ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

スピリチュアルな世界へ入っていくということは
単に「見えない存在」と対話するということだけではありません。

「人間とはなにか」「生きるとはどういうことか」
そこに関わらずにこの世界を通り抜けることはできません。
そして「生きるとは?」という問いかけの裏には、必ず
「死ぬとは?」という疑問がついてきます。
その二つはコインの表裏のようにセットになっているのです。

私たちが多くの光の存在とともに(意識していようといまいと)
人生という旅を送っているのなら、
そこには必ず理由や目的があるわけで
彼らが私達を守護してくれているのも、ただ漠然とではなくて
明らかな意味があるのです。

このテーマはあまりにも深遠で、今の私には全体像のうちの
ほんの隅っこの切れはしのような部分しかわかっていないのかも
しれませんが、それでも確実に感じることがあります。

光の存在が私達を取り巻いてくれているのは
私たちがそれぞれに「生きるとは?」「魂とは?」
の答えを見つけるために、サポートしてくれるためだと思うのです。

そして、それは私たちそれぞれが、
たったひとつのかけがえのない存在だから、なのです。
たったひとつの魂、たったひとつの命だからなのです。

スピリチュアルな知識や経験が増えることによって
意識がどんどん変化していくのがわかります。

「生」と「死」がワンセットならば、そこには実は境界線はなくて
意識の違いがあるだけ。
「死」も「生」の一部であるし、お互いに一つのものだということです。
だからむやみに「死」を恐れたり、忌々しい、日常とは離れたものだとは
思わなくなってくるのです。

つまり「生きる」ということ自体、自分が存在しているということ自体を
大きな視野でとらえることができる、ということです。

先日、私の友人が天国へ行きました。
自分で決めて、誰にも言わずに旅立ってしまいました。

私はその少し前に、久しぶりに彼女から「会おうよ」と
誘いのメールをもらいましたが、忙しさから断ってしまいました。
でも、いつもとあまりに調子が違っていたことが気になっていました。

彼女のご家族からのその知らせに、私は驚くことはありませんでした。
なんとなくですが、そういうこともあるかもしれない、と
どこかでわかっていたのかもしれません。

でも何よりも、以前の私とは「死生観」が変わっているので
とても穏やかに受け止められたのかもしれません。
彼女は肉体から抜け出ただけで、意識として、魂としての存在で
あることには変わりはなく、彼女の存在はなくならないと知っているからです。

ただ、一人の人間としての私は、本当に悲しいです。
涙が次から次へと溢れて来て、ただただ悲しいです。
本当に悲しい。

あの時「会っていれば、もしかして?」と自分を責めるような気持にもなりますが
後悔でも、懺悔でもなく、それよりもっともっと、ただ悲しいです。

いつからか彼女は、まるでカウントダウンするみたいに
自分で期限を決めていたのでしょうから、私が会ったところで
それを変更することはなかったとわかります。
明らかにいつもと違った態度は、お別れを言いたかっただけだからです。
気持は決まっていたのです。

そして、そんなことを考える私に
「いいんだよ、千鶴さん」
と、いつものように遠慮がちな微笑みの彼女が浮かびます。

「いいんだよ」

私から見える彼女が、穏やかで落ち着いていることが
残された人々の救いになっています。
それは彼女が最後に残してくれた愛情なのです。

彼女の存在は形を変えているだけです。
でも、それはどんな風に変わったんでしょうか。

いつも亡くなった方とコンタクトを取ると、その方達の「感情」が
なんとなくオブラートに包まれたように感じることがあります。
言いたいことや、やり残したことがたくさんある霊体でさえ
その感情にまるで直接触れることはできないかのように
彼らの生々しい感情は、どこか別の世界のもののように感じます。

言葉で説明するのは難しいのですが
「熱がない」と表現するのが一番適切かもしれません。
もちろん、執着などで、思いが強い霊体はいらっしゃいますが
私自身の経験として、そしてポリシーとして、そのように
彼らの感情的な部分とは接するようにしていますし
事実そのようにどこか遠くのもののように感じることができるのです。

