかもしれない、
でも、私はこのままの、ありのままの自分を愛したい。

私はこのままでいいんだ。
ということは、私が”愛”そのものなんだ。
だから私には、もうすでに必要なものは揃っている。
もう何も他人には要求する必要なんてないんだ。

私が望むこと。
それは私が私であり続けて、自分をもっともっと愛すること。
そして、私の愛する人が、ありのままで幸せでいてくれること。
ただそれだけなんだ。

愛する人に自由でいてほしい、笑顔でいてほしい、
飛び続けて欲しい、幸せでいてほしい。
何よりも、ありのままでいてほしい。

そして、私もありのまま、自分らしくいたい。

誰かを愛するってことは、自分を愛するってこと。
何も要求しないで、ありのままでいるということ。
そして自由ということ。
怖がらないといこと。
欲しがらないということ。
必要だから愛するんじゃない、愛するから愛するんだから。

なんて自由なんだろう!
なんて軽いんだろう!

私も、その人も、すべてが祝福されている。
そして、私は与え続ける。
私の中から枯れない泉のように湧き出る愛は、
誰からも何者からも
決して奪われないし、足りなくなることもないし、損なわれないし
尽きることがないと知っているから。
だって、愛は無限だし、私が愛そのものなのだから!

愛に気が付いたなら、日付をまたがず、
夜明けを待たずに愛を注ごう。
明日なんて待たなくていい。
今すぐ、愛を一杯、一杯送ろう。

だって私自身が愛そのものなのだから!

恋に落ちるのはとても簡単。
でも人を愛するのって難しい?

いいえ、人を愛するんじゃない、自分を愛するんだ。
そして、同じことを大好きな人に、思う存分してあげるだけなんだ。
もっともっと自分を好きになろう。
もっともっと人を愛そう。
だって、愛に終わりなんてないのだから。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2008-03-15 22:46 | エンジェルセラピー

相撲バンザイ!

正直に告白します(大げさ?)
私は最近、大相撲にハマっています。
告白するのは何故かちょっとだけ恥ずかしいです・・・

仕事を終えて、決まり手の一覧のサイトを横目で見つつ
番付表を参考にしながら、取り組みを見ている
午後5時からの約1時間が至福のときです。

今は春場所真っ最中ですが、場所が終わると
寂しくて寂しくて、早く巡業とか終わって、次の場所が
始まらないかな~と夢に見ます。

なぜ好きなのか・・・

男の人の裸や、まして豊満な体が好き・・・というわけでは
ありません。(むしろ苦手です・・・と思います、はい。)

あの空間が好きなのです。

相撲とは土俵の外に出すか、土俵の中で倒してしまえば
勝ちなのですが、ただそれだけなのに
勝負を始める前の儀式が非常に多いのです。

たちあい、と言いますが、制限時間一杯になるまで
様々な儀式が続きます。
水で口をゆすいだり、塩をまいたり、しこを踏んだり・・・

倒すか、出すかして勝ちなら、さっとやってしまえば
いいじゃないかと思うのです。
相手が塩をとろうと背中を向けた時にでも、うしろから
土俵の外に出したり、倒してしまえば勝てるじゃないですか。

それなのに、神様に勝負を奉納するので、いろいろと
儀式をするのがしきたりなんです。
ムダに見えることでも、ちゃんと時間をかけて、
ルールを守って進めているんですね。

それはつまり、その勝負の空間や
そこにいたる意識や、出発点みたいなものを
非常に大切にしているからなんです。

そして、もっとすごいのが、勝負をする二人の力士が
呼吸を合わせないと相撲が取れないってことなんです。

これはすごいと思います。
これから対戦するのに、呼吸を合わせるんですよ!
倒したい相手とまず呼吸と勝負を始めるタイミングを
合わせたりするんですよ!
相手と合わせないと勝負が始められないのです!

本来勝負の世界なら、考えられないことですよね!
しかも一対一の試合なんですから。

これは、外国の方が一番びっくりするそうです。
「なぜ対戦する相手と、合図の笛もないのに
気持ちと呼吸を合わせられるのか?」って。

それは確かに不思議でしょうね。
聞かれた日本人も答えにこまるそうです。
でも、なんとなくですが、日本人の特徴を現していると思います。

そして、昨日、私の大好きな力士が最近ずっと勝てなかった
ライバル力士に久しぶりに勝ち星を挙げました!(パチパチ)

立会い後すぐに、どどど~~~っと土俵際まで押されて、
もう無理かな?と思うほどのピンチから立ち直り、最後は
相手を寄り切って勝ちました。

私の好きな力士は、土俵際まで押されても、落ち着いて
重心を低くして、そして盛り返して勝ちました。

どんな状態でも、落ち着いて状況を良く見て、そして重心を
低くしていれば、少なくとも粘って土俵内に残れます。
そして機会を狙っていれば勝機が巡ってくるのです。

これを人生に置き換えるとするならば
落ち着いて、そしてグランディングをしっかりしていれば
また自分らしい相撲を取れるチャンスは巡ってくるということです。

確かにスピードや技が必要な時もあるでしょう。
でも、自分らしい相撲を取るためには、少なくとも
土俵から降りたり、出てしまっては元も子もないのです。
土俵から出ないでさえいれば、また自分らしい相撲を取るチャンスが
必ずやってくるのです。

