ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)の千鶴が、天使からのメッセージをお届けします。エンジェルリーディングのセッション等については、私のHPをご覧ください♪


by lovingangelsnadia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

助けを求める”勇気”

こんにちは!
年の瀬も押し迫って来ましたね。
あと半月で今年も終わり。
この一年は皆さまにとってどんな年でしたでしょうか。

私にとっては長い人生でもそんなにないだろうと
思えるような激動の一年でした。

いろいろな出来事や想いを体験するうちに
自分自身の価値観や感じ方が大きく変化するのを
時にはそれらがもたらす感情にどっぷり漬かりながら
時にはそれらをちょっと上から眺めるようにしながら
あらゆること(ワークって言ってもいいかしら?)
を自分に対して試しながら過ごして来たような気がします。

気がします…と言うか、確実にそうでした。
自分自身が自分自身を試しつつ
仕事に即役立つような(笑?)内面的な作業を
行ってきた一年でした。

そして私が今年できるようになったことの一つが
「助けを求めること」でした。

別にこれを年の初めに目標にしていたわけでもないのですが
人に自分自身の内面を見せたり、甘えたりすることに
あまり慣れていない私が、これがちょっとでも
できるようになったことは大きな変化でした。

そして、今思うことは
「助けを求める”勇気”」ってあるなあ、ということです。

誰かに助けを求めるためには
まず自分自身が「助けを必要としている状態だ」
ということを認めなければなりません。

その「自分が助けを必要としている」
つまり「困っている」「弱っている」ということを
まずは自分が受け入れなければならないのは、
何でも自分一人で頑張り過ぎてしまう人にとっては
簡単には辿り着かない考えです。
その現実を受け入れられない、のです。

それは「見たくない現実」なのでしょうし、
「弱い自分」を否定しているなら、そのことに
気がつないように、触れないように
ただひたすら前を向いて頑張るのがいつもの癖だし
生き方そのものだからです。

前向きに進む”勇気”はわかりやすいし
人々からも称賛されますが
自分の弱い部分をさらけ出すことは
まず最初に自分がそれを止めてしまうので
外からもわかりにくいし、自分でも気がつかないし
気がついたとしても、それを表現するのは
とても難しいことだと思います。

私が非常に困難な状況におかれた時に
私自身の内なる声に尋ねると
こんな答えが返って来ました。

「助けを求めなさい。あなたは決して一人ではない」

でも私は助けをお願いするのが
たぶんとても苦手です。
できるだけ人に迷惑をかけずに、そして
できるだけ人に気持ちの上でも負担をかけずに
ひっそりと暮らしたい(…というのは大袈裟ですが(笑))
と思うこともあります。

そして、おそらく多くの人が私と同じように
助けを求めることにいくらかの抵抗を感じているのでは
と思うのです。

でも、自分の弱っている状態を認めてあげることは
本当に大切なことです。
そのことは自分にしかわかりませんし、
例え他の人が先に気がついてくれたとしても
本人が認めなければ手を差し伸べることもできません。

そして私が自分自身のことを振り返って、何が自分を
辛い状況に閉じ込めていたり、助けを求めることを
拒ませているのか、を考えると
それは「恥」の概念でした。

さらに、少なからず人を巻き込んでしまうことや
自分自身が情けない、能力のない、状況をコントロールできない
ダメな人間だと思う「罪悪感」でした。

その深く自分に根ざしてしまっている考えが
「神」にさえ助けを求めることを躊躇させている時があると
気がついたのは大きなことでした。

それまでの自分は
あまりにも自然に、当たり前に自分を責めていたり
助けや保護から遠ざけてしまっていたので、そのことにすら
気がつかずたった一人で生きてきたような気にさえ
なっていました。

自分に罰を与えているような感じでも
それが逆に心地よかったり、人生とはそういうものだと
悟ったように思うこともありましたし、
とにかくそういうものだ、と思っていました。