もしかすると、そこが
生きている、肉体がある、ということと、それがないことの
感覚として受け取る「差」なのではないかと思っています。

だから、今、私がただただ悲しくて涙があふれてくるのは
生きている私には「熱」があるからだと言えるのです。
それは、生命体としての「エネルギー」とも言えるし
感情の「強さ」とも言えるかもしれません。

私は生きているのです。
だから本当に本当に悲しい。
失ったとか、消えたとか、そんなことだけではないのです。
私にはまだ「感情」の力としての「熱」があるから
だから泣いているのです。
それが生きている、ということなのだと。

繊細で傷つきやすくて、音楽と天使が大好きだった彼女に
私が今言えることは
「私はまだまだ、自分の”熱”に従ってここにいてみるね」

彼女と私はやり方もプロセスも違う魂です。
でも、きっと目指すところは同じはずです。
それは誰もが同じなのです。

私はしばらくの間は、彼女の知り合いの多くの人とともに
悲しみから何度も泣くでしょう。
でも、そのことは私が生きているからなのだと私は思うのです。
そしてそのことを教えてくれた彼女に感謝を伝えたいと思います。

たったひとつの魂、たったひとつの命は
私達に与えられた、長い長い永遠のプロセスであり、結果であり
そして偉大な贈り物なのだと思います。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2009-07-29 12:09 | エンジェルセラピー

ハイヤーセルフとの対話

ハイヤーセルフ(高次の自己)と対話してみましょう。

まずアファメーションをしてください。
「私は私のハイヤーセルフとつながります」
確信を持ってしっかりと宣言しましょう。

そして瞑想から始めてください。
呼吸に集中して、眠らないように、でもとても気持ちの良い
状態になるまで続けてください。

まるで体と外の世界の境がなくなり、全体と一つになったような
感覚になれれば最高です。

そしてハイヤーセルフに質問してみましょう。

最初はあらかじめ質問をいくつか(少なめが良いです)を
用意しておくのがお勧めです。

ハイヤーセルフとエゴの違いを何点かご説明します。

『ハイヤーセルフ』
自分自身の声で聞こえる
威厳があり、落ち着いている

はっきりとした内容
著しく誰かの不利益になったり、
逆に特定の個人の利益だけに集中したりしない
特定の結果に固執していない
提示してくれた内容が、
今現在の現実に起こっていないことだとしても、
聞いていて納得できたり安心したり腑に落ちる
すっと出てくる答え


『エゴ』
切羽詰まって落ち着かない感じ
押し付けてくるような雰囲気

一方的な物言い
独善的な内容
恐怖や猜疑心をあおったり、
それらのネガティブな感情に基づくような内容
もやもやした感じが残る
しぼり出すように出てくる答え


私たちが高次の自己に巡り合うことは、本当は
難しいことではありません。
ただ、なにがそれを遮っているかと言えば、
他ならない私たちが日常の生活や降りかかる様々な出来事に
感情を揺さぶられてしまい、そこの渦から抜け出て
平穏で明晰な状態になることを忘れてしまっているからです。

自分の持つ本当の力を自分の人生で役立てるには
まず明晰さが必要です。
その明晰さを手に入れるには、心が落ち着いて平穏でなければ
不可能です。

まず心を落ち着けましょう。
そのためには、心に栄養を与える意味で
瞑想を習慣になさることをお勧めします。

例え5分でも10分でも、瞑想を続けていくことによって
あなたは本当の自分自身に出会うことができます。
その時、本物の平安と愛を感じることができます。

ハイヤーセルフに出会うためにも瞑想は必要です。
瞑想はあらゆる非物質のエネルギーのチャンネルへの
入場券のようなものだと言えるでしょう。

そしてハイヤーセルフとの対話は焦らずに進めてください。
一度うまくいったな、と思っても、またすぐにチャレンジせずに
ご自分の状態をよくみて、進めてください。
変に必死にならないことはとても大切です。
軽めのタッチは何にでも必要なことなのです。

エゴかどうかわからなくなっても決して心配しないでください。
最初は誰でも間違えたり戸惑ってしまうものです。
でも、その経験こそが、次へのステップになるのですから!
ぜひご自分の中で比較して、成功する確率を高めていってください。

最初は短いセンテンスで的確なメッセージを伝えてくれるだけ
かもしれませんが、慣れてくることによって、その内容も言葉も
段々長めに多岐にわたるようになるでしょう。

ぜひ、気負わずに試してみてくださいね。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2009-07-22 10:27 | 天使のメッセージ
前回の続きです♪



⑦天使はどんなかたちで現われるのですか?


