「ほっ」と。キャンペーン

ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

傷ついた心を癒す

先月は、私にとってミディアム(霊媒)としてのお仕事が
重なった月でした。

これは仕事ではないのですが、私が三歳の時に亡くなった
非常に可愛がってくれた祖母(血の繋がりはありません)
が、頻繁に私のところに訪ねてくるようになりました。
(この祖母の記事は以前ブログにアップしてあります。)

主に夜間なのですが、非常に頻繁にやってくるように
なっていました。
最初は何か言いたげにうつろな感じで、そのうちに
私の方から話しかけると、ぽつりぽつりと心情を打ち明けて
くれるようになってきました。

それは私も家族も知らないような、祖母の若い頃の話でした。
主に、傷ついたこと、不本意だったこと、残念だったこと・・・
などの心残りがある部分についての話でした。

そして幾日か経ったある晩に、祖母は私に向かって
「千鶴、身体を貸してくれないか。」
と聞いてきました。
私は即座に
「絶対にダメ。それに嫌です。それだけは聞けない。」
そう答えました。
祖母は甘えるように何度か頼んで来ましたが
それでも、そのたび私は丁寧に、しかしきっぱりと断り続けました。

祖母の話を聞いていると、どうやら若かった頃に自分では
成し遂げられなかったことを、今私の身体をかりることによって、
もう一度体験したい、やり直したいと思っているようでした。

祖母は明らかに自分の人生を悔やんでおり、そのために
傷ついていて、だから天国へと行かれないのです。
自らの執着で、この世とあの世の間のような場所に
とどまることを選択してしまっているのでした。

あまり私の記憶には残ってはいない祖母ですが、家族から
私は溺愛されていたと聞かされて育ちましたし、
こうして大人になって、とても普通とは言えないかたちなの
でしょうが、毎晩のように祖母と対話するようになって
私の中には祖母に対する深い愛情と同情と共感の思いが
育まれていました。

そして一人の女性として、祖母の後悔、無念さは
本当によくわかります。
私の身体を(例え誰であろうとも)貸すことなどはできませんが
要求してきた彼女の気持ちも痛いほど伝わってきます。

私にできることは、自分の仕事で行っていることを
祖母に対しても、愛情と忍耐を持ってやっていくことでは
ないのかと考えました。

普段、稀に除霊のようなことをするときもそうなのですが
私は大天使と協力して、辛抱強く、その霊魂と対話します。
つまりネゴシエーション(交渉)をするのです。

それには強い信念と、深い愛情と、忍耐が必要です。
すぐに結果が出るとは限らないからです。
傷ついた心を癒すということは、そういうことだからです。

肉体を持っているか否かということは、ほんの現象に
過ぎず、人間の魂、精神、心というものは不滅で不変で
あると考えています。
ですから、私が仕事で行っているヒーリングというものを
亡くなった人に対しても同じようにできるのでは
そう考えました。

祖母とは何度も何度も対話しました。
根気強く、丁寧に、愛情を持って、何度も何度も。

祖母は祖母なりに頑張って生きてきたこと、何も間違っては
いないこと、もう休んでいいのだということ、
たくさんの人に愛されていること、
自分で自分を癒せるのだということ。

最初は聞く耳を持たない感じのときもありましたが
続けるうちに、本当に穏やかな顔になりました。
途中からは、まるで子供のように素直でした。

そして最後の晩のこと。
祖母はとても若々しい姿で、非常に穏やかな顔で
いつものように着物を着て、私の実家のいつもの場所に
座っていました。
何も言いませんでしたが、私には祖母が完全に癒されて
納得して旅立つ準備ができたことがわかりました。

そして最後に私の2匹の猫達に、愛おしそうに頬ずりして
満足げに消えていきました。
私の猫達も全く怖がる様子もなく、むしろ喜んでいました。

これからはいつも座っていた実家のある場所に
彼女が悲しげに座ることもないでしょう。
祖母は亡くなってから約40年かかって、天国へと
安らぎの場所へと旅立ちました。

そしてこのことは、私の家族の気持ちも癒してくれました。
実の息子のように可愛がられていた私の父は
祖母がようやく天国に行ったことで安心しました。
私自身も、忙しい両親に代り、我が孫のように育ててくれた
祖母に対して少しは恩返しができたようで、本当に嬉しかったです。

傷ついた心を癒すということに、あの世とかこの世とか
そういうことは全く関係ないのだと知りました。
そして、どちらかを癒せば、片方も癒されるのです。
つまり、亡くなった祖母が癒されることによって
こちら側にいる私たち家族も癒されました。
関わった全てが、瞬間にして癒されるのです。