内なる声は続けます。

「あなたは何も知らない」

そうです、私は何も知らないのです。
この世界のこともそうですし、見えない世界のことも
今の私が全てを知るなんてありえない事です。

ただ一つだけ、今の私でも想像することができるのは
いつか元の「一なる」状態に戻って、
その時には完全になり、至福を味わうのだろうな、
ということだけです。

でも「その日」が来るまでは
私は「そのこと」を体験することはできません。
まだ何回も生まれ変わって、失敗を繰り返しながら
レッスンを続けなければなりません。

本当の家にたどり着くまでは、まだだいぶかかりそうです。
ならば私はまだまだ(ずっと当分)ちょっとわかったことが
あったとしても、基本的には全てを知らない状態です。

まるで子供のような状態。
だから甘えてもいいんだ…。
教えてもらってもいいんだ…。
お願いしてもいいんだ…!!!

そう思えた時、なんだか曇り空が晴れて
ぱあ~っと明るくなったような気がしました。

そして、私は確かに”頑張るタイプ”かもしれませんが
その反面、何でも自分でコントロールしようとしたり
自分一人で決めてしまう癖があるのだということも
正面から受け止められるようになりました。

「助けを求める」のに「勇気」が必要だなんて
とっても矛盾した表現かもしれません。

でも「助けを求める」ためには
今の自分を受け入れる、認めることが必要なのだとわかれば
それはとても「勇気」のいることだとわかります。

決して自分を恥じたりせず、しっかりと受け止めるためにも
そして癒すためにも
いつでも「助けを求める」ことをためらわない自分で
いられたら、と思います。

そして、そんな人達と共にこの時代を生きていかれたらと
思っています。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2011-12-14 10:09 | エンジェルセラピー

12月の思い出

こんにちは!千鶴です♪

なんと前回の記事より1カ月も経過してしまいました…。
なかなかアップできないでいるのにも関わらず
ちょくちょく訪問してくださる皆さま、本当にありがとうございます。

ちょこっと慌ただしく過ごしておりましたが
ようやく落ち着いてきました。
また楽しんで綴っていきたいと思いますので
ぜひ遊びにいらしてくださいね!

さてさて、12月に入って数日経ちました。

私の12月の思い出と言えば…。
三人いる子供のうち、長男と長女が共に12月生まれですので
子供たちの誕生にまつわる思い出がたくさんあります。

先日もふと、長男を出産した時のことを思い出しておりました。
その時に浮かんできたのは、ある「匂い」でした。
それは出産した病院で、授乳の仕方を教えてもらうために
赤ちゃんと対面する前、手を洗うために用意されていた
石鹸の匂いでした。

まるで今、そこにあるかのように
はっきりとその匂いが私の中に蘇って来ました。
清潔で、どことなくかわいらしい感じのほっとする匂いです。

人の記憶が何かの知覚と結びついていることで
それが快であれ、不快であれ
何かその知覚をきっかけにして、あっという間に
その時間に戻ることができるのは
とても興味深いことです。

やはり時間は直線的ではなく
点になっているんだろうなと感じます。
肉体を持っている私達が知覚を変化させることは
とても重要で、さらにそれは何か大きな測りのような
ものになります。

当時まだ20代の前半だった私は
自分の産んだ赤ちゃんなのに実感が乏しく
どう接して良いか戸惑いながら
ただ看護師さんや助産婦さん達の教えてくれた通りに
抱っこしたり、おっぱいをあげたりしていて
なんだか自分は「お客様」のような気分でした。

その石鹸の匂いと同時に
「お客様気分」までまざまざと蘇り(笑)
気がつくと授乳する前、看護師さんが新生児室から子供を
連れて来てくれるのを待っていて
手持無沙汰している当時の私に戻っていました。

そんな私でもなんとか子育てをして来て
そして、その長男は今年で
私が彼を産んだ年齢になりました。

早いなあ~なんて一言で言ってしまうことはできないのですが
やっぱり「早いなあ」と感じます。

何も知らない私が、三人もの子供を育てて来られたのも
母や周りのいろいろな方たちのお陰ですし
私の知らないところで、子供たちもいろいろな方の
お世話になっているはずです。

今は大きくなった子供たちに私の方が
いろいろな事を相談したり、協力してもらったりもできますし
それぞれの世界があり
ちょっと離れたところで垣間見ることはしますが
手出し口出しせずに見守っていることが多くなりました。

