ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

勇気と自尊心

誰でもひとつくらいは、苦境に立たされた時に
人から助けられた思い出があるはずです。

もう無理だ、ダメだ、と追い詰められた時に
誰かの手が差し伸べられると、本当に救われた
思いがするものです。

私は数年前、一番苦しい状態の中でそれを
体験しました。
身内にさえ見捨てられ、その夜泊まる場所さえなく
一人車で行く宛てもない失意のまま、さ迷っていたとき、
全く見ず知らずの人に救われました。
とある公的機関の方でした。

その人が私に何も聞かずに、自分のところに
来るように、何も心配はいらないと、傷つき一人ぼっちに
なってしまった私に声をかけてくれたことは
生涯忘れることはできないでしょう。

夏の初めの朝のことでしたが、着の身着のままで
飛び出して来た私の軽装を見て、たった一言
「寒くないですか?」と聞いてくれたことが
その時の私には暖かい食事よりも、身体に
染み渡りました。

そして、そのすぐ後に、その方から紹介された
ある女性ソーシャルワーカーのお二人も
本当に素晴らしい方たちでした。

身体も心も傷ついた私に対して、彼女たちは
「あなたにはやるべき仕事がある。
あなたは立派に自立した人間なんですよ。」
と言ってくれました。
何もかも失くしたと思っていた私に
忘れかけていた自尊心を思い出させてくれたのです。

私は苦境に立たされた時に、地上の天使に救われたのでした。
天使は地上にも存在します。
日常に奇跡は起こっているのです。

そして、今、平和な毎日を送るようになった私は
かつて自分がしてもらったように、誰かに対して
見返りを期待することなく手を差し伸べることができて
いるのかと時折、自分に問いかけています。

私たち人間が、人に対して手を差し伸べることを躊躇する時、
それは他ならない、何かに対して恐怖を感じているから
ということが原因でしょう。

手を貸したら、もっと要求されるのではないか、
自分の立場が危うくなるのではないか、
周りから変な人だと思われてしまうのではないか、などです。

私をかつて救ってくれた方々は、皆さんが自分の
仕事に誇りを持ち、自立した人でした。
彼、彼女には確固たる自信が感じられました。
だからこそ仕事としての枠を超えて、
私を励ますことができたのでしょう。

それができるのは、つまり人に対して、どんなに尽くしても
何かを奪われるかもしれない、などとは心配しない程
強い信念と自尊心が彼、彼女らにはあるからです。
人の役に立つことをしたいし、手を差し伸べることが
当たり前だと考えているのでしょう。
それが私に、規則を越えて手を差し伸べる勇気に繋がったのです。

マザー・テレサも、とても自尊心の強い信念の人でした。
おそらく、ダライ・ラマも同じでしょう。

無私無欲で人に対して尽くすためには
確固たる信念がなければできません。
山をも動かす信念です。

しかし、それはゆるぎない自尊心から来るものです。
自分を見失っていたり、自分の感情の中心が常に
他者へ依存している場合には、そのような
強い信念が生まれることは難しいでしょう。
与えるためには、与えるものがなければなりません。
愛とは、自分の内側から生まれてくるものだからです。

健全な自尊心は、身体の中心から人を支えます。
それは自分自身に対する愛です。だからこそ、それは
他者への惜しみない愛情を注ぐ基盤になるのです。

そして自尊心とは、決して他者との単純な比較や
一時的な満足感、物質的な優位から来るものではありません。
それは私たちが神聖なものとのつながりを
感じるとき、信じるとき、信じている自分を
信じることができたときに確立されるものです。

私たちの内側から湧きあがったものは
私たち自らが、すすんで手放そうとしない限り、
どこにも行かず、誰にも奪われることはないのです。

もし、私たちが人に対して優しくできないとき、
わかっていても手を差し伸べられないとき、
そんな時は、私たちが自分自身への愛情を失っている
のだと言えるのではないでしょうか。

でも、思い出してください。
私たちが内側から手に入れたものは、私たちが
それを望まない限り、決して誰かに
譲り渡してしまえるようなものではありません。
しっかりとそれを手にしたとき、それは私たちの中心に
ゆるぎない形で存在しています。

それは神聖なものとの絆であり、
自分自身との絆でもあると思うのです。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2008-08-28 17:46 | エンジェルセラピー

私だけの・・・?