それが癒しの持つ力であり、愛の本当の姿なのでしょう。

祖母の癒しは、祖母が自分自身を受け入れる、そして
過去の全てと自分自身を許すことで起こりました。
祖母は不器用で、でもとても愛を求めている普通の
かわいい女性でした。
それはもしかすると私だけが知っていることなのかもしれません。
私はこの祖母が本当に大好きです。

そして天国へと旅立った今も、いつも私の心の中にいて
暖かい思いを注いでくれています。
私も祖母にたくさんの愛を教えてもらいました。
祖母は、癒しの力、愛の本当の姿というものを
私たちに示してくれたのです。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2008-07-22 11:53 | エンジェルセラピー
7・16に六本木クールトレインで行いました
ワークショップのご報告です!
遅くなりました~~~

当日はお暑い中、満員のお客さまに
お集まり頂き、本当に本当にありがとうございました。

初めてお会いする方、いつもご参加してくださる方、
そして久しぶりの懐かしいお顔もちらほら・・・
皆で一緒のものを創り上げた、貴重な時間でした。

まずは素敵なジャズの演奏から始まりました。
皆さんのおしゃべりも徐々に止んでいきました。
素晴らしい音楽が、私たちを違う場所へと連れて行ってくれます。
すこしずつ、日常を忘れて行く瞬間です。

そしてその後は、即興演奏といけばなの実演です。
3メートル少しあるバーカウンターが、巨大なお花器に変身です。
雲竜柳という、大きくて変わった形の枝を、まるで
生きた剣山のように使って、様々な季節の花を挿していきます。
そして、それに合わせるかのように、ときにはリードするかの
ように即興演奏が続きます。

皆しんと静まり返り、耳や目だけでなく、体全体、感覚全体で
この音楽と花との共演を受け止めてくださいました。

このパフォーマンスの後は、しばらく休憩を入れたのですが
ジャズバーがまるで美術館のような空気に包まれました。
花の前に集う皆さんが、絵画をご覧になるように見入っていました。
音楽と花の余韻が、そこここに漂っていて、素晴らしい時間でした。

そして、その後は私のワークです。
テーマは「瞑想」
でも、今回お集まりの皆さまは、もうすでにそれぞれの
かたちで”到達”していらっしゃるのがわかったので
後はそれを形にする作業を私がお手伝いすればいいだけでした。

それが今回の大きな目的です。
つまり、素晴らしい芸術は、私たちを高みへと自然に連れて行って
くれるのです。

私は今回レジュメを作成させていただきました。
限られた時間内で、効率的に、そして論理的に、体系的に
瞑想というものを、お伝えしたかったからです。
今後もぜひ、生活の中でご活用していただければと願っております。

そして・・・
最後に個人的に(ごめんなさい!)とても嬉しいサプライズがありました!
前日誕生日を迎えた私に、ケーキとバースディソングのプレゼント
をいただいたのです!!!
私も女の子ですから(苦笑)、やっぱりこういうサプライズは感動します。

突然ピアノの南野さんが演奏を始め、ベースの草平さんが
バースディソングを歌いだし、お店のプロデューサーの美奈子さんが
ケーキを持って登場しました。
お集まりの皆さまにも合唱していただき、特別な誕生日となりました。
本当に本当にありがとうございました!!!(感涙)

そして今後のお知らせです。
私たち主催者も、リハーサルの時点から興奮していましたし、
また今後やりたいと思うようなものも出てきました。
いい意味で、私もまだまだ満足してはいません。
この仲間と一緒に、ぜひまた新しい可能性を探っていき、
それを皆さまの前で表現していきたいと思っています。

音楽、いけばな、スピリチュアル・・・
この合体は、私が最初に想像していたよりも、もっともっと
たくさんの素晴らしい可能性と、夢を与えてくれそうです。

今回は、音楽家、華道家、そして私が、それぞれの分野で
しっかりと仕事をすることができました。
それも、ご参加くださったお客さま、お一人お一人の素晴らしい感受性と
暖かいお気持ちがあったからこそ、と心から感謝しております。

そして、クールトレインのスタッフの皆さんも、私のわがままを聞いてくれて、
快適な空間を提供してくださいました。
クールトレインの力は大きかったです。
プロデューサーの美奈子さん、店長の田中さん、
本当にありがとうございました!!!

そして、ピアノの南野陽征さん、ベースの斎藤草平さん、
華道家の喜生さん。
それぞれが素晴らしい感性と、そしてそれに負けない人間としての
魅力をお持ちの方ばかりで、そんなお三方とご一緒できましたことを
心からラッキーだと思いますし、深く感謝しています。
このメンバーだからこそ、私は安心して自分の仕事に集中できました。

ご参加頂きました皆さま、そしてお店のスタッフの皆さん、
ご一緒に共演させて頂いた皆さん、関わった全ての方々に
心からの愛と感謝をお送りします。

I love you allemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif

そして、実は大変好評でしたので、なんと!
早速第2回の企画が鋭意進行中です。

次回は場所をガラッと変えまして、鎌倉の海の見えるお店で、
テーマと内容を変え、同じメンバーで9月にお送りする予定です。

今後とも、このワークショップに関しては、私も情熱を
注いでいきたいと思っています。
そして、なにより皆さまに満足していただけるよう
内容的に充実させるべく、私自身の感性も含めて、
人間としても精進をしていきたいと思っています。

ぜひぜひ、ご参加くださいね!

