ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

元気のもと!!!

ことしも残すところあと5日です!
皆様にとって今年はどんな一年でしたでしょうか?

一日一日が素敵で輝く時間になりますように♪

さて私から元気のおすそわけPVをお送りします!

1月9日の大阪ワークショップでは、この体操を
皆さんとご一緒にやりたいと思いますので
ご参加予定の方は覚えてきてくださいね!
(っていうのはウソです、ご安心を(笑))

それでは、2009年の締めくくりを
素敵なものにするために、
さあ、皆さんご一緒に!
「へい!へい!ぶぅ~!」



[PR]
by lovingangelsnadia | 2009-12-27 13:24 | エンジェルセラピー

”情熱”って…。

今日の鎌倉はお天気は良いのですが
とても寒くて、観光客の方も少なめでした。
全国的にもとても寒い一日でしたね。

私は今年の11月から来年にかけて
様々なタイプのワークショップを開催するに当たって、
鎌倉での新しい会場の下見に行ってきました。

そして、今後仲良くお付き合いさせて頂けたら良いな♪
と思える場所が、由比ヶ浜の近くに見つかりました。
そこは築70年の古い日本家屋なんですよ。

オーナーご夫妻に中を案内して頂くと
室内の懐かしく落ち着いた雰囲気に癒されて
私にはたくさんアイディアが浮かんできました。

「ここで、こんなことできたらいいな♪
あんなことできたらいいな♪
こ~~~んなこともできたりして!!!」

ワクワクしながら打ち合わせを終えて、
そちらを後にしました。
そして、具体的な事にいろいろと思いを巡らせながら
所用を済ませていると、今度は全く違う考えが
私の中に生れてきました。

「さっきはあんな風に思ったけれど
もしかして、そんなこと実現できないかもしれない。
実現できたとしても、そんなこと意味ないことなのかも。
誰も賛同してくれないかも…」

論理的で理性的で現実的なお利口さんの私が
頭の中でしゃべり出しました。
それと同時に私の中で不安がむくむく~っと
すごいスピードで成長し始めます。
むむむ…。
そして、なんとなく足は海岸の方へ向かいました。
今日はかなり寒いですが、潮風に吹かれたら
すっきりするかもしれません。
それにキラキラ光る水面を眺めながら、ただ歩くだけでも
いつも私の気持ちは落ち着いてくるのです。

ゆっくりと砂を踏みしめて、人があまりいない
季節外れの海岸を歩きます。
大通りに近い方の浅瀬では、サーフィンをする人もいます。
犬の散歩をする人や、観光客が記念写真を撮っている
普段の海岸の情景です。

頭の中を整理しようと思いました。
そもそも、素敵な場所を見つけることができて、
その場所自体は気に入り、だからこそ
新しいアイディアやビジョンが沸き起こって来たのに
どうして私は「無理かも」と思ってしまったのでしょう。
それも、坂を転げ落ちるかのごとく
「ワクワク」から「モヤモヤ」まで急に変化してしまいました。

「なんでだろう???」

そして、ふと海の方を見ると
一人の男性の泳ぐ姿が目に入りました。
でも、ちょっと変わっているのです。
この時期、海に入る人は、サーフィンする人くらいなので
必ず全身を黒いウェットスーツに包んでいます。
しかし、私の目に入ったその男性は
明らかにTシャツと、黒い短パンのようなものを
身につけているだけなのです。

初めは
「もしかして入水自殺???」と思いました。
この真冬の海に真夏と同じ格好で入るなんて
何か特別な理由でもあるに違いないとすぐに思ったのです。

でも、岸に向かって波に乗り、のんびり泳ぐその姿からは
緊迫感は感じられず、そこだけ切り取ってみたら
まるで季節を勘違いしてしまいそうです。

彼は岸に着くと、這って海から上がろうとしていました。
海藻がまとわりつくので、立てないから這っているのだと
思ったのですが、それにしても全然立とうとしません。

もしかして足が冷えてしまって、うまく立てないのかな。
それとも、腰が抜けちゃったとか???

