ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「クリエイティブ」と言うと皆さん何を想像されますか?
クリエイティブな職業でしょうか?
クリエイティブな生き方でしょうか?

なんだかちょっとカッコいいですよね。
横文字にすると(笑)

「クリエイティブ」とは、「創造的」という意味です。
つまり、「何かを造りだす」ということです。

実は人間は例外なく「創造的」な存在なのです。
人間とは、何かを生み出す、造り出すことをする存在で
それが人間の本質なのです。
人間は誰もが皆「クリエイティブな存在」なのです。

具体的にどういうことかと言いますと・・・。

例えば
クリエイティブな職業と言われるのは、いわゆる
芸術家だったり、創作活動をしている方を指しています。
無から有を生み出す、自分の個性を活かして、他にはないような
仕事をしている人達のことです。
個性だったり、センスだったり、才能だったりがかなり必要とされ、
それらに恵まれた一部の特別な人たちがつく仕事のように思われています。

確かに「職業」としての観点から見たらそうかもしれません。

でも、必ずしも、私達自身が「創造的」であるかどうか
もしくは、「創造的」かどうかに、職業は関係ありません。

つまり、私達人間が「創造的な存在」ということは
「自分を表現する」ということとイコールなのであって、
そこに必ずしも対価が発生する必要はありません。
そして、他人の眼に着くかどうかさえ関係ないのです。

一番の目的は
「自分の中から自分を出す」ということ。
それが
「自分を表現する」
ということなのです。

その
「自分を表現する」作業が
「クリエイティブ(創造的)」なことなのです。
それが私達には必要ですし、
それが十分でないと、私たちはしばしば病気などの
いわゆる体の不具合によってそれを知らされます。

クリエイティブでなければ、人間は生きられないのです。
そう言いきってしまっても過言ではないくらいです。

私達人間は、自分自身を表現せずに生きることはできません。
表現することが、人生であると言えるくらいなのです。

今日何を食べるか、
どの服を着るか、
誰に電話をするか、
どの花を買うか、
どの番組を見るか、
誰に恋をするか、
誰に怒りを感じるか、
誰を許すか、
何の話をするか・・・。

それら日常のすべての場面が、自分で自分を表現する大切な機会です。
日々一瞬一瞬巡ってくるその場面で、本当に私たちは
本当の自分をきちんと表現できているでしょうか。

自分を表現する、つまり人生において「創造的である」ということは
職業でもなく、才能でもなく、ただ簡単なことです。

私はこういう人間です、私は今こういう状態です、
こういうことが好きです、こういうことが嫌いです・・・。
それら全てを表現することなのです。
それが一番大切なのです。

チャクラで説明するならば、クリエイティブな部分を司っているのは
喉の「スロートチャクラ」になります。

このチャクラは「コミュニケーション」の部分になりますので
多くの方は「自分の気持ちを他人に伝える」ことのみが重要と考えて
いらっしゃいますが、同じくらい大切な機能は
「創造的であること」のバロメーターだという部分なのです。

自分を表現することと、他者とのコミュニケーションは密接に
関係してきますが、スロートチャクラの機能低下が
自分の気持ちを他の人に伝えることだけでは回復しない場合、
ただコミュニケーションだけが原因だと思っていると
「人間とは創造的な存在だ」という大事な側面に気付きません。

特定の相手に、自分の気持ちを送る、ことだけが自己表現ではありません。
むしろ特定の相手を必要としない場合さえあるのです。

自分の中から自分の気持ちを出してあげることが
何らかのかたちでできれば、それで表現は成立するからです。

だから、嫌な相手に直接文句を言わなくても
「走ったらすっきりして忘れた」とか
日常のモヤモヤが
「踊ると忘れられる」
「料理を作っていると幸せ」
といった状態になるわけです。

逆に
「直接文句を言ったけれど、かえって気分が悪くなった」
のなら
言葉を並べて反論しただけで、
本当の自分をそこでは表現できていなかった、
ということになります。