ありがとうございました。

千鶴
[PR]
by lovingangelsnadia | 2008-07-19 12:18 | イベント
暑い毎日が続きますが、皆様お元気ですか?

さてさて!!!
いよいよ明日、六本木にてワークショップを開催いたします。
お陰さまで無事、定員に達しましたので先日締め切らせて
いただきました。皆様お申し込み本当にありがとうございました!

定員になりましたが、会場の中は比較的余裕を持って
セッティングしてございますので、ゆったりとお過ごし頂ける
ことと思いますので、どうぞご安心くださいね。

私もここ数日は準備に追われておりますが、それもまた
非常に楽しくて自分でもびっくり!です。

新しい試みにご参加頂ける皆様と、素晴らしい時間を
そして何よりハッピーな気持ちを共有できますことを
今からワクワク!!!しながら楽しみにしております♪♪♪

そして残念ながら、諸事情で今回はご参加頂けないと
ご連絡くださった皆様。
ワークショップの模様は、なるべく早くブログ上にアップして
お伝えする予定です。
ぜひ楽しみになさっていてくださいね!
そして次回はぜひぜ~ひ、ご参加ください!

ご参加予定の方!
明日六本木でお会いしましょう!!!

皆さまにたくさんの天使をお送りします。

千鶴
[PR]
by lovingangelsnadia | 2008-07-15 09:25 | イベント
前回の記事は「役割を見つけよう」でしたが、
今回は全く逆のことを提案したいと思います。

「役割を捨てましょう!」です。
えぇ????
全然話が違うじゃん!ってびっくりされるでしょうが、
役割を捨てることで大きな変化を起こすことができると
いうことをお伝えしたいと思います。

私が前回の記事で書かせていただいたのは
自分で自分のやりたい(好きな)役割を見つけてみましょう!
というものでした。

それがどんな役割であれ、自分自身に喜びが感じられるなら
それがあなた自身であるということなのです・・・
そういう内容でした。

人は生まれながらに、あるいは生きているうちに徐々に
加わっていくものもふくめて、何らかの役割を担っています。
長男、長女、嫁、母親、父親、○○さんの奥さん、
○○ちゃんのママ、○○会社の社員、○○の卒業生etc・・・

これらはどれもわかりやすいものですが、この他にも
いわゆる”世間体”のようなもので、自ら課している
役割も実はたくさんあります。

例えば
「この年齢になったら、○○をしなければいけない。」
これもそうですよね。

この他にも、
自分は上手くいっていない夫婦の間に生まれたので
恋愛ができない、結婚に希望が持てない、とか、
前に大きな失恋をしたので、もう怖くて恋愛ができない、とか
親に虐待されて育ったので、自分も同じ事をするのではないか、とか
そういったことです。

これらは全て、何らかのドラマの筋書きだと考えられないでしょうか。

「幸せな家庭に育った=幸せな恋愛、結婚」ができる
それも当然あることでしょう。
人間は育った環境、中でも両親の影響を強く受けますから
両親の人生をなぞるように、自分の人生も決まっていくと
考えてしまうのも当然かもしれません。

でも、どんな人の子供として産まれようとも、あなた自身の意思に
勝るものは何もないのです。
もしあなたが、「不幸な家庭の出身=不幸な人生、恋愛」を
予想していたとしたら、それは、その「不幸な家庭=不幸な人生、恋愛」
という筋書きのドラマの登場人物になりきっているに他なりません。
それがあなたの「意思」になってしまっているのです。

人は知らない間に、こういったドラマの登場人物を
演じさせられているのです。
それが例え自分の本心、希望とはかけ離れていても、それは
「仕方ないことだ」と、どこかで諦めてしまっているだけなのです。

元のドラマがあまりに影響力が大きいために、新しい自分だけの
自分の望むドラマを作り上げていくことが大変困難に思えるし、
それどころか不可能だと思わされているからでしょう。

しかし、人間は、そのドラマの主人公は他ならない自分自身で
あるのだということ、そしてそのドラマ自体は自分自身で描き
創り上げていくものだということに気が付くことで、初めて自分の
人生を生き始めることができるのです。

あなたが今いる場所で、いまある他者との関係で
あなたは無理をしていませんか?
我慢をしていませんか?
嫌な役割を仕方ないと諦めて続けてはいませんか?
それが本当のあなたの望んだことでしょうか?
あなたの望む人生のシナリオでしょうか?