すっかり自分の頭の中を占めていた
「私のアイディアなんてダメかも…」は
どこかに飛んで行ってしまい
目の前のその男性の動向に釘付けになってしまいました。

彼の全身が海の中から出てきました。
もう波もかからないし、海藻もあるはずもないのに
彼はまだ這っています。
よく見ると、その体の左足のひざから下はありませんでした。
片方の足の膝から下がないので、歩けず這っていたのです。

ゆっくりと砂浜を這って行くその先には
キャンプ用のいすに、ちゃんと着替えや義足が置いてありました。
彼は自分のペースで着替えを始めました。

その様子をじっと見ていて、
なんだか私は勇気が出てきました。
とても清々しい気分になったのです。
いつも海に来ると気持ち良いけれど、
彼の姿を見ていて、さらに力が湧いてきたようでした。

私は彼のそばを通り抜け、さらに浜辺を歩きました。
急に笑いたくなるような、そして体が軽くなったような
生まれ変わったような気持ちです。

青い空、そして眩しい太陽。
すごいな、気持ち良いな、
ただそんな風に思いました。

そして、さっきまで頭の中で
騒々しく動き回っていた考えは
すっかりどこかへ行ってしまいました。

でも、
「あの人は、なぜあんなことをするのかな」
そう考えて、そのことが分かった瞬間
急に泣けてきました。

涙が次から次へと流れてきました。

「なぜ、あんなことをするのか」
それが急にわかったからです。
そうしたら、今度私は、由比ヶ浜で
人目もはばからず泣き出してしまったのです。

「情熱」
その言葉が浮かんで来ました。

人を真冬の海で泳がせてしまうもの、
人を突き動かすもの、
理屈では測れないもの。

どんな理由があるにせよ
体が不自由な彼を冷たい真冬の海で
何かが突き動かして、泳がせているのです。

もしかして、リハビリなのかもしれないし
精神の鍛錬かもしれないし、
ひょっとすると自分を断罪している行為なのかもしれません。
私にはそれを推し量ることはできないけれど
私に伝わってきて、涙させ、力を与えてくれたのは
その彼からある種の強い思いが伝わって来たからです。

でも、その「情熱」ってなんてややこしいものなのでしょう。
真冬の海で、しかも軽装のまま泳ぐなんて
多くの人から見たら正気の沙汰とは思われません。

それに、彼の這って行く姿や、白人男性らしい
肥った重たそうな体や、そこにまとわりつく濡れた衣類は
どう見てもカッコよくはありません。

何の理由が彼を動かしているかはわかりませんが
冷やかな目線を送る人もいましたし、
スマートな感じには見えません。

でも、
私は彼をとても美しいと思いました。
本当に人間らしいと思いました。
それが私の中心を震えさせたのです。
だから私は涙を止めることはできませんでした。

人が何かに「情熱」を持った時、
それは人生に潤いや喜びを与えてくれますが
同時に「情熱」とは、まるで冷たい冬の海に飛び込むような
理性では考えられないようなこともさせてしまうのです。

そして場合によっては、その海で
溺れてしまうかもしれません。
常に理性とは逆を要求してきたり、人からは理解されない
ことを続けることを選択しなければならないかもしれません。

「情熱」を持つがゆえに、そのことで
人は大いに喜び、反対に大いに悲しみ、孤立し、苦しむのです。
時には命さえも捧げなければならないかもしれないほど
「情熱」は多くのものを私たちに要求してきます。

「情熱」との関係はとても難しいです。
スマートにカッコよく付き合うなんてことは
できないのかもしれません。

だけど、人を中心から感動させ、震えさせてくれるのは
そんな「情熱」を持った不器用な人の姿です。
私は自分がそういう人に愛を感じるのだということに
気がつきました。
そして、自分自身をその姿に投影していることにも
気がつきました。
同じものを持っているから、共感して涙することができるのです。

また、泳ぐ人を目撃するまでの私の心を落ち込ませたり、
あるいはワクワクで一杯にしていたものたちに対して
私は「情熱」を傾けているからこそ
いろいろな感情を刺激されていたのだとわかったのです。