これは前々回に「天使の現われ方」という記事にも
書かせて頂いたように、実にさまざまなんです。

人間のかたちになることができる、というのももちろんですが
コメント欄に記入してくださった方が仰っているように
「光」だったり「羽根」だったり、というのはポピュラーですね。
「コイン」というのもよくあります。

その他にも、「気配として感じる」というのは多くの方が
経験していらっしゃることかもしれません。

自分のすぐ近くに、何か温かくて頼れる存在が
目には見えないけれどいてくれる気配を感じて安心する。
そんなことがありませんか?
それは天使かもしれません。

天使はあなたが一人ぼっちで泣いていたり、悲しみに沈んでいる時に
背中をさすってくれたり、抱きしめてくれたりします。
私たちは決して一人ぼっちではないのです。



⑧天使はいたずらしますか?


それがするんですよ(笑)。

でも、いたずらと言っても悪質なものではありません。
ちょっといたずらっぽいことをして、アピールしてくることがある、
というのが一番近い表現です。

あなたが天使の存在に気がつかないでいる時に
髪の毛を引っ張ったり、となりの部屋で何か物音をたてたり・・・。
私は一時期よく耳を引っ張られました。

また、読んだ方がいい本を、書店の戸棚から落としたりも。
私も先日、探していた本が全くジャンルの違うコーナーの
平積みの本たちの上に、
かなり目立つ感じで一冊だけ置いてあってびっくりしました。
もちろん買って帰りましたよ!
「天使ありがとう♪」と言いつつ♪


⑨天使と仲良くするにはどうしたらいいですか?


これはもう簡単です。

心の中でも、声に出しても、紙に書いても
何でもいいので(かたちにはこだわりません)
天使を呼んでみてください。

そして、できれば目を閉じて感じてみてください。

何か温かいものや、キラキラしたものが、心のなかに浮かんできませんか?
楽しい気分になりませんか?

もしそうだとしたら、それは天使があなたのそばにいて
あなたの呼びかけに応えてくれているというサインです。

そして感謝の気持ちを感じたり、愛が溢れてくるのを感じたら
ためらわずに伝えてあげてください。

でも焦らなくてもいいんですよ。
例え言葉にならなくても、天使たちはあなたの気持ちを理解します。
天使は行間を読むことができるんです!(笑)
だからうまく説明しようとしなくてもいいのです。
あなたの気持なら、必ず伝わります。
手紙に書くのもお勧めです。

そして天使たちは、何よりあなたの笑顔が大好きです!!!

これが天使と仲良くなる方法です。
簡単でしょ?
ただ、眼を閉じたりして、落ち着いて感じるだけなんですよ。
試してみてくださいね!


続く(かも?)
[PR]
by lovingangelsnadia | 2009-07-08 01:14 | エンジェルセラピー

天使に関するQ&A

天使に関するインフォメーションの続きです。

皆さまからよく受けるご質問に対するお答えをお届けします♪



①誰にでも守護天使はついてくれているのですか?

はい。誰にでも、例外なく、です。
宇宙はその人の行動や考えを良し悪しで測るような
判断はしません。それは人間の考えたものだからです。
ただ、原因があって結果があるだけです。
そもそも守護天使が私達に送られてくる理由は
「無条件の愛」なのですから、それが一部の人にだけだったり、
あるいは全くいないひとがいるのでは、それに矛盾します。
天使のキーワードは「無条件の愛」です。

②天使は怒ったり、見捨てたりしますか?