でも、何かですっきりするならば
それは別のかたちかもしれないけれど
(もちろん”直接”でもいいけれど)
ちゃんと「自分を表現できた」ということになります。

言葉さえ必要ないコミュニケーションもあるのです。
それは他者とも、自分自身と自分というかたちでも。

クリエイティブであることは、まったく難しいことではありません。
特別なことでもありません。
特定の職業に就くことによって得られる特殊なものでもありません。

ただ、何らかのかたちで、私達が自分自身を
外に出してあげること、表現してあげることだけでいいのです。

例えば、私の仕事はリーディングをしたり、ワークショップをしたり
といったことになりますが、これ自体はほとんどクリエイティブなもの
ではないかもしれません。

でも、私はこの仕事を通じて、いろいろなワークショップのアイディアを
形にしたり、クライアントさまとのコミュニケーションの取り方を工夫したり
することで、とてもクリエイティブな「仕事のやり方」をすることができ
それが私の仕事におけるもう一つの大きな喜びになっています。

他にも、料理を作ったり、泳いだり、散歩したり、好きなお店を廻ったり
音楽を聴いたり、人と話をしたり、掃除をしたり、花を飾ったり、
猫と遊んだり、楽しいことを妄想したり(むふふ)・・・。
そんな一つ一つに大きな喜びを見出すことができるのは
それら全てが私を表現する大切なことだと意識しているからです。

クリエイティブであることは自然なことです。
難しくなんてありません。

だから、どうぞご自分のことを表現する
日常の何気ない機会を一つ一つ大切にしてください。
そして大いに自分を表現してあげてください!
あなたは生まれながらにして、とてもクリエイティブな存在なのですから!
[PR]
by lovingangelsnadia | 2009-08-22 16:30 | 天使のメッセージ

ヨガをする

ヨガが好きです。

激しい運動が苦手だというのもありますが、
ヨガの見せてくれる世界が大好きで、ほぼ毎日やっています。

ヨガはその時の体の具合によって、いろいろなポーズを
組み合わせて無理なく行えるので安心です。

簡単なストレッチから始まって、ヨガは呼吸に集中することが大切です。
呼吸を意識して、気持ちを集中させることによって体のバランスが
保たれて、筋肉を引き締めたり、体の中から毒素を出すことができます。

そして、気持ちの部分ととても深く結びつけて行うことができるのが
ヨガの大きな特徴です。

自分に自信が持てなくなってしまった時などは、「橋のポーズ」と呼ばれる、
お腹を天に向かって突き出すような体勢を取ることで
自尊心と結びついているソーラープレクサスチャクラを解放して
エネルギーを直接取り込めます。

また、座ったままうつぶせで上体を床に向かってぺたっと押しつけるような
「子供のポーズ」は、ハートチャクラを地面に向けて開き
まるで母親の胎内に戻ったような感じになることで、疲れを取り
安心感を与えてくれます。

そして、呼吸法だけでも、心身がリラックスするので高血圧にも
いいですし、自律神経が安定すると言われていて、免疫力のアップにも
貢献しているということです。

ヨガマットを用意して、一時間ほどかけてゆっくりと行うことが理想ですが
体調に合わせて好きなポーズを組み合わせることにより
短時間でも効果はあります。

様々なポーズの最後に、体のテンションをすべてマットに染み込ませる時間は
瞑想と同じ効果で、とても素晴らしいひとときを与えてくれます。

ヨガは精神性と深く結びついた運動です。
精神と物質世界を橋渡ししてくれているようなものに感じます。

それぞれのポーズにも意味があり、たとえ運動が苦手な方でも
集中することによって体がやわらかくなり、バランスが取れるようになります。

全てはバランスなのだと、ヨガを行っていると強く感じます。

自分の状態を良くしようと考えるならば、世の中にはすぐにできる
様々なよいものがたくさんあります。

その中でも特に素晴らしいのが、ヨガだと思います。
まさに運動しながら瞑想している感じです。

ご自宅でDVDを見ながら行うだけでも十分です。
運動が苦手な方、気持ちを落ち着けるのが難しい方、元気が出ない方には
特におすすめします。

ご自分のペースで楽しみながら行ってみてくださいね!
[PR]
by lovingangelsnadia | 2009-08-11 20:11 | 天使のメッセージ

”神様マター”

「引き寄せの法則」を集合意識エイブラハムとともに
世に送り出したヒックス夫妻が、それより以前に出版していた
「運命が好転する 実践スピリチュアルトレーニング」
という本があります。