私がモヤモヤし始めたのは
理性が「そんなこと理由がない、前例がない」と
まるで役人のような杓子定規なこと言いだして
私の情熱という、非論理的で理性では整理しがたい部分を
消そうとしていたからなのです。

私はあやうく、自分の中の「情熱」にふたをしてしまうところでした。

私のしようとしていることも
真冬の海に飛び込むような、砂浜を這うようなことなのかもしれません。
でも私の中心に沸き起こってきたものを
私自身が消してしまってはいけません。

人を突き動かすものは、決して理性では説明できないもので
時には危険で、さらにスマートには行えないことなのかもしれません。

でも、私が泳ぐ人を見て感じたものは確かです。
心が震えて、私は私の中心にあるものに触れました。

私は人間です。
だから、肉体があります、精神もあります、見えないものも
身にまとっています。

だからもし私がこれからも
自分の中にある情熱に従うのであれば
私は、やっぱり海で溺れてはいけないと思いました。
少なくとも、溺れないように気をつけて泳ぐべきなのでは
そう思いました。

あまりの寒さに風邪を引いたりしたとしても、
溺れてしまっては、自分の中に芽生えたものに対して
結局は忠実だと言えないのではないかと思ったのです。
私は生きているのだから、肉体があるのだから
それも大切な一部なのだから…。

溺れないのは、とても難しいことだとわかっていても、
やっぱりそうしたいのです。

心から何かに打ち込んでいる人は本当に美しい、
改めてそう思います。

ただ、その美しさは「見る人」の中にあるものであって
決してその人自体の容姿や状態から発せられるものでは
ないのでしょう。

私が私自身の中に、小さくても「情熱」の種を持ち続けていれば
きっと、それがいつか花開いてくれる、そう信じていますし
それに栄養を与えてくれるのは、自分自身の求める気持ちだったり
ひたむきに生きている誰かの姿なのだと思います。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2009-12-18 19:19 | 天使のメッセージ

夢は良いコーチ

このブログでも何度もお勧めしている
「夢のリーディング」

私自身も見た夢をできるだけ記録しリーディングしようと
思っておりまして、また取ってあるものは
時間があるときに読み返したりしています。
その度ごとに、さらにいろいろな気づきがあり
夢の教えてくれる世界の奥深さに感嘆します。

そして夢のリーディングを的確にするために、
いくつか必ず書きとめている点があります。
夢を見たときに大切なのは
その時に感じた「フィーリング」です。
ですから、必ず「感じた」ことを書きとめます。

例えば
「ぼんやりしていた、明るくて清々しい感じがした、
緊張感があった、すっきりした、モヤモヤとした…」など
夢を見ながら「感じていた」雰囲気や気分などは
その夢の全体のイメージをきちんととらえるための
大きなヒントをくれます。

例えば、その夢の中の出来事自体は悲惨なことだったとしても
そこに登場する自分の気持ちが穏やかだったり、落ち着いていたら
それはその「気分」から読み取っていくので
必ずしも出来事の状態とイコールとは言えず
「フィーリング」が重要視されるのです。

そして、後は具体的に出てきた、物、場所、人物を記録します。
これらはシンボルとして大切な意味を持ちます。
そして、それらの意味は、このブログのライフログにも
掲載させて頂いている「夢辞典」などを参照されると良いでしょう。

準備ができたら、後はリーディングです。

ここでまた大切なことは
「リーディングは自分でする」ということです。

さきほど
「その時のフィーリングが大切」と書きましたが
このことは、その部分にもつながっています。

物、場所、人物などのシンボルは、シンボルとして重要な
意味を持っていますが、
「フィーリング」次第で
表す意味が大きく変わることもあるのです。

そしてその「フィーリング」は
夢を見た自分自身にしかわからないものですし
それを個々のシンボルと繋げてリーディングすることは
深い洞察力と、豊かな感性が必要とされるので
他の人に任せるよりも、自分自身で行うことで
より自分自身を知る手掛かりになります。