新しい素敵なものを見つけました。
たぶんとっても素敵なもの。

でも、それはまるで生まれたての赤ちゃんのようで
顔つきもはっきりしていないし、将来どんな姿に
なるのかも今はまだわかりません。

それにどんなふうに私の人生に関わってくるのかも
どんなかたちになっていくのかも、
今は全くわかりません。

ただ、私の中には、漠然としてはいますが
とてもキラキラと輝いているのです。

夢の中で、それを抱きしめながら列車に乗っている
自分の姿を見つけました。
一生懸命それを抱きしめている私がいました。

とても興味深いし、もっと知りたい、もっと近づきたい・・・
そう思っても、やっぱりちょっと怖い。

何だって初めはそうなんだろうな。
だから面白いし、やりがいがあるし、わくわくするんでしょう。
でも、すご~くドキドキするっ!

きっとそれは私だけの宝物。
それをいつか自分と関わる大切な人たちと共有したい。
それを夢見ています。

今年は、私にとって、そんなギフトを二つも見つけた
記念すべき一年になりました。
ひとつは、もうすでにこれをご覧の皆さまとも
共有することができました!!!!
感謝です。
(それは何でしょう。ふふふ。クイズみたい♪)

私たちは皆、惰性で生活することに慣れていて、
思考も惰性で動いてしまっていることが多いのです。
だから、人間は変化が苦手。

新しいことが怖いのは仕方ないのかもしれませんね。

でも、シャーリー・マクレーンが「アウト・オン・ア・リム」
で書いていたように、
”果実は崖のギリギリのところになっているから
危険を冒して取らなければならない”のでしょう。

大胆な発想と行動力は大切ですね。
でも、ちゃんともう一人の自分が、自分を観察するように
冷静に見つめていることもまた、変化の時には
大切なんだな、と強く感じています。

崖のギリギリのところになっている果実を取るために
危険を冒すからといって、わざわざ落ちる必要はないわけです。
(時には、落ちてしまうこともあるかもしれませんね。でも
その時は頑張って、また登ってくればいいわけです。)

未知のものはワクワクするけど、怖い。
だけど、ちょっとだけ手を伸ばしてつかんでみたい。
そうしてみたいから。

そしてもし、自分にとって「違っていた」と感じたなら
その時は潔く撤収してこよう。
そしてまた、新たな未知のものを探していこう。

平気、平気!
チャンスはいくらでもある。
時間はたっぷりある。
私はひとりではない。
心にわいてくる暖かい何かを大切にしながら
前を向いて行きましょう♪
[PR]
by lovingangelsnadia | 2008-08-24 18:05 | エンジェルセラピー

魔法の言葉

今回は”シンクロ”と”出会い”のお話を・・・☆

数週間前から、とても気になっている言葉がありました。
それは
「Magic」です。
エンジェルカードにももちろん何度も出てくるし、
私の中のガイダンスでも何度も何度も繰り返し登場する言葉。
「Magic」

でも私にはそれが具体的に何を指すのかが
さっぱりわかりませんでした。
焦っても意味がないことはわかっているので
「そのうちに降りてくるだろう。」と
待っていることにしていました。

ガイダンスを受け取るには、神聖なタイミングを
忍耐強く待つこともまた、とても重要なのです。

待っている間に、またインスピレーションが湧いて来ました。

「Magic」
それは短くてシンプルで素敵なこと・・・

う~~~ん、なんなんだ????
当たり前のことではあるのですが、考えても考えても
全く思いつきません。
そして結局は、やっぱり「待っていよう。」という
結論に落ち着くのでした。

そしてつい最近、某所でとある発言を耳にしました。
ちょっと用を足している私の背後で、ある方が
「おい、ハワイってすごいぞ!」
仲間内の会話の中での発言ですが、
そう言っているのが聞こえました。

その方は、普段は常に酔っていて(笑)
まともな会話が不可能なファンキーな人なので
まじめにハワイの良さを語っていることに私は
関心を持ちました。
「へえ~、ハワイねえ。。。」

そして、その翌々日。
本当に突然思い出し連絡をして、突然再会することになった
ある方がいました。
彼女は病気を患っていたので、私は会うことになるなら
絶対に本をプレゼントしたい!と何故か強く思っていて
ある本を用意しておりました。

でも、プレゼントした私に対して、彼女からも
本を貸してくれることになりました。
「自分が読み古しているので、プレゼントはできないのですが・・・」
ということでした。
でも本好きの私は、非常にあり難くお借りすることにしました。