これは題名の通りに、実践的に普段から何をどうすれば
自分にとってふさわしいものを引き寄せられ、願望を実現できるか、
ということがステップ毎に書いてあるものです。

この本の中に
「宇宙に任せること」それから「今日中にやること」
の二つのリストを作るといいと書いてあります。

多くの人が「今日はこれとこれをやろう」ということで
頭の中やメモなどにちょっとしたリストを作っていると思います。
ですが(私もそうだったのですが)、中身が増え続けるだけで
それが逆にストレスになったりすることがあります。

やりたいこと、やることが増えること自体はそう悪いことではないのですが、
ガンバリ屋さんほど、このリストに悩まされる結果になりやすいのです。

そこで、ヒックス夫妻の奥様であるエスターが困っていると
集合意識エイブラハムがこうアドバイスしてくれます。
「宇宙にまかせること」と「今日やること」
というふうに、ただ「今日やること」ではなくて、この二つの項目に分けて
リストにするようにしたらどうか、と。
そのことによって、やりたいことが増えるたび、望みが増える度に
自分で自分を追い込んでしまい、結果として望みから遠くなってしまうことを
防げるよ、という助言だったのです。

そこでエスターは、毎日作っている「今日やること」リストの真ん中に
線を引いて、右側を「宇宙に任せること」リストにしてみたのです。

本当に今日やるべきことだけを厳選して「今日やること」リストにして
一年先にやろうと思っていたことや、自分だけの力では今現在動かせないものなどは
思い切って「宇宙に任せること」リストに入れて行きました。

そうするとどんどん気持ちが楽になり、今日やるべきことがそれほどたくさん
あるわけではなかったことに気が付きます。
そしてゆったりとした気持ちで一日を過ごすことができるようになり
実はそうすることでいろいろな物事が好転してきたという話です。

これを読んだ私は
「これはいい!!!」と素直に感心して、早速実行するようにしました。
ただ私の場合は、紙には書かずに、一日のあちこちの場面で
頭の中で判断するようにしました。

その時になぜか「宇宙に任せること」という言葉の代わりに
「神様マター」という言葉が浮かんできました。

私が以前、〇〇証券の営業員として働いていた時のことです。
ちょっとした巡り合わせで、私だけPCがないデスクを使うことになりました。
それ自体最初は問題なかったのですが、いよいよPCなくては仕事ができない!
という時期に差し掛かっても、全く私のデスクにPCが設置される気配がありません。

そこで私は痺れを切らして、直属の上司にそのことを話しました。
すると直属の上司である△△次長は、私にこう言いました。
「あ、そう。でもPCとかは総務なんだよね~。
だからこれは総務の××次長マターだと思うんだけど~」
と今まで何もせずに放置していたことをこのように言い逃れ
(あ、すみません。以降不適切な表現には一応横線を引いておきます)
説明しました。

「マター」とは、英語でmatter と表記され「問題、事」などの意味で
次長は「それは総務の××次長の問題」と言いたかったわけなんです。

その対応にむかついたモチベーションが上がった私は
そのまますぐに総務の次長のところに直談判しに行き
その後はスムーズに事が運びました。

つまり、しかるべきところにちゃんとお願いするということが大切だな~
ということなのです。
「宇宙に任せること」のリストを作ることは、そういうことだと思うのです。

そうでないと、望みが増えれば増えるほど、やることが増えれば増えるほど
私たちは自分でそれをすべて抱え込んで、そのせいで
どんどんストレスが大きくなってしまうのです。

自分でするべきこと以上のものを抱え込むと、その結果を引き出そうとして
躍起になって他人や状況そのものをコントロールしようと焦ります。
本当に自分でやることをやるだけにしたら、あとは任せること。
これが流れを良くすることにつながります。
手放す、という言い方もできますね。

私はこの本を読んですぐに、このリストを作ることを始めたわけですが、
その時に、例の△△次長のこの言葉を思い出し、
何かをすべて自分でやろうとしてしまいそうになると
「あ、これは”神様マター”だ。宇宙に任せよう!」
と気持ちを切り替えるようにしています。

このまま訳すと「神様の問題」みたいで、なんか責任逃れっぽいですが(笑)
私としては、ふさわしいところにお願いして手渡す、という意味なのです。
そして私にはこの「神様マター」という言葉がしっくりきます。
(まあ、正直複雑な気持ちもあるんですけど(笑))
皆さんそれぞれに、しっくりとくる言葉を探してもいいですよね。

そして私はよく頭の中で
「これは今日ちゃんとやって・・・、あ、これも今日やろう。
それから、そのあとは・・・。ああ、これか・・・。
ちょっと心配だけど、うん、ちゃんと自分でやれることはやったし、
このことはもう”神様マター”だ!神様よろしくお願いします!」
とこんな感じでやっています。
宇宙はどんな有能な上司にも負けないほどの
きちんとした仕事をしてくれる存在なのですから!!!

