ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:メッセージ ( 188 ) タグの人気記事

ある晩、私は夢を見ました。
そしてその夢はこのような物語になっていました。

そこは西洋の田園風景の広がる、のどかな農村でした。
人口も少なくて、住人は皆顔見知りです。
多くの人がその村で生まれ、成長し、家族を得て
そして最後の時を迎えます。

その村にはとても変わった習慣がありました。
人々はほとんどお金を持たないのです。
いいえ、持ってはいるのですが、使用することは
滅多にないのです。

それがその村の大きな、そして唯一の特徴でした。
それほど、この村はどこにでもありそうな
よくある田舎の村でした。

では、そこでは皆がどうやって生計を立てているかと言うと
大工仕事が好きなものはあらゆる大工仕事を買って出て、
料理が好きなものはたくさんの料理をこしらえ分けて、
縫物が好きなものは他の人の分まで仕立ててあげて、
知識が豊富なものはその知識を他の人に伝えるのでした。

そうやって皆、仲良く、そして好きな事をして
何も困らずに生活していました。
そして食べるもの等は、自分の得意な事をして
お礼にもらったり、交換して手に入れたり
でも大部分は自分で作って賄っていました。

ある若者がいました。
彼は一日中、牛を見ていることが好きでした。
そしてある家の二頭の牛は、なぜかどこか遠くへ行ってしまう
癖があり、その飼い主はとても困っていました。

この若者はこれらの牛を一日見ていることにしました。
それが彼のしたいことでした。
彼は牛を眺めているのが好きでした。
その時間を楽しんでいました。

そして牛の飼い主は、牛がいなくなりそうになると
知らせてくれるこの若者の存在に感謝していました。
でも、そこでお礼や賃金のような形で
お金を彼に渡すことはありませんでした。

ですが、双方非常に満足していました。
そしてそこにはいくつか物やお礼の言葉での
何らかのやりとりは常にありました。

また別の若者がいました。

その若者にとってお金の存在は重要でした。
お金を多く持っていることが彼にとっては自分の強さだったり
自由へのパスポートになると信じていました。

毎日何も不自由はしなかったのですが
自分にはお金が少ししかないことが気になっていて、とにかく
少ないものは増やさなければ、という観念にとりつかれたように
なってしまっていました。

彼にとって常に気になって重要なのは、
足りているもの、ではなくて
足りていないもの、足りていない部分、だったのです。

彼は村でも有名なお金持ち二人をだまして
両方から大金をせしめる計画をたてました。
つまり詐欺事件を企てたのです。

二人とも女性で、しかもどちらも夫に先立たれ
かなりの大金を手にしているとの噂でした。
でも、この若者は
このどちらの女性にも会ったことがありませんでした。

しかし村では昔からこのことは皆が知っていて
若者もずっと気になっていました。

そして、村に数えるほどしかない電話を使って
それぞれに電話をかけ、自分の身分を偽り、
良い話があると持ちかけました。
それは「とても素晴らしい本が手に入ったから
ぜひお譲りしたい。
だが、とても貴重で高価なものだし
何より一冊しかないので、信頼できる人だけに売りたい。
ぜひ買って頂けないか」
というものでした。

もちろん、そのような本は一冊もありませんし、
もともと存在さえしていないようなしろものでした。

若者は二人に電話をかけて同じように切り出しました。
そして言葉巧みに売りつけようとしたのです。

ですが、若者には知らない事実が一つありました。
その二人の女性は、実は全く同一人物だったのです。

彼が「二人にかけた」と思った電話は
実は同じ家に繋がり、同じ人が受話器を取っていたのです。

そんなことを想像もしない若者は
声が同じということに全く気が付きもしませんでした。

実のところお金に対する執着は強かったのですが
元々は悪事を働くタイプでもないこの若者は
自分の計画を遂行することに熱中していたので
細かいことに気が回らなかったということもあり
結局、この詐欺事件は完全に失敗に終わりました。

若者がそのことに気がついたのは
二本目の電話の最中に、老婦人に優しく諭された時です。

若者がいわゆる若気の至りで突っ走ってしまったのだと
そう感じた婦人は、刺激しないように
そして若者のプライドを傷つけないように
そのようなものはいらないし、
あなたはもっと自分を大切にしてほしい、
そう伝えたのでした。