私自身が多くの方に夢のリーディングをお勧めするのは
「自分で自分自身をより知ることができる」
からです。
それも、自分がほぼ毎日のように見ている
夢をてがかりとするならば、毎日続けることも可能からです。

何かの才能や能力を伸ばしたり、また心身の安定を
図りたいと思ったら
何でも良いので、何か一つのことを毎日必ず
続けることが大切だと思います。

何か一つのことを毎日続けることにより
あらゆる状況に対応できるようになる、内側からの安定が
得られますし、自分の状態がよくわかると思います。

もしうまくリーディングができなかったりしても大丈夫。
そのままの気持ちを書き記すだけでもOKですし
後からピンとくるかもしれません。

また忘れてしまった夢があっても大丈夫です。
夢は繰り返し繰り返し、その人が上手に受け取れるまで
手を変え品を変えメッセージを送ってくれます。

そして、参考にしている本に載っていないシンボルがあっても
それらは、慣れてくれば自分自身で意味がわかったり
するようにもなります。

私が自分のリーディングで意味がよくわからなかった時
「ドリームブック」の作者である
ベティさん(故人)に質問したことがありました。

すると彼女は私の前に現れて
「あなたのハートに聞きなさい」とアドバイスしてくれました。
そしてそれからの私は
迷ったら無理をせず、自分の感覚やハートに従うことにして
今も楽しく夢を思い出しています。

皆さんもぜひ、やってみてくださいね!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
↓大阪ワークショップお申し込み受付中でーす!↓
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[PR]
by lovingangelsnadia | 2009-12-16 17:59 | 天使のメッセージ
昨夜の夢の中で、私は民主党の会議に出ていました。
そして
「次の総理はくじびきで決めましょう!
私、ちゃんと作ってきましたから!」
と言って千鶴入魂のオリジナル”政局くじびき”を
皆さんにご披露したのですが
すかさず鳩山総理に
「本気で言ってるの?」
とダメだしされ、即却下されました(苦笑)
ちぇ~。
友愛、友愛。

さてさて。

来年1月9日(土)に大阪・梅田で行われます
「コラボワークショップ」のお申し込み
まだまだ受け付けておりま~~~す!

このワークショップですが、実はカードリーディングを
担当してくださる4名のリーダーさん達にとっては
ワークショップデビュー♪♪♪となる
とても晴れがましい会なのです。
ぱちぱち!

今回は、前回大好評だった個人別の「スピリチュアルレター」
に替えまして
「ミニ個人セッション」をさせて頂くのですが
この待ち時間の間も皆様に楽しんで頂こうと
カードリーダーさん達による
「エンジェルカードミニワークショップ」を予定しております。

レッスンを受けて、研鑽を積みながら
プロデビューを目指しているリーダーさん達による
エンジェルカードリーディングのコーナーは
皆さんと一緒につくりあげていくものになります。
エンジェルカードにご興味をお持ちの方は
ぜひご自分のカードをご持参ください。
こちらもどうぞお楽しみに。

そんなこんなで、今回も
頭の先から尻尾の先まで、しっかりあんこが詰まったような
盛りだくさんのワークショップです!!!

まだ若干お席が空いておりますので
皆様のお申し込みをお待ちしておりまーーーーす♪

千鶴
[PR]
by lovingangelsnadia | 2009-12-09 19:05 | イベント

どっちにします???

体を動かすのが大好きな人は
じっと座って考えたり、読書するのが苦手な方が
多いかもしれません。

それと同じように(私はこのタイプです)
じっとしているのが好きな人は、激しく動き回るのが
苦手だと思います。

私は普段、かなり偏った(?)と思われる生活を
していますが、(引きこもり気味ですし、
最長一週間人と会わなかった記録保持しています(笑))

また様々な知識を取り入れるために、年中
なんらかの本を読んでいたり、思考しています。
そうなると家事や仕事以外では
体をほとんど動かさない時間が多くなります。

だけど、どうしてもそれだけでは詰まってくるのです。
好きなことをやっているとはいえ、さすがに
なんというか、壁に当たるというか、酸素が不足するような…。
体内のエネルギーが滞っているのがわかるのです。