そんな風に、関わり自体も変化してきていますが
一番大切な事は、やはりお互いに「存在してくれていること」に
感謝することなのだろうなと思っています。

私が両親を親として選んで生まれてきたように
子供たちが私を母親として選んでくれたのは、
どういう理由があるのか、全てを知ることはできませんが
長い年月を親子として過ごすことによって
その目的が一つでも果たせればいいなと思います。

家族の関わりは年月とともに変化して行きます。
子供たちもいつかそれぞれの家族を持つでしょうし
私もまたできたら家族が欲しいなあと思っています。

赤ちゃんを授かることは難しいかもしれませんが
まだあきらめていませんよ!(笑)

またその時々で、大切な人とは
お互いの存在自体に感謝して、より深く愛せるよう
受け入れることができるようでいたいなと思います。

家族や大切な人が集まることの多い年末年始ですね。
皆さまお一人お一人が素晴らしい愛に溢れた時間を
お過ごしになりますようお祈りしております。

心からの愛と感謝をこめて
千鶴
[PR]
by lovingangelsnadia | 2011-12-05 14:24 | 天使のメッセージ
人生の目的があるなら、それを知りたいと思います。
何のために自分が生まれてきたのか
何をすれば良いのか。

本当は自分は何をしたいのか。

人はずっとそれを探し続けるのかもしれません。

もしそれが見つかったら
どんな気持ちがするのでしょう。

もしそれを見つけたとして
自分はその目的に素直に従えるのでしょうか。

でも目的とは、実は言葉にできないような
表現できないような感覚や気持ちかもしれません。

だけど、何かを表現するには
表現方法が必要です。

例えば何かの表現方法が気に入っているのなら
あるいはそれをとても得意にできるなら
もしかするとそれが目的そのものに近いことなのかもしれません。

でも、気を付けなければいけないのは
得意だから、上手くやれるからと言って
必ずしもそれが目的そのものとは限らない
ということがあるからです。

そして表現方法にこだわってばかりいると
それもまた目的そのものを見失う原因になってしまいます。

大切なのは、自分の持っているものを
その目的のために、自分自身の幸せや平安のために
どれだけ有効に使っていけるかということだと思うのです。

本当の宝物は
表現も形も超えた向こうにあるものだから。

そしてその目的を見つけたなら
多少は残ったとしても、不安や迷いは
霧が晴れたように消えて行きます。

なぜなら、そのために生まれてきたのだから。
そのために今回の人生を選んだのだから。

見えない未来に向かって
どんどんボールを投げて行くことは
とても危険なことに見えるかもしれませんが
その時の私達は本物の平安の中にいて
大きな存在としっかりと手を結んでいるのです。

人生の目的を知る瞬間は
誰にでも必ずプレゼントのように配達される時が来るのです。

その時からようやく本当の旅が始まります。
そしてその長い旅はいつも、そして必ず
愛する人や光の存在と共に続いて行くのです。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2011-10-05 19:49 | エンジェルセラピー

過渡期にいる私達には

大切なのは信じること。

自分自身の心の声をかき消してしまうエゴの

刺激的で大げさな声に惑わされず

光の存在の手を取り、助けを受け入れること。



私達は驚くほど

自分自身について何も知りません。


でも闇が大きくても、光がたとえずっと遠い先に

少ししか見えなくても

私達がひとりぼっちになることは決してありません。


孤独を感じてしまったら

自分の両側には守り導いてくれる存在がいるかもしれない、

そう少し気持ちを傾けるだけで良いのです。


ほんのわずかな信じる気持ち、

受け入れる気持ちを忘れなければ…。


そして委ねましょう。


光の存在達は私達にとって

何が必要か、何が一番良いのかを知っています。


だから心配事や困ったことを

まるごと預けてしまいましょう。


私達が今

様々な思いを巡らせて、いろいろな感情を味わい

かつて経験したことのないことに接しているのは

それだけエゴの存在が

危うく、もろいものだという証拠です。


過渡期にいるということは、それだけ

光に近付いている、ということだからです。


深呼吸をして

そっと胸に手を当てて

優しく力強い光の存在の守護を受け入れましょう。


そして素敵な毎日を♪



心からの愛と感謝をこめて
千鶴
[PR]
by lovingangelsnadia | 2011-08-25 10:08 | 天使のメッセージ
こんにちは!千鶴です。
11月も後半に入り、初冬の気配です。
でも今年はまだまだ秋の色が濃くて、
鎌倉は今、私が一番好きな季節です。