その愛ある対応に、
まるで稲妻に打たれたように何かを感じた若者は
一瞬にして自分の置かれた状況を理解し
そして急速に目覚めて行きました。

執着を解き放ち、自分の足りないもの、ではなく
満たされているもの、あるいは
本当に自分が心から欲していること
それに従うことにしたのです。

彼はまっすぐ森に走って行き、それからしばらくの間
一心不乱に、そして情熱的に一つのことに打ち込みました。

そして数日ぶりに村へ戻ってきた若者は
まるで別人のように穏やかで満ち足りた平安の中にいました。

彼の手には樹で作った見事なリースがありました。
彼は小さいころから樹で何かを作るのが
大好きだったのです。
そして、これを教会に飾りたい、
そう神父に申し入れました。

その申し出は快く受け入れられました。
リースはとても美しく、力強く
そして実際非常に良い虫よけの効果もある
とても素晴らしいものだったのです。

このリースのお陰で、教会に虫が入ってこなくなり
人々は祈りの時間を快適に過ごすことができ、
そして美しい飾りが皆の目を
長く楽しませてくれることになったのです。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2010-10-26 18:24 | 天使のメッセージ

ワークショップのご案内

ワークショップまだ若干空きがございます。
開催まで時間が迫っておりますので、お申し込みはお急ぎくださいませ。
どうぞお気軽に、ご一緒に楽しい時間を過ごしましょう。
お待ちしております!!!


皆様
こんにちは!千鶴です。

今回は11、12月、そして来年1月にかけて行われます
各種ワークショップのご案内をさせて頂きます。

来年度より私が新体制での活動を予定しておりますため
現行のかたちでの開催は今回で一旦終了させて頂くことになりました。
今まで数々のご支援本当にありがとうございました!

今後はより一層、皆さまのご期待に応える内容と体制にし、
一人でも多くの方のスピリチュアルな能力と成長のために
さらに力を尽くしてまいりますので、
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

そして、この機会にもそれぞれのワークショップに
感謝の気持ちを込めて、今、私が持てる全てを注ぎ、
一つ一つがユニークで宝物のような内容になっております。
ぜひ多くの皆様のご参加をお待ちしております!

*************************************

①「パストライフリーディング・マスターコース」
 11月23日(祝)午後1時から午後6時まで
 参加費 45,000円

・過去生をより深く読み解くことから、自分の使命を探ります。
・大切な方たちとの現生での関係を知ります。
・今生での課題を知り、それを癒します。


☆定員になりましたので締め切りました。ありがとうございました!☆
②「プロフェッショナル・ミディアムシップ2days」
 1月9日(日)午後1時から午後6時まで、1月10日(祝)午前10時半から午後3時まで
 参加費 55,000円

・亡くなった大切な方たちからのメッセージを受け取ります。
・安全でとても感動的なやりとりの方法を初歩から学べます。
・簡単な除霊や、日常的にすぐに生かせるワークを習得します。

③「第三回 ヒーリング講座 (全二日間)」
 12月1日(水)、8日(水)各午後1時から午後5時まで
 参加費 55,000円

・「癒しとは何か」の基礎からプロレベルまで考え方の基本から学びます。
・オリジナルヒーリング法の伝授とさまざまなヒーリングワークの取得。
・修了後にオリジナルヒーリング法のプラクティショナー修了証授与。


☆定員になりましたので締め切りました。ありがとうございました☆
④「エンジェルオラクルカード・リーディングマスターコース2days」
 11月27日(土)、28日(日)各午後1時から午後6時まで
参加費 60,000円

・今までと全く違ったカードリーディング法のワーク。
・オラクルカードの深遠な世界観を知り、そこからサイキック能力をアップ。
・オラクルカードのスペシャリストとしての今後の活動を支える資格を授与。


⑤「プライベートレッスン・フォローアップ講座」
 11月14日(日)午後1時から午後6時まで
 参加費 40,000円

・今年度にレッスンを受けて頂いた方だけのための特別講座。
・同じレッスンを受けた方々の集まりによる充実したフォローのワーク。
・レッスン内容の確認とさらなる精度向上をオリジナルのワークで進めます。


⑥「夢リーディング講座 (全2日間)」
 11月21日(日)、12月5日(日)各午後2時から午後5時まで
 参加費 40,000円

・本当の自分を知るための素晴らしいツール「夢」をより身近に。
・各シンボルから深くリーディングしていくことによってサイキック能力を上げる。
・夢のリーディングを進めることでより多くのガイダンスを得るためのワーク。



⑦「ミディアムシップWS アドバンス・コース」 (残り2名様)
 1月23日(日)午後1時から午後6時まで
 参加費 55,000円

・ミディアムシップを極めたい方のための講座(2days参加の方のみです)。
・光の除霊伝授。
・ミディアムシップのワークをプロとして実践したい方の為の各種ワーク。

