ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アーユルヴェーダではゴマのオイルを頻繁に使用します。
ゴマのオイル=アーユルヴェーダともいえるほど
全ての健康の元になると
アーユルヴェーダでは考えられているのです。

なぜなら、数あるオイルの中でもゴマは
浸透性がよい上に栄養価が高く、その昔は
悪魔がこれを用いたため、彼らは決して老いることがなく
また病にもかからず、
つねに体力気力があふれていたのだとか…。
このオイルを皮膚に直接塗ることによって体に栄養を
浸透させることができると考えられているからです。

有名なものでは、仰向けになってちょうどサードアイの
ところに温めたオイルを連続してたらしていく
「シロダーラー」がありますが、それは人が食物その他の
ものから栄養を吸収しやすいのが、まずは粘膜で
その次に唇やこのサードアイの場所や
目だとされているからなのです。

特にシロダーラーは、サードアイに直接
働きかけることによって、心身の落ち着きだけでなく
精神の深いところにまで意識が到達できるという
非常にスピリチュアルな効用があると言われています。

そして皮膚は露出した臓器とも考えられています。
ここに温めた栄養価の高いオイルを直接塗っていくのが
「アビヤンカ」と言われるオイルマッサージです。

アーユルヴェーダでは、「乾燥」すなわち「老い」
と考えられていて、乾燥はヴァータと呼ばれますが
このアビヤンカを継続することによって
ヴァータを鎮静させることができます。

最近はサロンでも様々なオイルマッサージを
受けることができますが、基本的には自分自身で
これを行うことによって日々の健康が得られるのが
一番良いことだと思いますし、
実はオイルを作るところから、マッサージまで全部自分で
できることなのです。

まずはオイルの準備です♪

スーパーで透明なゴマ油を購入しましょう。
だいたい700円程度で普通の大きさのものが買えます。
(340グラムくらい)
そしてそれを鍋に入れて、120度で3~4分程度加熱します。
てんぷら用の温度計など使用すると良いでしょう。

料理をする方はおわかりだと思いますが
120度というのは比較的簡単に到達できる温度ですので
温め過ぎに注意しましょう。
この温める作業によって、抗酸化作用が出ます。
これを「キュアリング」と呼びます。

そして、冷めたところで、好きなアロマオイルを
追加して頂ければ、これでオリジナルオイルの出来上がり!
後は斜光ボトル(ポンプ式が便利)に入れて
使用するたびに、その分だけ温め直せばOKです。

温めなおす容器は、「生活の木」さんなどで
ろうを溶かすための陶器の小さいものが売ってありますので
それを使用します。

ちなみに私は用途別に二つのオイルを作っていて
一つはフランキンセンスを入れたリラックス用で
もう一つは、ちょっと元気が出る感じの柑橘系の
アロマを入れて使い分けています。

小さい子供さんや妊婦さんでも、このオイルは使用できますが
その際はアロマは加えずに作ってくださいね。
最近は赤ちゃんの精神の安定や発育と
そしてママとのスキンシップにも、このオイルマッサージは
注目されていますよね。

さあ、オイルマッサージの時間です。

まずポイントは、全身くまなくマッサージする
ということです。
ですから、結構べとべとしてしまうかもしれませんので
専用のタオルを用意して、その上で行うと良いですね。

またお風呂で(滑るので気をつけて!)やれば
掃除も簡単ですし、終わった後にさっと流すことも
できるので非常に便利です。
この時は冷えないように気をつけてくださいね。

足の裏から始めて、頭のつぼまで
ゆっくり、自分の体と対話するような感じです。
関節のところはくるくるっと丸く回してあげて、
凝っているところをぐいぐい押すのではなく
じっくりマッサージする手と、それを受けるからだ、
両方が互いを感じながら、スムーズな流れで
進めていくと、なんとも言えない安心感と心地よさと
満足感が得られます。