どんな相撲を取るかも大切ですが、土俵から降りない、出ない
ことはもっともっと大切です。
出てしまっては相撲自体が取れないのですから・・・

人生は長丁場です。
どんな相撲を取るかは大切です。
どんな人生を選択するかということですね。
でも、土俵を降りないことはもっともっと大切。

それには、落ち着いて、重心を低くする。
自分をしっかりと持つ、根を張る、ということが大切なんだな、と
改めて思いました。
(相撲って深いなあ。。。。)
[PR]
by lovingangelsnadia | 2008-03-15 15:43 | 日常のひとこま

食事の支度

食事の支度が好きです。
ごはんを作っているときが一番気持ちが落ち着きます。
すごく料理上手というわけではないですし、
手の込んだ物を作るわけではないのですが
作っている時間がとても好きです。

食べることは毎日のことなので、食事の支度は
特別なことではありませんし、毎日のことです。
それでも、季節の行事やお祝いや集まりなど
特別な日はありますし、そのときでもやっぱり
支度をしているとワクワクと同時に落ち着きます。

どうしてなのだろうと、考えました。

そして、他にも気持ちが落ち着くものを考えて
ピックアップしてみました。

お風呂に入ること、散歩すること、洗濯をすること
掃除をすること、眠ること、本を読むこと・・・などなど。

なんだか、「自分自身のことを一生懸命やっているとき」
なのではないかと気が付きました。

食事の支度は、特別なことではありませんが、
食べるものという生きていく上で大切なことに
関わっていることです。

実は小学生の頃から家庭の事情で食事を作っていた
私は、「ごはんを作るのは面倒だな。」と
思いながら作っている時期が長くありました。
でも、あるときふと「食べないと生きていかれない。」
と気が付き、それから食事の支度を面倒だとは
思わなくなりました。

生きていくために必要なこと、重要なことを
自分なりに丁寧に大切にしている瞬間が落ち着くのは
「自分を大切にしている」瞬間なのでしょう。
だから私は、特別なものを作っていなくても
自分の体と心と相談して食事の支度をしているときが
一番落ち着くのだと思いました。

だから、自分を大切にするってことは
かなりシンプルなことなのではないか、と思います。
すごく身近で、簡単で、そして楽しいこと。
手間もかからずに、嬉しいことなのではないかな~と。
ちょっとだけ気にしてみませんか?
自分の声を聞くということを。

それは意外と複雑ではなくて、わかりやすいことから
始まっているのかもしれませんね。

(そして・・・
楽しんで作った食事が他の人にも喜んでもらえたなら
これ以上に嬉しいことはありませんよね♪♪♪)
[PR]
by lovingangelsnadia | 2008-03-06 20:23 | 日常のひとこま

今年の春の天気予報♪

いよいよ3月です!
鎌倉は今日も晴れていて、由比ガ浜上空は
霞がかかっています。
まさに春、ですね!

なんだかワクワクしませんか?053.gif

さて、先日新しい季節を迎えるにあたって
とあるマスターからメッセージをもらいました。
これを読んでくださる方、全ての方に当てはまるものだと
いうことでしたので、ご紹介させていただきます。


「今年の春、今から夏に向かう季節の中で
多くの人が”気づき”を得るでしょう。

それはこれからの人生における、非常に重要な
メッセージとなり、指針となるべきものでしょう。

”気づき”は誰にでも訪れます。
ちいさなもの、大きなものと区別する必要はありません。

そして、大切なことは、この”気づき”はとても
前向きなもので、そのことによって多くの人が
大変素晴らしい経験をしたり、思いを抱くことができるのです。

今から始まる、素晴らしい旅を楽しみましょう。

これから多くのことが、ポジティブで、そして楽しく
嬉しい方向へと変わって行きます。
楽しみましょう、味わいましょう。
そして、信じましょう、期待しましょう。」


以上がメッセージになります。

そして、天使達は

「自分にとってネガティブなもの、不快なものは
不要なものです。大掃除をして手放しましょう。」


と言ってくれました。
これはもちろん、物質的、気持ちの両方の面でと
いうことです。

私も先日、3日ほどかけて大掃除をいたしました!!!
すっきり~~~~~~っ!
こんな私でも意外と、意外なところに、
意外なものを溜め込んでいました (笑)
自分でもびっくり、でした・・・
でも、リサイクルや、ゴミに出したあとは、
「これからは何でもできるぞ!」
くらいの勢いがつきましたよ (笑)

物質的な面で、不要になったものを捨てることによって
気持ちの面でも整理ができたから、勢いが出たのだと思います。
そして捨てる品物や、それに伴う感情には
ひとつずつ「ありがとうございました」の感謝の気持ちをこめて
丁寧に整理しました。

ちょっと暖かい日に、皆さまも思い切って
大掃除をされてみてはいかがでしょうか?
今なら年末や、以前に捨てられなかったものでも
気持ちよく手放せるかもしれません。
そして、新たな旅に向かって、期待に胸をふくませましょう。

そんな私達をマスター、精霊、天使たちは、
全力で後押ししてくれています。
今年の春は、素晴らしいお天気に恵まれそうですね♪
[PR]
by lovingangelsnadia | 2008-03-01 11:31 | 天使のメッセージ