⑧「サイキック能力開発特別講座」
 12月12日(日)午前11時から午後5時まで
 参加費 45,000円

・本物のサイキック能力をバリエーション豊かで簡単なワークを通して身につけます。
・あなたの得意な部分をより大きく開発します。
・鋭い洞察力、各種リーディングの精度アップに特化した講座。

**************************************

以上になります。
なお、全ての講座の定員は4名様まで、とさせて頂きます。
そして開催場所はこちらも全て鎌倉のサロンとなります。
参加費は全て消費税込みの価格になっております。

特に記載がない講座は、プライベートレッスンを修了されていない方や
初めての方など、どなたでも受講して頂けます。

今回のご案内は紙面の都合上簡単な紹介になっておりますので
ご質問などございましたら、ご遠慮なくメールにてお尋ねください。

また複数お申し込み頂いた場合は、代金の割引をさせて頂いております。
そして分割払い等のご相談も承っておりますので
ご希望される場合はどうぞお気軽にお申し出くださいませ。

お申し込みは件名を「ワークショップ申し込み」として頂き
・お名前
・連絡先(携帯番号)
・メールアドレス
・お申し込みの講座名
以上を明記して、10月29日(金)までに
angel889☆loving-angels-nadia.com
(☆の部分を@に書き換えてください)
こちらまでお送りください。

どの講座も定員が4名様と大変少なくなっておりますので
お申し込みの際は、できるだけお早めにお願いいたします。

素晴らしい皆さまとのかけがえのない時間を
またご一緒できるのを天使とともに楽しみにしております。

心からの愛と感謝と
そして一杯の光をこめて
千鶴
[PR]
by lovingangelsnadia | 2010-10-21 21:18 | お知らせ
私は仮説を立てて、
それを自分の中で立証していく作業が好きです。
意識はしていませんが、常にそのための
「ネタ」を探しているような気がします。

スピリチュアルなことは、でも、
科学の世界と違っているので
「立証」は実はできないことです。
でも、私がこの場合「立証」と言っているのは
自分の中で納得できたこと、
あるいは普段の自分の情報ソースから得たことや、
仕事やプライベートを通じての体験などから
「ああ、やっぱりそうだったんだ」と
思ったこと、確信を持ったこと、という意味になります。
このようにあくまでも、スピリチュアルなことは
内的な世界のことになるのです。

また、いわゆる「サイキック能力」を伸ばすために
普段からどのようなことをしていけばいいのか、
というご質問を必ずと言って良いほど、
生徒の皆さんから頂きます。

その時にいつもお答えしているのは
「普段の生活を大切にすること、
毎日同じことをすること、
自分自身をよくリーディングすること」
この三つです。

私は古代の地球で人間の登場よりずっと前に
ずっと長い期間君臨していた恐竜に非常に興味があり
自分でもいろいろと調べていて、大好きです。
ある古生物学者さんが
「恐竜の化石の発見に関して一番大切なことは何ですか?」
という質問をされていて
その答えを聞いて、「なるほど」と納得したことがあります。

恐竜を研究している学者さん方が
僅か数センチの歯や骨の化石を、刷毛などを使いながら
石や他の動物や植物の化石と区別する作業は本当に大変です。
見失ってしまいそうな、小さな点のような化石が埋まっているのを
見つけることは容易ではありません。

その質問に対して博士はこう答えました。
「良く観察すること。小さなことも見逃さないこと」

私たち自身も小さな宇宙であるのですから
全く同じことが言えると思います。
それは、自分自身に対しても、他の人に対しても。

では「自分自身を観察する」
とはどういうことでしょう。
それによってより敏感になれるというのはなぜでしょう。
「心配し過ぎはなぜよくないのか」ということに的を絞って
考えてみたいと思います。

そもそもなぜ「心配し過ぎはよくないのか」

人は常にいろいろな事を考えて生きています。
死ぬまで(いや死んでも)
「考える」という作業をやめることはありません。

ですから「考える」こと自体が悪いわけではなく
「考えすぎ」がよくないのだろうな、ということはすぐわかります。
つまり「過ぎたるは及ばざるが如し」です。
(まあ、これは何にでもあてはまりそうですね(笑))