まさに♪うっとり♪

大切なはずの自分の体と心なのですが
意外にその声を聞いてあげていなかったな~と思ったり、
自分が自分をいたわっている感覚がストレートに
伝わってくるこのマッサージは
自分の事は自分で気をつけなければという
シンプルなことを改めて思い出させてくれる
最良の方法の一つかもしれません。

足の裏はビー玉の入った袋を転がすようにすると
良いと私の先生から聞きました。
そして頭はつぼを押さえる感じです。
その他全身は、流れるように自分で自分を
感じながらマッサージを続けてください。

皮膚から直接栄養を与える、このアビヤンカは
女性なら生理の期間中は避けてください。
なぜなら生理の時は浄化で排出する時間となりますので
与えすぎは消化を困難にさせるからです。

また肥満で、糖尿などの病気がある方も注意です。
そして体質によっては毎日続けるのではなく
適度に行うことが良いと言われています。

一方、肌が乾燥気味で、気持ちが不安定になりやすい人、
旅先から帰ってきて疲れている人などには
このアビヤンカは体と心を安定させる
素晴らしい時間になります。
まるでオイルの膜に守られているようだと
乾燥気味の方はおっしゃっていました。

次回は「白湯とはちみつ」についてお話ししますね♪
[PR]
by lovingangelsnadia | 2010-04-25 18:04 | 天使のメッセージ

私のサロン

先日、サロンをオープンされた生徒さんのところに
遊びに行ってきました!

とても素敵な空間になっていて
新しい門出にぴったり!と皆で大興奮でした。
早速オープンのためのイベントの企画も盛り上がり
楽しいことがまだまだ続きそうです♪
私もそのお手伝いを、少しでもさせて頂けるのは
大変幸せなことだと感謝しています。

Kさん、おめでとうございます!

もちろん専用のスペースがあるのは素敵なことです。
ご自分のサロンを持ちたいな~とお考えの皆さん!
例えそれが今は用意できなかったとしても
全然気にしないでくださいね。

電話やメールだけのリーディングやヒーリングの
セッションメニューだったとしても
皆さんが行くところが、今いる場所が
「私のサロン」だと、そう思ってみてください。

それが居心地のよいカフェでも、自宅の一室でも
クライアントさんやお友達の家だったとしても
皆さんがいれば、そこがあなたのサロンです。
リーディングをしている場所が
皆さんだけのサロンになるのです♪

だからそこでの時間をより快適に
そして素敵なものになるように工夫してみて
そして何より楽しんでください。

またレッスンを修了された方々で
サロンのオープンなどを考えておられる方は
ぜひご一報くださいね。

どうぞあなただけの素敵なサロンを作ってください!
[PR]
by lovingangelsnadia | 2010-04-10 20:30 | 天使のメッセージ
みなさま、こんにちは!

今回はメール送受信についてのお知らせです。
ここのところお問い合わせを頂いたメールに
お返事をさせて頂いたものが
きちんと届いていないという例がいくつか発生しております。

基本的にお問い合わせを頂きましたら
遅くとも3日以内には必ず返信させて頂いておりますので
もしまだ未着だと言う方は
大変ご面倒ですが、お手持ちのパソコンメールアドレスの
受信設定、もしくはフィルターのチェックを
お願いいたします。

またメールでのやり取りができない場合は
ご連絡先をお書き添え頂けましたら
私からご連絡させて頂きますので
どうぞよろしくお願いいたします。

心からの愛と感謝をこめて
千鶴
[PR]
by lovingangelsnadia | 2010-04-08 10:48 | お知らせ
私は20年ほど前から花粉症に悩まされてきました。
ひどいときは顔の皮膚がずるずる剥けてしまったり、
薬の副作用で歩きながら寝てしまいそうになったり、
熱を出して寝込んだり…。
週に一回注射を打ちに行くなど、
それはもう大変でした。