そんな中、この12月、JR鎌倉駅近くに
新サロンをオープンすることになりました。
スクール&サロンということで
今後もより多くの皆さまに楽しんで頂けますよう
様々な催し、そしてスクールとサロンのメニューで
お待ちしております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

そして、そのサロンで素敵なイベントを行います。
皆さまのご参加をお待ちしております。



     「座禅会&ジャズ@鎌倉」

優しい光の注ぐ穏やかで癒しに満ちた空間で
自分自身を見つめる座禅の時間と
そして心と体に響く心地よい音楽で、
忙しい師走のひと時、少しだけ時間を忘れて
じっくりとお楽しみください。


日時:12月15日(水)午前11時から午後4時まで
場所:エナジー・ワークス鎌倉サロン(JR鎌倉駅から徒歩12分)
会費:お一人様 10,000円(精進料理のランチ付き)
   ※12/10(金)までにお申し込みの方は7,000円
定員:15名さま限定

スケジュール:
午前11時    座禅会
正午       昼食(精進料理)
午後1時半から  講話(仏教の成り立ちなど)
午後3時から   ジャズ演奏
午後4時     終了


☆座禅・講話☆

 常光寺(じょうこうじ・長野県伊那市)
 住職  岸 浩成(きし こうじょう)

≪常光寺≫
 本尊 釈迦如来
元禄9年(1696年)開山。
明治12年(1879年)法地開山(檀家のある寺院)となる。
昭和55年庫裡の新築、平成18年本堂の新築。

☆ジャズ演奏☆

 斎藤草平 ベース
 天田透 コントラバス・フルート



★エナジー・ワークス 鎌倉サロン(鎌倉市佐助)★

d0073968_22363795.jpg

d0073968_22365746.jpg


★お申し込み★

①お名前
②ご連絡先(携帯番号)
③ご住所
④メールアドレス
以上をお書きの上、
event☆energyworks.co.jp
(☆を@に変えてください)
こちらまでメールをお送りくださいませ。

特別な空間で素敵な皆さまにお会いできるのを
心より楽しみにしております。

千鶴
[PR]
by lovingangelsnadia | 2010-11-25 23:14 | お知らせ

全ての言葉は祈りになる

人が何かを思い祈るとき
そこには美しいひたむきな姿があります。

大切な思い。
そのひとつひとつが、まるで宝石のきらめきのように
私たちの心に浮かび、
そして詩のような言葉となって
それは翼を持ち飛び立っていくのです。

マザーテレサは
祈りには平和な心が必要、と言っていました。
そして祈ることで神とひとつになれると。

祈るということで
私たちは自分の心に平安を見出すことができるのです。

もっと自分を見つめて
そして祈りの言葉で内側を一杯に満たしてあげましょう。

そこにはどんな自分がいるのでしょうか。

祈りの言葉は私達の中心から泉のように湧き上がり、
空高く登り、
やがて虹となり
私達の願いに橋をかけてくれるのです。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2010-11-10 23:01 | 天使のメッセージ
25日(土)は鎌倉、長谷にて
「トータル・ヒーリング&リラクゼーション1day@鎌倉」
を開催いたしました!