そうすると、とても気持ちが楽になって、
実は取り越し苦労をしていたり、自分で多くを抱え込んでいたりして
何もかもを自分でやろうとしていることに気が付きます。

でも「神様マター」をきちんと選り分けられると、本当に自分がいま
やることに集中できて、その方がいろいろとうまくことが運ぶのに
気がついたのです。

なんでも自分で抱え込まずに、いい流れを信じて身を任せることは
とても大切です。

ちなみに、この△△次長は、度々明らかに自分の担当の仕事を
私におしつけて振り分けてきたことがあり
その時私は
「あ、その件は△△次長マターだと思います」と
冷酷に毅然として返答をいたしました。
次長は「あ、そうだよね~」と、すぐに納得してました(笑)。

このリストはやること自体が、とても楽しい作業です。
リストを作る作業そのものが、私達に良い流れを運んでくれます。
楽しんでやってみましょう♪
[PR]
by lovingangelsnadia | 2009-08-06 00:59 | エンジェルセラピー

楽観的であること

楽観的でいることはとても重要です。
小さなことでもプラスにつなげていけば
やがてそれが大きな流れに結び付くからです。

「どうにかなる、大丈夫。」

そう思うことは安心感をもたらしてくれます。
そして、それが私たちにとって
想像するよりもずっと力を与えてくれるのです。

それは自分を信じることにつながります。
自分を信じることができれば
恐怖や不安で見失ってしまうことは減ります。

あのハリー・ポッターだって
自分を信じる心が弱くなって、恐怖に陥ると
ちゃんと魔法がつかえなくなっちゃうでしょ?

私達も、本来持っている「力」を活かすためには
自分を信じて、心を落ち着けなければならないのです。

そして、楽観的であるためには
ある訓練が必要です。
ただ、今まで通りにしていてもダメです。
それに人に頼っても無理です。

自分で自分の思考を常に楽観的に持っていくように
意識しなければ身に付きません。
なんでも練習と積み重ねが重要なんですよね。

作家の村上春樹さんが、イラストレーターの安西水丸さんと
以前ある対談で「小確幸」という話をしていました。

これは文字通り
「小さいけれど確実な幸せ」のことです。

朝起きたら天気が良くて気持ちいい!とか
笑顔でおはようって言われた!とか
ぐっすり眠れた!とか
おやつに食べたいちごがおいしかった!とか
暑い中歩いていたら、素敵なお店を見つけた!とか
猫と一緒にお昼寝ができた!とか・・・。

とにかく、すごく小さいけれど確実に幸せを感じるような出来事を、
日常のなかにひとつでも多く見つけるように意識してみよう!
お二人はそんなことを提唱していました。
素敵なお話でしょう!

幸せは向うからやってくるものではなくて
私たちがいまいる場所で、どれだけ見つけられるか、なのです。

そして本当は、幸せに大きいも小さいもなくて
それは全部幸せの形の違いに過ぎないのです。
ちょっとしたことでも、幸せに気がつくことができるのなら
きっと大きな幸せだって、両手を広げて受け取ることができます。

自分の幸せに敏感になりましょう。
もっともっとたくさんの祝福に気がつくような
自分でいたいなと思います。

それには楽観的になることが大切です。
私たちは守られている愛の存在なのですから!
だから恐怖や不安に心を独り占めされないように
楽観的になりましょう。

そして、それが出来るだけで
日常の風景が全く違って見えるはずなのです。
全てがキラキラと輝き出します。
それは、私たちがこの世界のあちこちに
星のようにちりばめられた祝福に気がつくからなのです。

その状態こそ、そしてただそれだけで幸せなのです。
幸せになる方法は至ってシンプルです。
楽観的になること。
それを心がけて、自分に許してあげるだけなのです。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2009-08-03 15:01 | 天使のメッセージ