では、便宜上、非常に乱暴ですが、わかりやすくするために
これを二つの状態に分けてみたいと思います。

「普通に考えているライン」と
「考え過ぎのライン」です。

ここから先は考え「過ぎ」だぞ~~~と
警報機が「うお~んうお~ん」鳴るようなラインはどこなのか、
ということですね。

考え過ぎている状態というのは、「過ぎている」ということで
「自然ではない」とイコールです。

具体的には、その時の私たちはとにかく頭がフル回転です。
体のエネルギー全部が頭に上っていってしまったように
いわゆる「気」「エネルギー」がほとんど上に集中してしまうのです。
頭だけを回転させるために、つまり思考を不自然なまでに
続けるためには体の全てのエネルギーを頭に持っていかねばなりません。
それくらいエネルギーを使うことなのです。

そうなると、私たちの体のあちこちにも異変が出てきます。
私たちは「頭」だけで生きているわけではありませんし、
体全体もエネルギーとして、全体の一部だからです。

異変の具体例としては、
下痢をしたり、肌が荒れてきます。
潰瘍ができたり、腰の痛みもあります。
転びやすくなったり、よく眠れなくなります。
頭がぼーっとしたり、片頭痛や
気がつくといつも前傾姿勢になっているかもしれません。

もちろんこれらは「不要なもの(考え)」を体内、思考から
解放する、浄化する、という意味もありますが
と同時に、体の下の方(胃腸)や、体を覆う皮膚に疾患や具合の
悪い部分を発生させることによって
「もっと下の方にも意識を持ってきて!
もっと全体を見渡して!」と訴えかけるように
意識を下や全体にも向けさせる作用があると思うのです。

これはチャクラがある意味正しく作動している
という言い方もできると思います。

私たちはそうやってバランスを取ることを学ばなければ
いつまでも成熟することはできない方法を
肉体を持っている限り続けているわけです。

今のは、肉体に現れる変化をお伝えしてみました。
では、「考え過ぎ」の時の「思考」つまり
「心の中」だったり「頭の中」だったりはどうなっているのでしょう。

考えは同じところを周り、内容はどんどん複雑になり
過去の出来事、未来の心配、いろいろな人間模様などが
ぐるぐるぐるぐると入り乱れて、どんどん出口が見えなくなってきます。

とにかく「複雑になっていく」というのが一番の特徴です。
今まで「大丈夫」と思っていたことでさえ
急に怪しく思えたり、気にならなかったことも気になりだして
話がどんどん複雑になってきます。

そうなると人は非常に苦しいので「知性」でのみ
話を決着させようとします。
論理的な思考、一般的な考え、常識的な行動…。
誰からも非難されないような、でも自分では本当は納得できないような
「当たり前」「普通」のことに片付けようとします。
「正当な理由」というもっともらしいものが
だんだん増えて行きます。

これがエゴのやっていることです。

「知性」だけで物事を解決することはできません。
こうやって一生懸命私も文章を書いていますが
本当に誰かに何か伝わるとしたら、それは一つ一つの言葉からではなくて
私の文章から発せられるエネルギーからだと思うのです。

人は常に言語化、具現化しようとしますが
それは永遠に続く遊びのようなものであって
本当に伝えることができるものは、目に見えないものからなのだと
私は思っています。

だって「愛」が何かって、完全に言葉にした人も
科学で証明した人もいないではありませんか。
でも、それは終わることのない、楽しい遊びみたいなものだから
とても美しいのだと思います。

ただ「知性」はとても助けになります。
エゴも同様です。
それらは使い方次第でとてもよい「道具」になれます。
元々持って生まれたものには何も無駄なものはないのです。

知性を「使って」どんどん自分を観察すればよいのです。
でも最終的には「ハートに聞く」ことが大切です。
ここまでしないと本質には触れることはできない。

損得ではない、感情の部分。
もしかすると、言葉には出来ないかもしれないし
人に説明できないかもしれない部分。

そこに私たちの真実、本質がきっとあります。
敏感さ、その深遠な世界もきっとここと
確実につながっているのです。

そう言った意味から体の部分に話を戻していくと
体が悲鳴を上げているようなことを、自らやってはいけないはずです。
自分で自分を傷つけているのですから。

私たちは全体的(ホリスティック)な存在です。
体も心も、胃も腸も、手足も、髪の毛も
考えていることも何もかも全てが全てであり
一部であるのです。
全体が一部を、一部が全体を否定していては
成り立たないのです。

それら全てが私たち自身なのです。

「じゃあ、うお~~んうお~~んって
警報機が体か思考か、そのどちらかで鳴ったラインから
考える(心配)を止めてしまって
心を切り替えて楽天的に安らかにすればいいのね!」