せっかくの春の季節もうんざりでした。

でも、自分自身の意識を変えて
「花粉症」ということにフォーカスせず
「完全な健康」という意識をしていたら
なんとなく症状が改善してきたのが数年前です。

それからはかなり楽になりました。

通院も投薬も止めてから4年ほど経ちますが
ほとんど意識しなくなるくらいにまで
良くなってきました。

でも、やはりくしゃみなどの症状は多少出ます。
そして花粉の飛び始めのまだ寒い時期に
かなりひどく症状が出たことがありました。

その時に、スポーツマッサージを習っている娘から
リンパの流れを良くするやり方を教わり
試してみたら、急に
「ぷすん」と栓が抜けるような音がして
鼻詰まりが一気に解消したことがありました。

私は今まで自分の「意識」をうまく
良い方向へシフトさせていくやり方だけを
続けてきましたが、この「鼻詰まり一気に解消事件(?)」
を機に、体自体の動き、機能にも関心が出てきました。

肩こりなどでも、マッサージしたり
つぼを押したら、
さーっと血液やリンパが
流れるのを感じることがあります。
これは単純にとても気持ちが良いものです。

やっぱり、物理的なアプローチも
とても大切で有効なんだなと、
思えば当たり前のことに
非常に感動したのでした。

そこで、こちらもやはり数年前から続けているヨガを
さらに楽しんで進めて行かれるようになりました。
そして出会ったのが「アーユルヴェーダ」です。

ヨガをやっていると、もしくはインド哲学や神秘主義を
調べて行くと、必ず行きあたるのが「アーユルヴェーダ」です。

「アーユルヴェーダ」はインドに5000年前から伝わる
健康に関するさまざまな知識のことです。
インドには「アーユルヴェーダ」専門の医師もいます。
医療として認められているからです。

「アーユルヴェーダ」の語源は
「アーユル」が「生命」、「ヴェーダ」が「知識」と言う意味です。

必要なものを増やしていく形の科学ではなくて
基本的にはできるだけ減らしてバランスをよくすることを考えている
健康であるためのあらゆる知識のことを指しています。

単に病気の治療方法だけではなく、気持ちの持ち方
食事、運動の仕方、人との接し方などが含まれている
哲学となっています。

「アーユルヴェーダ」の古い文献には
その起源は、ヒマラヤに聖者が集まって会議をして
始めたと載っています。

この古い文献は、今でもアーユルヴェーダ専門の大学などで
使われていて、詩を中心に成り立っている壮大なものです。

その前提にある考え方として
「やってみる→感じる→考える」
というのがあります。

これが本当に面白いと思いました。
とりあえず何でもやってみる、そしてそれをしっかりと感じてみる
そして最後によく考える…。

普通の学問とは順序が全く正反対なのが、とてもユニークだし
実務的だし、生活感があるし、つまり私にぴったりだな、と(笑)

そして私もとりあえず、少しだけ先生に習いに行ってみて
本も読んで、いろいろやってみることにしました。

そうしたら、これが、おもしろい、おもしろい♪♪♪
久しぶりに夢中になれるものを見つけてしまいました!

私も、試してみて、そして感じてみて、それから考えてみました。
それは「真ん中で遊ぶ」ということです。

体と心。
暑さと寒さ。
重いと軽い。
風と水。
天と地。
緊張とリラックス。
エトセトラ、エトセトラ…。

もしかして、一番いいのは、
このようにいろいろなもの、こと、
そしていろいろな世界の真ん中で愛を叫ぶ…じゃなくて(笑)
(もちろん叫んでも全然いいんですけど(笑))
「真ん中で遊ぶ」ように暮らすことなんじゃないか、
そんなふうに思えたのです。

これから数回にわたって、
そんなふうにすぐに楽しくなれて、快適な気分を味わえる
アーユルヴェーダ的な生活に活かせるあれこれを
ご紹介したいと思います。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2010-04-06 20:44 | 天使のメッセージ