当日ご参加頂きましたお客様
本当にありがとうございました。

当日のアンケートやその後のメールでのご感想を頂き
本当にありがとうございました。

各セッションはもちろんのこと
音楽の生演奏、中国茶のお点前、
オラクルカードの販売&アプリ紹介や
お弁当など、全てが良くて癒されたと言っていただけて
本当にありがたく嬉しく思っております。

どうぞこれからもご自分を癒して労わって
大切になさってくださいね。
こちらこそ皆さまのお陰で素敵な時間になりました。
またどうぞお越しくださいませ。

また、今回は
ドリーンオラクルカードのアプリ製作販売の
「株式会社プール」の中村さま、
中国茶インストラクターの原さま、
アジアン雑貨とパワーストーンのお店「マナ」さま、
手作り石鹸の「オリーブサボン」さま、
無添加手作り惣菜のお店、「鎌倉惣菜」さま、
会場となった「浮(ぶい)」さまなど
関係各社に大変お世話になりました。

皆さまが趣旨に賛同してくださり
有形無形の援助をしてくださったお陰で
この会もさらに素晴らしいものになりました。

そして音楽家のお二人、
ベースの斎藤草平さん、尺八&キーボードの廣樹輝一さんには
本当に素敵な音楽でのエネルギーと癒しを頂きました。
演奏が素晴らしかったのでお二人のファンも増えましたね♪

また、スタッフの華代乃さん、Sachikoさん、真喜さん、
寿美江さん、そしていづみさん。
本当にしっかりとご自分たちの仕事を全うしてくださって
私はすっかり安心していられました。

本当に皆さまお一人お一人に心から
感謝を申し上げます。

またぜひ企画していきたいと思っておりますので
今回お越しいただけなかった方々も
ぜひお越しくださいませ。

本当にありがとうございました!

心からの愛と感謝をこめて
千鶴
[PR]
by lovingangelsnadia | 2010-09-28 16:12 | イベント
いつになったら秋になるんだよ~~~~!
と言いたくなるような暑さが続いていますね。
皆さまお元気でお過ごしでしょうか。

でも、確実に空の色や雲の形、そして風には
秋を感じることができます。
もう少しだけ、強い日差しと付き合ってみましょう。
実りの秋はすぐそこ!ですね♪

さてさて!
9月25日(土)は鎌倉にて
「トータル・ヒーリング&リラクゼーション1day@鎌倉」
というイベントを行います。
とても小さな規模のイベントですが
愛と癒しがたっぷりつまった栄養ドリンクのような内容の
一日を過ごして頂けると
スタッフ一同、自信を持って楽しく準備しております。

本当に少ないのですが、まだ枠が残っています。
今からでも間に合いますので、ぜひお申込みください。
きっとご満足して頂けると思います♪

ご一緒に秋の初めの一日を、ゆったりのんびり過ごしましょう。
そして新しい季節を元気いっぱいに迎えたいですね!

お会いできるのを楽しみにしております!!!

千鶴
[PR]
by lovingangelsnadia | 2010-09-14 11:57 | イベント

夏の終わり

夏の終わり、私は大好きな九州を旅して来ました。
とっても楽しくて素敵な思い出が一杯の
素晴らしい旅でした!!!

d0073968_2039056.jpg


船に乗ってぼんやりと、空、山、海を眺めていたら
「私たち人間は生まれながらにして全てを持っているんだ。
でもそのことを忘れてしまっているんだ」
そう思いました。

何気ないことや少しの幸せに心から感謝して
楽しめて喜べる毎日でありたいと思います。

皆さんにも素敵な夏の日の思い出がありますように…!!!

Love
Chizuru
[PR]
by lovingangelsnadia | 2010-09-02 20:42 | 日常のひとこま

私の仕事(1)

スピリチュアルなお話を四回に分けてお送りします。

レッスンをしていて、よく皆さんから質問されるのは
「サイキックな能力を伸ばすにはどうしたらいいのですか?」
というものです。
その度にきちんとお答していますが、ここでもう一度
私が普段していることをお伝えすることによって
何かの助けになればと思い記事を書くことにいたしました。

直接的なことは敢えてあまり書きませんが、全体の
流れから読み取って頂ければと願っています。

私には昨年末から始めた”ある仕事”があります。
仕事と言っても、誰かから代金をもらえるわけでもありませんし、
私以外の人が私のその仕事に気がつくことは、
あまりないかもしれません。