まさにその通り!なのです。

でも一つここでややこしいことが。

普段から頭を良く使う人
(学者さんとか職業的なことではありません)や
体に異変があっても、エネルギーが不足していても
それが日常的になってしまっている人は
「ここがラインだ」
ということにはちょっと鈍感になってしまっていると
言わざるを得ません。

それは、長いこと続けていると「癖」になっているからです。
でも「癖」は気がついた瞬間から
もう消えてなくなります。

そして、この題名にも書いたように
これは「私の仮説」ですので
どうぞご自分でご自分なりの「ライン」というものを
丁寧に見つけて行ってください。

私の仮説は「私の仮説」であって、
読んでくださっている「あなたの仮説」とは違うかもしれません。
だから「自分の仮説」を作ってください。
そのために、熱心に辛抱強く、そして
常に愛情を持って自分自身を観察してあげてください。

他の人を熱心に観察することよりも
自分自身をよりよく見てあげて、そしてわかってあげて
心に従った生き方をする方が
人生に参加している、ということになるのだと思います。

私たちは観察者でありますが、何より一番大切なのは
参加者であり、主体なのだということなのです。

もし体や心が疲れているように思えたら
ご自分のラインを見つけるように、優しくご自分を
どうぞ労わってあげてください。

そうしたら、今まで見えなかったことが見えてきて、
自分に対しても他の人に対しても
あるいはあらゆるものに対しても
必要な敏感さを手に入れることができたのだと
きっとわかると思うのです。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2010-09-19 21:12 | エンジェルセラピー

夏の終わり

夏の終わり、私は大好きな九州を旅して来ました。
とっても楽しくて素敵な思い出が一杯の
素晴らしい旅でした!!!

d0073968_2039056.jpg


船に乗ってぼんやりと、空、山、海を眺めていたら
「私たち人間は生まれながらにして全てを持っているんだ。
でもそのことを忘れてしまっているんだ」
そう思いました。

何気ないことや少しの幸せに心から感謝して
楽しめて喜べる毎日でありたいと思います。

皆さんにも素敵な夏の日の思い出がありますように…!!!

Love
Chizuru
[PR]
by lovingangelsnadia | 2010-09-02 20:42 | 日常のひとこま
地に足を付けること「グランディング」が
今、とても重要になっています。

いつも頭を働かせている現代に生きる人々は
特に都会に住んでいると、自分も大自然の一部であると
いうことを忘れてしまいます。

あるいは精神世界に没頭すると
ふわふわとした感覚が気持ち良くて、
空に浮き上がるようにバランスが崩れることもあります。

もし、より高く飛びたいのであれば
大地に根ざしていることを確認しつつ
大地とのつながりをもっともっと思い出さなければ
高みへと登ることは中途半端になり
危険を伴う行為になってしまいます。

基盤のない飛躍は、ただ不安を生みだすからです。

もう一度大地とのつながりを思い出しましょう。

私たちはすべてと繋がっています。
地に足を付けるということは、そのことを
心身ともに確認することになるのです。

そして私たちはより多くの素晴らしいものから
限りないエネルギーをもらうことができます。

忙しく働いている頭や心に行きすぎたエネルギーを
せっかく持って生まれてきた、この肉体に
もっとまんべんなく、さらに自分自身の中心へと
しっかりと降ろしてあげましょう。

グランディングをすることでまた、自分と自分の繋がりも
思い出すことができるのです。
自分と自分自身の繋がり。
自分と大地との繋がり。

自然に触れることができない環境に暮らしていても
ちょっとしたことを心がけることで、
何気ない日常の中で「繋がり」を取り戻すことができます。

窓を開けて空を眺めてみましょう。
そして風を感じてみましょう。
鳥のさえずり、雲の動き、太陽の光を
感じてみましょう。

それは、お天気を予想するためでもなく
ただ単に目の疲れを癒すためでもありません。
ただ感じるのです。

空気の流れ、その湿度の濃さ、そして風の匂い。

そして足の先から手の指の先まで
自然のエネルギーが入ってくるのを感じます。
(気持ち良さそうでしょう?)