しません。
これも先ほどと理由は同じです。
行動や言動や思考を「良い悪い」と決めているのは人間です。
その同じものさしで光の存在を測ることは意味がありません。
とにかく「無条件の愛」なのですから。
また守護天使は、私達一人一人が幸せになってほしい、
生まれてきた目的を果たしてほしい、と思い、守ってくれているだけで
特定の結果を望んでいたり、そこに固執したりはしない存在です。
これは私達には「自由意志」が保障されているからです。
あらゆる場面において、天使の意思でなく、私達の意思が尊重されます。


③小さなこと(つまらないこと)をお願いしてもいいのですか?

大丈夫です!
つまり「つまらない、くだらない」というのも、そもそも人間の判断なわけで、
宇宙にとって人間の望みは大小関係なく、望みは望み、なのです。
私達をいろいろな場面で決して判断しないのが、宇宙ですし
神からの使者である天使たちなのです。
ですから
「今日、電車で座れますように♪」と天使にお願いしても
全く問題ないですし、喜んで彼らは手助けしてくれるでしょう。


④天使をバカにしたり、信じなくても助けてくれますか。

はい、これも大丈夫です。
何回も繰り返しているように、そんなことで
「もうそんなら助けてやらないぞ~!」と言うと思うのは
人間の考えなのですから。
天使はとにかく判断しません。
ですから、助けることや守ることを止めることはしません。
でも、私たちがお願いしないと、なにせ「自由意志」が保障されて
いるのですから、彼らは助けたくても手が出せないかもしれませんね。

それに彼らは、きらめくばかりの純粋な愛のエネルギーなので
バカにしたり、信じないということが、ネガティブな気持ちから発するものなら
きっと、その純粋な愛のエネルギーを感じることは難しいので
あなたが受け取れる場面も、かなり減ってしまうでしょう。
それはとても残念なことだと思いますが・・・?


⑤天使に名前はありますか?

はい!ありますよ♪
どんどん聞いてみて、もっと仲良くなってみてください。
名前もいろいろあるんですよ。

私の守護天使は、割と西洋人っぽい名前が多いのですが
以前には、完璧日本人の苗字だったことがあり、かなり笑えました。
そして動きもなんだかちょこまかしていて、それも親しみがわく
一つの要因になっていて楽しかったですよ。

ぜひ、いろいろな形で聞いてみてください。

セッションでリーダーさんに聞くのもいいですが、
「夢に出てきて!」とお願いしたり、自動書記で書いてみたり、
できるだけ、ご自分でトライされることをお勧めします。
その方が断然つながりを感じられますよ♪

明日は七夕☆
皆さまがご自分の天使に会えますように・・・!

この項つづく・・・(お楽しみに♪)
[PR]
by lovingangelsnadia | 2009-07-06 19:39 | エンジェルセラピー

天使の現われ方

天使が大好きで、もっと仲良くなりたい!存在を感じたい!
とお考えの方はとても多いと思います。

それでは今回はそんな方のために、天使が私たちの日常に
実はたくさん登場してくれているんだよ、という例をご紹介しましょう♪


①夢に出てくる

私、千鶴は先日メールなどのPC関連のセキュリティーのことで
若干不安に思っていることがありました。
でも、それは自分のちょっとしたミスが原因でした。
すると夢にまばゆい位の真白な服を着た男性天使が表れて
「本当は〇〇円位するんだけど、今回は特別無料であなたのPCに
セキュリティーソフトを入れておいたよ!」
と言われました!
(これは実際にセキュリティーソフトを入れてくれたという意味ではなく
守っているから安心して、ということだと思います)

でも、その天使の口調には「本当にもう!自分でも気をつけてよ!」的な
雰囲気も含まれていて(笑)、私は
「あ、ありがとうございますっ!これからは自分でも気をつけます!」
と感謝したのでした。
これは比較的わかりやすい登場の例ですね。



②間違い電話、間違いピンポン

ネガティブな考えに埋没していたり、誰かと不毛なケンカをしていたり
するべきではないことをしようとした、まさにその時に
「ピンポ~~ン」と呼び鈴が鳴ったり
あるいは電話のベルが鳴ったりして、ふと我に帰った・・・
ということはありませんか?