その夜の私は、ちょっと悶々としている気分もあったので、
なんとなく帰りのバスの中で気分を変えるべく読んでみようと思い、
お借りした本のページを繰っていました。

そこに書いてあったのは・・・

『人生を変える魔法の言葉がある。
それは
「I love you. Thank you. Please forgive me. I'm sorry.」』

というものでした。

「ふう~~~ん。」と、その時の私は漠然としたものを感じ取っていた
だけでした。

帰宅して、昨年に受け取ったメールを、偶然に見ることがありました。
そこに書いてあったのは
「Thank you. I love you.」でした。
私はここ最近、こんな素敵なメールを受け取っていたことを
忘れかけていたのです。
そのメールに込められた暖かなものを改めて感じていると、
先ほど借りて読み始めた本と
そして数週間前から受け取っていたガイダンス、そして
様々なシンクロが、ようやく繋がったのです!!!

短くて、シンプルな魔法の言葉。

それは

愛しています I love you.
ありがとう Thank you.
どうぞ私を許してください Please forgive me.
ごめんなさい I'm sorry.


これだったんだ!!!
こんなに美しくて、シンプルで、真実の言葉ってあるのでしょうか。
まさにこれぞ Magic!!!
それも素敵な、身近な魔法です。

そして、この本の中に書いてある様々な奇跡も私の心を
捕らえました。
素晴らしい本に久しぶりに巡り会ったことを、心から感謝しています。

そして、私自身が、素敵な奇跡の中で生きてこられたことを
感じることができました。
たくさんの愛と感謝の中で、私は毎日生活しているのです。
そんなことを思い出させてくれる本でした。

皆さまもぜひ、よかったら書店で手にとってご覧になってみて
ください。毎日本ばかり読んでいる、本の虫の千鶴ですが
その私の久しぶりのお勧めです。

ジョー・ヴィターリ著
「あなたを成功と富と健康に導くハワイの秘法
ゼロ・リミッツ」
(となりの枠→の”ライフログ”から検索できます。)


皆さまに理解を超えた平穏を・・・
そしてたくさんのシンクロと奇跡が降り注ぎますように!
[PR]
by lovingangelsnadia | 2008-08-19 16:38 | エンジェルセラピー

夏の夕暮れ

お盆休みも終わり、明日からお仕事という方も
多いかと思います。

皆さまにとって、この夏はどんな夏でしたか?

私のブログは、先月からずっと更新していないのにも
関わらず、毎日訪れてくださる方がいらっしゃって
本当に感激です。

できるだけ、新しい記事をアップして行きたいと
思っていますので、これからもよろしくお願いします。

先日、夕方に近所を買い物がてら散歩してみました。
私は散歩が大好きです!

家から少し離れたドラッグストアの前に走っている
バス通りの裏の道には、まだ田んぼや、畑が残っていて
農業をしている方がいらっしゃいます。

鎌倉には、まだ専業の農家の方が多いそうですよ。

畑の向こうには鎌倉山が見えて、その脇を縫うように
モノレールが走っています。

ナスやきゅうり、そしてトマトがたわわに実っています。
あぜみちも残されていて、ゆっくりと水が流れています。

農家の軒先の老犬が、のんびりと寝ていて、
その隣では、涼しくなったから遊びに出てきたであろう
小さな子供とお父さんが、虫取りをしていました。

道の先を見てみると、夕日に照らされて真っ赤な
富士山がくっきりと浮かんでいました。

東京で育った私にとっては、富士山はすごく小さくて
一年に何回かラッキーだったら、学校の屋上から
見ることが出来る存在でした。

鎌倉に越してきて、最初に驚いたのが、富士山の
その大きさでした。
明らかに私の見慣れていた富士山の5倍は大きい!(笑)

虫取りをしている親子を横目で見ながら、
夕焼け色の大きな富士山に向かって
あぜ道を歩いていると、なんだかとても懐かしい気持ちに
なりました。

私にとって夏の夕暮れの情景は、なぜだか
とても懐かしい匂いがします。

きっとこんな田舎の風景の中で、過ごした過去生が
私にはあるのでしょう。
そして、それはとても幸せな思い出なんでしょうね。


9月16日(火)鎌倉にてワークショップを開催します!!!
詳細は近日ブログにアップ予定です。
ぜひチェックしてくださいね♪

[PR]
by lovingangelsnadia | 2008-08-17 22:49 | 日常のひとこま