たった数分のまるで小さな瞑想のように
ただ空気や空を感じるだけで
私たちはしっかりと大地とのつながりを取り戻せます。

そしてそれは「自分自身を取り戻す」ことに
繋がってもいるのです。

私たちは繋がっています。
繋がりは消えることはありません。
それを忘れることはあっても、決してなくならない。
だから、思い出すだけで良いのです。

一日に何回でも、私たち自身が
大いなるものの一部であり、全体でもあること、
そして全てのものと繋がっていることを思い出せれば
平安と幸福は常に私たちの手の中にあるのです。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2010-06-10 21:47 | 天使のメッセージ

可能性を生み出すもの

可能性を生み出すもの…
それは寛大さです。

もし何かに対して焦る気持ちや
不安な気持ちを抱いてしまったら
そんな自分自身の「そんな気持ち」をまず
受け入れて認めてあげます。

そして、「そんな気持ち」を「感じて」あげます。
無視せずに、ただ感じてあげます。

願いをかなえることは難しくありません。
もし難しいと感じているのなら
それは「難しいものだ」と思っているから。

そして大切なことは、あらゆる瞬間において
「寛大であること」
寛大さは焦りの気持を遠ざけてくれ
私たちに明晰さを取り戻させてくれます。

焦りは私たちの視野を狭くさせます。
そして選択肢を取り上げてしまいます。
私たちは、大いなる可能性の芽を
自ら摘み取ってしまうのです。

目を見開き、本当の自由を感じるとき
無限の可能性が広がっていることに気づきます。
そして、私たちは願いを叶えていくことの
プロセスと確実さを知ります。

寛大さは全てを祝福してくれます。

全てにおいての自由を約束してくれます。

全て、とは私たちが作りだしている
この世のあらゆる束縛です。

自分自身や他者に対して寛大であること。
あらゆる物事に寛大であること。
それは私たち自身が作りだし、私たち自身を
縛り付けていたものからの解放を意味します。

そして私たちは大いなる流れと一体であることを
あらゆるレベルで同時に感じます、知ります。
ただ、全てが愛だと知るのです。

全ての人は愛されています。
「愛」そのものです。
祝福が満ちています。

可能性を制限するものではなく
より広げるものに目を向けて行きたいと思います。

そして大いなるものと一体であることを
私たちが思い出すとき、
全ての可能性が輝き始め
私たちは全てを手にしていることを知るのです。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2010-06-07 22:31 | 天使のメッセージ
ずばり今回ご紹介するのは諏訪大社です!
(なんだか通販みたいな出だし(汗))

私も今回初めて行ったのですが、本当に
素晴らしいところでした。
なので、ぜひ皆さまにもこのパワーをおすそわけしたいと
思い、取り急ぎこの記事を書いております!

実はこの近くに私が子供のころから毎年夏に
通って過ごしていた両親の所有する家があるのですが
そこから車で40分程度なのにも関わらず
今まで一度も訪れたことはありませんでした。

今回も、この家の壊れた所を直すために
母と妹、そして私の長男というレアなメンバーで(笑)
結構バタバタと出かけて行ったので
写真さえ撮っていないくらいです。ごめんなさい!

家族皆の都合で、前日の夜中に東京を出発し
ほとんど寝ないままで次の日の夕方に疲れきって
「諏訪大社 本宮」を訪れたのですが
境内に入った瞬間から、指の先までビリビリ…。
「おお!エネルギーが入ってきた!」
そしてさらに体の中心からいい感じで
(負担のない自然な感じという意味です)
力が湧いてくるような感覚になりました。

そしてとにかく気持ちが良い!
清々しいとはこのことよ!!!!!って(笑)

もう思わず文字の色まで変えちゃうくらいの
本当に爽快な気持ちの良さなのです。

自然に笑みがこぼれてきて、なんだか楽しくなってしまいます。
さっきまでの疲れた顔はどこへやら???

入口にはもちろん七年に一度開催される
「御柱(おんばしら)祭」で切り出された御柱
(もみの大木)がすっくと立って出迎えてくれます。
それにしても、このお祭りは、毎回死者が出るほどの
激しいお祭りということで全国的にも有名ですよね。

でもさらに素晴らしいのはもっと境内の奥にある御柱です。

順路に従って進んで行って最後のポイントは
祈祷所があるのですが、そこの前を通りかかった時
体がさらにビリビリするのを感じました。
「ん??」と思い、もう一度ビリビリポイントへ戻ってみました。

するとある一定の場所から場所へと移動すると
ビリビリが全身に来て、それ以外ではさほどでもないと
いうことが感じられました。

「ここはいったい何があるんだろう?」と
辺りをきょろきょろと見回してみました。
(しかしここまででもかなり怪しい行動です(苦笑))