体もなまってきますし、そうすると心もちょっとお疲れ気味
な感じになってきて、停滞ムードが漂います。
頭も働きません。

そうなると、運動の出番です。
そんな時はもう掃除を一生懸命やる、とか、ひたすら歩く、とか
そのくらいでは足りません。
もっと強く体自体を動かすことが必要になります。
毎日はやらないような、ちょっと自分らしくないような
きつめの運動を選ぶのです。

その時、私は泳ぐことにしています。
走るのはすごく苦手ですし、汗がたくさん出るのがダメなんです。
それに水につかっているだけでもとても気持ちが良いので
モチベーションは十分です。

プールまで約30分の距離ですが、そこをひたすら歩きます。
もうこの時から運動は始まっています。
何も考えないで、ひたすら前だけ見て歩きます。
ずんずんずんずん。

集中すると、狸が出てきても驚かない自分に驚きます(笑)
(↑つい最近あった実話です)
「おう、狸か。丸いな」
みたいに、かなり男前にクールに反応して前に進みます。

そしてプールについても、男前です(笑)
ストレッチも淡々とこなし、ガンガン泳ぎます。
頭の中に泳ぐために手足を動かしたり、呼吸を整えたりすること
以外のことが浮かんでくるようではいけません。
私はもはや泳ぐマシーンです!

しかしさすがに元水泳部でもありませんし
体力があるとは言え、しょせん素人ですから
頑張っても私の場合1.5kmくらいが限界です。
でも全然OKなんです。

時間もたいしてかかっていませんが、
それも全然OKです。
とにかく何も考えずに、体を動かしたことが重要なんです。

そしてまたまた男前にスっピンで家に歩いて帰ります。
なるべく知り合いに会わないようにしながら…(笑)
(↑男前じゃないじゃん(苦笑))

それで終了です。
それを多い時でも週に一度くらいやるようにしていますが
忙しかったりしてなかなかできない時は
前もって、いつもの生活の中によりたくさん運動的な要素を
取り入れるように心がけています。

人間は思考がもっとも大切なものであるという認識は
変わっていないのですが、肉体を持っているということは
またそれとは別のアプローチも私たち自身が常に必要としている
ということだと思います。

普段それとは全く違うことをしていることが多いので
何も考えず、体を機械のように動かすのがなんと楽しいことか!
ということに最近改めて気がつきました。
普段の自分と違うことをするからこそ、意味があるのです。

ですから、普段常に動いている方は
何か強制的に体の動きを止めてみてはいかがでしょうか?
それも短時間でOKだと思います。

今までと違ったことをするということは、体の中の
エネルギーの動きを変えることになります。
ちょっとした体内の「大掃除」をしていると考えてもいいかもしれません。
いつもは掃除機をかけるだけで終わっているけれど
時々丁寧に隅までぞうきんがけする、みたいな感じです。

そうすると部屋の空気の流れが変わるみたいに
すっと体も心も楽になったりするものです。
意外にシンプルな方法が役に立つんですね、
それも普段やらないことをする、というだけで。
同じ掃除の仕方をしていたら、同じところしかきれいに
ならないですものね!

頭がモヤモヤしたら、思い切って体を動かしてみる。
もしくは、体の調子が悪かったら、動きを止めて
思考を整えるような読書や瞑想をしてみる。

肉体と精神は両輪ですから、どちらか一方でも
健やかに機能し始めるなら、もう一方もなにか良いきっかけを
見つけて共にスムーズに動き始めるはずです。

ですから、どちらからのアプローチでもいいので
自分に尋ねてやってみれば、その時々で一番自分が
必要としていることがわかると思います。

愛しいダーリンが帰宅した時
「あなたどっちになさいます?
お食事ですか?お風呂ですか?」
と聞くみたいに、優しくしてくださいね(笑)

「体から?」
「思考から?」

さて、どっちにしますか?
[PR]
by lovingangelsnadia | 2009-12-06 21:15 | エンジェルセラピー