でも、外を覗いてみたら誰もいなかった、とか
電話も出たら切れたり、間違いだったり、などなど。

これも実は天使のしたことかもしれませんよ。
ポチっとピンポンを押したり、電話を鳴らすのなんて
天使にとっては簡単なことです。
そうやって私たちがふさわしくないことを止めるように、
あるいはしないように助けてくれているのです。



③人の会話

何か悩んだり決めかねている物事がある時、
イヤホンを外して、周りにいる人の会話に耳を澄ませてみましょう。

偶然はありません。

見ず知らずの人が交わす会話の中の言葉を使って、
天使はメッセージを伝えてきます。
言葉に変身して登場してくれるというわけなんです。
耳をダンボにして(笑)、ちょっとだけ注意深く聞いてみましょう。



④実在の人間として

これは、ちょっとレアかもしれませんが、確実にあることなのです。

私にも経験があります。
20年以上前のことになりますが、友人と二人で初めて海外旅行に行きました。
でも不慣れなせいで、なんとツアーからはぐれ離島に取り残されてしまったのです。
その日は帰国する予定になっていたので、このままでは日本に帰れません。
友人と私は二人とも海外は初めてで、しかも女の子だけなのでとても不安でした。

「どうしよう!」と去ってしまった、空港のある本土と離島をつなぐ連絡船
を見送って呆然としていると、
突然小さな釣り船のようなものが船着場に現れました。
一体どこから来たのか不思議でした。
そこには小さな男の子と、そのお父さんといった感じの二人が乗っていました。
そして、説明も聞かずに私たちを船に乗せてくれ、空港近くの港まで送ってくれました。
初めて会った人たちですし、海外なのに、なぜか私たちは怖くはないし、
全く安全だと感じていました。
小さな男の子が一緒だったからかもしれません。
大人の男性一人だけなら警戒したでしょうから、
船に乗せてもらうようなことは決してしなかったでしょう。

しかも、港から空港までは少し距離があったのですが、
幸運にも、前日ツアーでの移動中に知り合った地元の家族連れが
車で港にいたのです!
彼らを見つけて事情を話すと、
「それならひとっ走り空港まで乗せて行ってあげるよ!」
と言ってくれて、信じられないくらいスムーズに移動できたのでした。
でも、彼らはてっきり私たちは定期船から降りてきたのだと思ったそうです。
実際、その時の港には定期船しか停泊していませんでした。

そしてお陰で無事、私たちはツアーの一行に合流することができたのです!

でもその二人は、港でいつの間にかいなくなっていました。
「あれ?いままでそこにいたのにいつの間に?」と連絡先も聞かなかった
ことに後悔したのですが、本当にすぐにいなくなってしまったんです。
船もすぐに見えなくなっていました。
そして、その二人はどことなく不思議な雰囲気でした。
すごく寡黙で、実直で、真面目な感じもしました。
さらにちょっと説明が難しいのですが、なんとなく透けて見えたというか・・・。
(ちなみに車で送ってくれた家族連れは親切な普通のファミリーです(笑))


心配して待っていてくれたツアーの添乗員さんに、空港までたどり着けた
いきさつを話すと「うそ~~~?そんなことあるはずないわよ!」
と信じてはもらえませんでした。
(しかもすごく怒られました!)

どうにもならないピンチのような時に、どこからともなく表れて、
そして消える時はいつの間にか消えているのが
天使が人間として現れた時の大きな特徴です。



他にもまだまだたくさんありますよ!
また素敵な例がありましたら、皆様にもお知らせしたいと思います。

天使は私たちが思っている以上にとても身近で親しみやすい存在です。
そして常に近くにいて、さまざまな方法でメッセージを送ってくれています。
もっともっと楽しく交流して、愛を感じてほしいな、と思います。
そして、そのことは天使たちの願いでもあるのです!
[PR]
by lovingangelsnadia | 2009-07-02 11:46 | エンジェルセラピー