山側の方のあるポイントで、長男が森を見上げて
呆然と立ちすくんでいるのが見えました。
ちょうど私の「全身ビリビリポイント」と並行している場所です。

そのまま長男のいる場所へと移動してみると
そこには山の上のほうに、第四の御柱が奉納してあるのが見えました。
その御柱はまるで山の神様のように
他の御柱よりもさらに神々しくそびえたっているのです。

「これだ!!!」

すごいです、本当にすごいパワーでした。
”神々しい”とはこのことです。
もちろん森は原生林で、山自体がご神体として
大切にされて崇められているのですが
それにしても本当に素晴らしいエネルギーを持っているのが
立っているだけでビシビシ伝わってきました。

諏訪大社はその起源があまりに古くてよくわかっていないそうで
日本最古の神社の一つだそうです。
また、いわゆる「レイライン」の重要なポイントでもあり
御柱は各地の土着の信仰によくみられる
「生命力、生殖」のエネルギーを表していて
龍神の力も加わって、それはとてつもないパワーを発しているのでしょう。

そして家に帰ってからも、相当ハードな道行だったにも
関わらず、家族が全員元気で過ごすことができました。
今回一緒に行った家族のメンバーは、それぞれが別々に
暮らしていて、もちろんエネルギー状態もバラバラです。
それでも全員が元気になれたのは、この諏訪大社が
どちらかと言うとあまり癖がなく、誰にでも受け取りやすい
エネルギーを発している素晴らしい場所だと
いう意味なのだと私は実際感じましたし、そう思いました。
これからも定期的に諏訪大社へはお参りに行くことになりそうです♪
[PR]
by lovingangelsnadia | 2010-05-26 10:16 | エンジェルセラピー
アーユルヴェーダではゴマのオイルを頻繁に使用します。
ゴマのオイル=アーユルヴェーダともいえるほど
全ての健康の元になると
アーユルヴェーダでは考えられているのです。

なぜなら、数あるオイルの中でもゴマは
浸透性がよい上に栄養価が高く、その昔は
悪魔がこれを用いたため、彼らは決して老いることがなく
また病にもかからず、
つねに体力気力があふれていたのだとか…。
このオイルを皮膚に直接塗ることによって体に栄養を
浸透させることができると考えられているからです。

有名なものでは、仰向けになってちょうどサードアイの
ところに温めたオイルを連続してたらしていく
「シロダーラー」がありますが、それは人が食物その他の
ものから栄養を吸収しやすいのが、まずは粘膜で
その次に唇やこのサードアイの場所や
目だとされているからなのです。

特にシロダーラーは、サードアイに直接
働きかけることによって、心身の落ち着きだけでなく
精神の深いところにまで意識が到達できるという
非常にスピリチュアルな効用があると言われています。

そして皮膚は露出した臓器とも考えられています。
ここに温めた栄養価の高いオイルを直接塗っていくのが
「アビヤンカ」と言われるオイルマッサージです。

アーユルヴェーダでは、「乾燥」すなわち「老い」
と考えられていて、乾燥はヴァータと呼ばれますが
このアビヤンカを継続することによって
ヴァータを鎮静させることができます。

最近はサロンでも様々なオイルマッサージを
受けることができますが、基本的には自分自身で
これを行うことによって日々の健康が得られるのが
一番良いことだと思いますし、
実はオイルを作るところから、マッサージまで全部自分で
できることなのです。

まずはオイルの準備です♪

スーパーで透明なゴマ油を購入しましょう。
だいたい700円程度で普通の大きさのものが買えます。
(340グラムくらい)
そしてそれを鍋に入れて、120度で3~4分程度加熱します。
てんぷら用の温度計など使用すると良いでしょう。

料理をする方はおわかりだと思いますが
120度というのは比較的簡単に到達できる温度ですので
温め過ぎに注意しましょう。
この温める作業によって、抗酸化作用が出ます。
これを「キュアリング」と呼びます。

そして、冷めたところで、好きなアロマオイルを
追加して頂ければ、これでオリジナルオイルの出来上がり!
後は斜光ボトル(ポンプ式が便利)に入れて
使用するたびに、その分だけ温め直せばOKです。

温めなおす容器は、「生活の木」さんなどで
ろうを溶かすための陶器の小さいものが売ってありますので
それを使用します。

ちなみに私は用途別に二つのオイルを作っていて
一つはフランキンセンスを入れたリラックス用で
もう一つは、ちょっと元気が出る感じの柑橘系の
アロマを入れて使い分けています。