私達は誰もが、自分の望むドラマの主人公になれるのです!!!
それにはまず、今あるドラマで、あなたが演じたくはない役割から
卒業しましょう。
ドラマを抜け出すのです。

もちろんいきなり仕事を辞めたり、恋人と別れたり
離婚したりすることもありません。
すぐに行動を起こさなくても、
「もしかして私は仕方ないと思い、やりたくない役割を
していたのかも?」と、自分の本心と、そして今いる
状況とを照らしてみて、考えることから始めればいいのです。
そして本当のあなたにふさわしいドラマを創っていきましょう!
それが、私達全員の持って生まれた人生の目的です。

前回の記事と合わせてまとめると、
やりたい役割、喜びを見出せる役割を見つけて、
ふさわしくない役割を卒業しましょう!
そうお伝えしたいと思います。
そして・・・
大丈夫です。
どんなときにも、私達は天使に守られています。
そんな私達を守って、そしてメッセージを送ってくれています。
見捨てられることなどありません。

そして、もしかすると、まるで地上の天使のように
あなたのことを愛し、支える誰かが側にいてくれるでしょう。

だから、どうぞ安心してください。そして
自分をしっかり見つめて、自分自身にふさわしいことをみつけましょう。
みつけたなら、不要なものは解放しましょう。
そして、喜びと愛を見出し、それを周囲にふりまきましょう。
私達はそのために生まれてきたのです。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2008-07-12 16:57 | 天使のメッセージ

役割を見つけよう!

ムシムシとした毎日ですが、皆さまバテていませんか?
私は・・・実は先日までちょっとだけバテ気味でした(汗)
さすがに私も人間ですから(笑)、ペースが落ちるときもあります。
そういう時は、雨の日の猫のように、じっとうずくまって
天気に合わせるかのように、しっとりと過ごしています。

私達が元気な時って、どんなときでしょうか。
それはきっと、やりたいことをやっていて、自信に満ち溢れているとき、
目標があって前向きに頑張っているとき、そして
人から必要とされているときもそうですよね。

逆に元気や自信がなくなってしまうのはどんなときでしょう。
何をしていいかわからないとき、頑張ってもうまくいかないとき、
誰からも愛されてないし、必要とされてないと思っているとき・・・

こう考えてみると、私達が自分を見失ってしまうときには
あるひとつのパターンがあるような気がします。
例えばそれは、自分の居場所がないと感じたり、自分には
能力がないと感じたり、人との関わりが充分ではないと
感じてしまうときのようです。

さて、それでは、ここから抜け出すのにはどうしたらいいのでしょう?
う~~ん、これは大問題です!
で、ここで提案です。

何かの役割を見つけてみませんか?

それは自分を縛るものではなくて、自分を高める、活かしてくれる
そんな役割です。
もちろん嫌々ではなくて、そのことによって喜びを感じるものでなければ
意味がありません。

逆に言えば、喜びに繋がるのであれば、お金にならなくても
カタチにならなくても全然構わないのです。
人に説明する必要もありませんし、社会的に何かの立場として
表明したりする必要もありません。

とにかく、自分の中で役割を見つけるのです。

例えば、あなたのお庭の花がとても綺麗に咲いていて、それを
美しく保つことが、あなたの喜びだとします。
もしかして、誰も見てはくれてないかもしれません。
でも、そんなことは関係ありません。

あなたには、その美しいお庭を大切にするという
神聖な役割があるのです。
そして、そのことがあなたの喜びなのです。

例えば、エンジェルカードを引くことが喜びかもしれません。
誰にカードを見せてあげることがないとしても、
そしてそれが仕事になってはいないとしても、あなたを癒し
慰めてくれるカードとの対話が、あなたにとっての大切な役割なのです。

例えば、誰かを励まそう、そう思うことかもしれません。
世間に向かって、それを宣言しなくても、相手にそう言わなくても
あなたの暖かい笑顔が、きっと誰かを癒すのです。
あなたの真心の言葉が、きっと誰かの力になるのです!

ちょっとしたことで、生活の一瞬一瞬が、まるで宝石のように
輝き始めるのです。
そして、大切なこと。
それを全て、あなたは自分自身の力で行うことができるのです。
さらに素晴らしいことに、そんな輝きを身に付け始めたあなたには
きっと多くのパワーがあり、たくさんの人を癒せるようになるのです。

私達はつながっています。
皆、何かを持っていて、何かの役割を果たすことができるのです。
自分を癒し、人を癒すことができるのです。

肩書きやステイタス、それだけではない、自分自身の役割を
見つけましょう。
まるで、誕生日のように、どの人にも、皆にひとつずつ
その人にしか出来ない役割があると思います。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2008-07-09 20:15 | 天使のメッセージ