でも、その一見関係がなさそうな、この、私が始めた
”ある仕事”というものを通して、話を進めていきたいと思います。

世の中には、実にさまざまなエネルギーが渦巻いています。
私たち生きている人間の気持ち、そして光の存在たち、
自然の発するもの、そして亡くなった人たちの存在もそうです。

私が始めた仕事というのは、普段の生活の中で出会った
亡くなった方たちの話を聞き、リクエストがあった場合、
できる限りその意向に沿って何かを手伝うというものです。

人間には亡くなっても魂があるので、生きていた頃と同じように
笑ったり泣いたり怒ったりしている場合があるのです。
まして、この世に何らかの気持ち
(それがポジティブであれ、ネガティブであれ、とりわけ後者)を
残している場合はなおさらです。

もちろんいわゆる霊障のようなかたちで、それが生きている人間を
通して表現される場合も多くあり、それが病気やけが、
あるいは物事がうまくいかない、などの面で問題を引き起こしてしまう
ことがよくあります。

ただ、そういったいわゆる恐ろしいことを引き起こす霊体ばかりが
いるわけではなく、私達のご先祖や、ゆかりのある存在などは
基本的には私たちを守り、導いてくれようとして
近くにいてくれています。

基本的に、と書いたのには理由があります。
これはレッスンでもよくお話していることなのですが、
天使などの純粋な光の存在と若干違って、生きていた人間が
霊体となって現れる場合、ともするとその霊体自身の「意向」
というものが強く主張される場合があります。

つまり、受け取る私たちの「意向、意志」よりも、その霊体自身の
「意向、意志」を強く伝えてくる場合がままある、ということなのです。
これは天使、そしてその他の光の存在にはあまりありません。
(ここで、あまり、と書いたのにも理由がありますが、それは次回に
書くことにしますね。)

で、話は戻りまして、私の最近始めた仕事のことです。

私がプライベートで、近所や、あるいは旅行先をうろうろとしていると
何体かの霊体が話しかけてくる時があります。
最初はかなり乱暴なやり方(私の体調が悪くなったり、めまいがしたり)
でアプローチしてきていたのですが、ここのところは
あちらも私をある程度は認めてきてくれているようで(笑)
あまり手荒な真似はしてこなくなりました。

何をしてくるかと言うと、非常にこまごまとしたリクエストをしてくるのです。
例えば「〇〇と言ってほしい、〇〇を供えてほしい、話を聞いてほしい。」
などです。ちょっとここには書けないような、かなり込み入った願いを
言われる場合もありますし、すぐにその場で対応できないような場合もあります。

もちろん私はできる限りのことをして応えるようにしていますが
「それはちょっとできません。」とか「それはやりたくありません。」
と内容次第では丁重にお断りすることもあります。
そして再度相談して、リクエストをし直してもらっています。
つまり私は自分のできることを、できる範囲で誠意を持って対処して
いるだけなのです。

これを読んでくださっている方の中にも、こういった”リクエスト”を
いろいろな形で受け取ってしまい、体の調子を悪くしたり、
気分がふさいだり、外に出るのが嫌になってしまった方もいらっしゃる
かと思います。

あるいはリクエストが来ていること自体に気がつかずに、体が重くなったりして
ただ具合が悪くなってしまっているのかもしれませんね。
それはひとえに、このリクエストを聞くことと、それから聞き分けることが
非常に難しいからなのです。

自分に負担にならずに、リクエストを聞き(あるいは「聞かない」というのも
選択肢の一つです)、応えていくか、応えていかないかを決めていくことは
とても大切なことです。

また、(自分にとって)聞くべきリクエストなのかを見極めることも、
非常に重要です。
先ほど書きましたように、中には危険な存在がいることも
残念ですが、また事実だからです。
私たちは今の自分自身の人生を一番大切にしなければならないのですから
その見極めはとても大事です。

それでは、危険なく、スムーズに、リクエストを聞き分けて、悩める霊体達が
少しでも癒されるお手伝いをするにはどうしたら良いのでしょうか。

これを説明するのはとても難しいのですが、次回は光の存在達との
連携プレーによって、それが可能になるということをお伝えしたいと思います。
[PR]
by lovingangelsnadia | 2009-01-05 14:55 | エンジェルセラピー