小さい子供さんや妊婦さんでも、このオイルは使用できますが
その際はアロマは加えずに作ってくださいね。
最近は赤ちゃんの精神の安定や発育と
そしてママとのスキンシップにも、このオイルマッサージは
注目されていますよね。

さあ、オイルマッサージの時間です。

まずポイントは、全身くまなくマッサージする
ということです。
ですから、結構べとべとしてしまうかもしれませんので
専用のタオルを用意して、その上で行うと良いですね。

またお風呂で(滑るので気をつけて!)やれば
掃除も簡単ですし、終わった後にさっと流すことも
できるので非常に便利です。
この時は冷えないように気をつけてくださいね。

足の裏から始めて、頭のつぼまで
ゆっくり、自分の体と対話するような感じです。
関節のところはくるくるっと丸く回してあげて、
凝っているところをぐいぐい押すのではなく
じっくりマッサージする手と、それを受けるからだ、
両方が互いを感じながら、スムーズな流れで
進めていくと、なんとも言えない安心感と心地よさと
満足感が得られます。

まさに♪うっとり♪

大切なはずの自分の体と心なのですが
意外にその声を聞いてあげていなかったな~と思ったり、
自分が自分をいたわっている感覚がストレートに
伝わってくるこのマッサージは
自分の事は自分で気をつけなければという
シンプルなことを改めて思い出させてくれる
最良の方法の一つかもしれません。

足の裏はビー玉の入った袋を転がすようにすると
良いと私の先生から聞きました。
そして頭はつぼを押さえる感じです。
その他全身は、流れるように自分で自分を
感じながらマッサージを続けてください。

皮膚から直接栄養を与える、このアビヤンカは
女性なら生理の期間中は避けてください。
なぜなら生理の時は浄化で排出する時間となりますので
与えすぎは消化を困難にさせるからです。

また肥満で、糖尿などの病気がある方も注意です。
そして体質によっては毎日続けるのではなく
適度に行うことが良いと言われています。

一方、肌が乾燥気味で、気持ちが不安定になりやすい人、
旅先から帰ってきて疲れている人などには
このアビヤンカは体と心を安定させる
素晴らしい時間になります。
まるでオイルの膜に守られているようだと
乾燥気味の方はおっしゃっていました。

次回は「白湯とはちみつ」についてお話ししますね♪
[PR]
by lovingangelsnadia | 2010-04-25 18:04 | 天使のメッセージ

私のサロン

先日、サロンをオープンされた生徒さんのところに
遊びに行ってきました!

とても素敵な空間になっていて
新しい門出にぴったり!と皆で大興奮でした。
早速オープンのためのイベントの企画も盛り上がり
楽しいことがまだまだ続きそうです♪
私もそのお手伝いを、少しでもさせて頂けるのは
大変幸せなことだと感謝しています。

Kさん、おめでとうございます!

もちろん専用のスペースがあるのは素敵なことです。
ご自分のサロンを持ちたいな~とお考えの皆さん!
例えそれが今は用意できなかったとしても
全然気にしないでくださいね。

電話やメールだけのリーディングやヒーリングの
セッションメニューだったとしても
皆さんが行くところが、今いる場所が
「私のサロン」だと、そう思ってみてください。

それが居心地のよいカフェでも、自宅の一室でも
クライアントさんやお友達の家だったとしても
皆さんがいれば、そこがあなたのサロンです。
リーディングをしている場所が
皆さんだけのサロンになるのです♪

だからそこでの時間をより快適に
そして素敵なものになるように工夫してみて
そして何より楽しんでください。

またレッスンを修了された方々で
サロンのオープンなどを考えておられる方は
ぜひご一報くださいね。

どうぞあなただけの素敵なサロンを作ってください!
[PR]
by lovingangelsnadia | 2010-04-10 20:30 | 天使のメッセージ
みなさま、こんにちは!

今回はメール送受信についてのお知らせです。
ここのところお問い合わせを頂いたメールに
お返事をさせて頂いたものが
きちんと届いていないという例がいくつか発生しております。

基本的にお問い合わせを頂きましたら
遅くとも3日以内には必ず返信させて頂いておりますので
もしまだ未着だと言う方は
大変ご面倒ですが、お手持ちのパソコンメールアドレスの
受信設定、もしくはフィルターのチェックを
お願いいたします。

またメールでのやり取りができない場合は
ご連絡先をお書き添え頂けましたら
私からご連絡させて頂きますので
どうぞよろしくお願いいたします。

心からの愛と感謝をこめて
千鶴
[PR]
by lovingangelsnadia | 2010-04-08 10:48 | お知らせ